無無無庵2

(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

02/24今朝の寒気は

02/24朝、未体験の寒気(さむけ)。04:30、目が覚めたのでいつものとおり、糖尿病の内服薬を飲む。体温は36.5℃。血圧・脈拍は正常範囲内。05:00、その後テレビを視ていたら、足元に寒さを覚える。05:30、寒さは全身に及び、震えを感じる。体温38.0℃、脈拍130。震えのため呼吸がしにくい感じがある。救急車が頭を過る。05:45、原因となりそうな事を思い出す。COVID-19。インフルエンザ。気の病..体温は38.2℃。糖尿病(リベルサス...

... 続きを見る

02/24朝、未体験の寒気(さむけ)。
  1. 04:30、目が覚めたのでいつものとおり、糖尿病の内服薬を飲む。体温は36.5℃。血圧・脈拍は正常範囲内。
  2. 05:00、その後テレビを視ていたら、足元に寒さを覚える。
  3. 05:30、寒さは全身に及び、震えを感じる。体温38.0℃、脈拍130。
    震えのため呼吸がしにくい感じがある。救急車が頭を過る。
  4. 05:45、原因となりそうな事を思い出す。COVID-19。インフルエンザ。気の病..体温は38.2℃。
    糖尿病(リベルサス錠)の内服薬を誤って2回飲んだのかもしれないとも思う..尤も、定量を飲んでも有り得る..という事で、低血糖を疑い、予て用意のぶどう糖を1錠(3g)飲んだ。心臓からの出来事ならばとニトログリセリンを舐めることも考えたが、当面は低血糖に対応するだけに留めた。
  5. 06:30、ぶどう糖が効いたのか、寒気と震えは治まった。自分の感覚としては完全復活したように思うが、体温37.5℃、脈拍120。これにて当分は様子を見る。ぶどう糖の賞味期限は1年との事、期限切れだね。
  6. 09:45、朝食後、通常通りに薬を服用した。
  7. 13:00、昼食か済んだ、大丈夫そうだ。

「認知症を誘発する薬」.学

薬を飲んだせいで認知症の症状が出てしまった…高齢者が避けるべき「認知症を誘発する薬」の名前 「本当はグレーな薬」が出回っている | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)認知症の原因は「加齢」とは限らない。薬剤師の鈴木素邦さんは「薬によって認知機能が低下する『薬剤性の認知症の症状』が存在する。特に高齢者はこうした薬を避けたほうがいい」という――。 ...

... 続きを見る

マスク着用の義務化を

COVID-19は10波襲来とか、インフルエンザが流行しているとのことだ。COVID-19が 2類から 5類に格下げされて以来、久しぶりにテレビ出演する政府お抱えの医師たちはNHKテレビで口を揃えて対策を唱える。すなわち、マスク、手洗い、うがい能登半島地震に関するボランティアの活躍が始まった事をテレビが報じてる。何でも自分で仕切らないと満足できないらしい石川県内の行政は、ボランティアが勝手に訪れて作業をする事を拒んできた...

... 続きを見る

COVID-19は10波襲来とか、インフルエンザが流行しているとのことだ。
COVID-19が 2類から 5類に格下げされて以来、久しぶりにテレビ出演する政府お抱えの医師たちはNHKテレビで口を揃えて対策を唱える。すなわち、
マスク手洗いうがい

能登半島地震に関するボランティアの活躍が始まった事をテレビが報じてる。
何でも自分で仕切らないと満足できないらしい石川県内の行政は、ボランティアが勝手に訪れて作業をする事を拒んできた。そりゃ~、ボランティアの安全など等を考えれば勝手に来られて統制不能になる事態は避けたかったのてあろうが、机上の論議しかできない行政よりは、経験豊富なボランティアの団体組織に委ねるほうが素早い対応ができたと考える。石川県の行政で役人は疲弊を訴えているようだが、気の毒とは思えない。彼らはやり方を誤っているのだ。他人を信じ任せる事を覚えるべきだ。いずれにしても、とばっ口の開いたボランティアの活躍により、遅々としている家屋の復旧が促進することを願いたい。更には、行政の担務を分担する仕事術を会得する事を期待したい。
🤡
家屋の復旧作業を行うボランティアとは別に、打ちひしがれているだろう子供達を励ますというボランティアも始まっている。
それも結構な支援なのであろうが、テレビで見ると励ましボランティアの殆どはマスクをしていない。励まされる側の子供達の 2/3 程度はマスクをしているというのに、何たる無神経さなのだろう。他にも、現地で取材するマスコミ関係者でもマスクをしていない者を多見する。特に、NHKの女性に多いと見るが..

COVID-19が 2類から 5類に格下げされてる際に、マスクをする事は自己判断になった、
しかし、「マスク、手洗い、うがい」は義務付けたいものだ。
少なくとも、人前に出向く者には、マスク着用を義務化して欲しい。
厚労省発、(ワクチンの効果|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省)
「ワクチンの接種は、感染を予防するものではない」

イラスト
#COVID-19 #岸田政権交代 #衆議院解散 #内閣総辞職

01/24は定期通院

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

左肩の骨折、8年目

2015/12/06に左の肩部(上腕骨)を骨折してから、丸8年経った。2015年(H27)は俺の厄年也。以下、恒例の反省。2015年、左肩を骨折(記念日)⇒2016年、記念日⇒2017年、記念日⇒左肩の骨折、3年目⇒左肩の骨折、4年目⇒左肩の骨折、5年目⇒左肩の骨折、6年目⇒左肩の骨折、7年目⇒左肩の骨折、8年目関連過去記事:左肩側骨折以来の記録 左肩を骨折(記念日)⇒左肩を骨折-途中経緯⇒骨折治療は手術無し⇒左肩の骨折-4週間目⇒左肩の骨折-6週間目⇒左肩の...

... 続きを見る

2015/12/06に左の肩部(上腕骨)を骨折してから、丸8年経った。2015年(H27)は俺の厄年也。以下、恒例の反省。
2015年、左肩を骨折(記念日)2016年、記念日2017年、記念日左肩の骨折、3年目左肩の骨折、4年目左肩の骨折、5年目左肩の骨折、6年目左肩の骨折、7年目左肩の骨折、8年目
関連過去記事:左肩側骨折以来の記録
左肩を骨折(記念日)左肩を骨折-途中経緯骨折治療は手術無し左肩の骨折-4週間目左肩の骨折-6週間目左肩の骨折-8週間目左肩の骨折-直10週間目左肩の骨折-12週間目骨折を卒業じゃ

/ やれやれ健康2015  / 2015/10健康メモ / 骨折の想い出 / 嬉しかった万歳/ 自分の健康調書作り / 治療する病気を選ぶ

とりあえず、今日はおとなしくしする。
最低気温7℃、最高気温17℃との予報で、10℃の温度差。
明日12/07は大雪だ。今日は雨は降らないようだ。

2019年は12/06、2020年は12/14、2021年は11/272022年は12/14であった初雪。今年は未だ。
夏至小暑大暑 立秋処暑白露秋分寒露寒露霜降立冬小雪大雪冬至小寒大寒立春雨水啓蟄春分清明穀雨立夏小満芒種

11/15は定期通院

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

階段を探さねば🧐

半世紀前には、健康な身体を維持・増進するためには「1日1万歩」との掛け声。最近では、「1万歩はむしろ不健康」と変わり、「1日5千歩以内」とのことだ。とは言うものの、仕事人時代であれば訳無く歩くであろう「1日1万歩」だが、退職爺が熟すとなると半里・約30分ほどの散歩コースとなる。殊更の用事も目的も無く、闇くもに歩き回る景色はいただけない。それでも数年前までは昼飯として「テイクアウトできる仕出し弁当」を買うと...

... 続きを見る

半世紀前には、健康な身体を維持・増進するためには「1日1万歩」との掛け声。
最近では、「1万歩はむしろ不健康」と変わり、「1日5千歩以内」とのことだ。

とは言うものの、仕事人時代であれば訳無く歩くであろう「1日1万歩」だが、退職爺が熟すとなると半里・約30分ほどの散歩コースとなる。殊更の用事も目的も無く、闇くもに歩き回る景色はいただけない。それでも数年前までは昼飯として「テイクアウトできる仕出し弁当」を買うという名目でその程度は歩いたのだが、視力低下を自覚するようになってからは勝手を知ったルート以外は歩かないことにしている。健康増進のつもりで足元不如意が元気ぶって歩き、つまずいて転んだら目も当てられない。

とは言うものの、なんぞ身体に良いことをせねば..という気も相まって、雪が降っても行える運動を..と考えルームランナなんぞを物色してみた。しかし、あんな邪魔物は老人ホームに持ち込むわけにもいくまいと思い、グッとこじんまりと「ぶるぶる振動マシン」とスクワットで間に合わせている。

だが、「運動量が少ないのかな~」感は大いにあった。しかし、こんな解説もある。

1日たった50段の階段を上るだけで心臓病のリスクを20%も減らすことができる - GIGAZINE(23/10/29)
運動をすればさまざまな病気のリスクが下がることは理解していても、日常生活に運動を取り入れるのは困難なものです。ところが新たな研究では、1日たった50段の階段を上るだけで心臓病のリスクが20%減少することが示されました。
 
Firefox
「よしよし」、これなら冬でもできる..と自己満足し、向後は50段の階段。
しかし扇状地に開けた町、当地野々市市には階段が無い。
ならば、ということで、自宅の階段を昇降することにした。

介護予防 | オムロン

糖尿病⇒ダイアベティス

「糖尿病」の日本名。英語名の「ダイアベティス」に変える案を公表。糖尿病は「ダイアベティス」 患者不快感受け、新呼称案―協会など:時事ドットコム(2309/22)日本糖尿病協会などは22日、「糖尿病」という名前には患者側の不快感が強いなどとして、新たな呼称に英語名の「ダイアベティス」を使う案を公表した。ただ、呼称変更を決定したわけではなく、今後1年程度かけて患者や家族、医療従事者らから意見を募り、最終的に決め...

... 続きを見る

「糖尿病」の日本名。英語名の「ダイアベティス」に変える案を公表。

糖尿病は「ダイアベティス」 患者不快感受け、新呼称案―協会など:時事ドットコム(2309/22)
日本糖尿病協会などは22日、「糖尿病」という名前には患者側の不快感が強いなどとして、新たな呼称に英語名の「ダイアベティス」を使う案を公表した。ただ、呼称変更を決定したわけではなく、今後1年程度かけて患者や家族、医療従事者らから意見を募り、最終的に決める方針だ。
 
呼称変更を決定したわけではない..と、幽寂不断の日本政府は言うが..
糖尿病 - Wikipedia
糖尿病(とうにょうびょう、英語・ドイツ語・ラテン語:diabetes mellitus、略称:DM)は、血糖値ヘモグロビンA1c(HbA1c)値が適正値よりも高い状態が慢性的に続く病気で、血液中のブドウ糖を細胞へ届けるインスリンの分泌不足・異常が生じることで発症する。朝、空腹時に測った血糖値が126ミリグラム (mg)/デシリットル (dL)以上、また食事の有無問わず血糖値が200mg/dl 以上、この両方を満たした場合は「糖尿病」の確定診断となる。

09/06は定期通院

本日09/06は定期通院で、糖尿病内科を受診した。前回23/06/28は糖尿病内科受診。血糖値HbA1cは前回と同じで6.0%と横ばい。前回06/28で「メトグルコ錠250mg(一般名」が朝と夕に1錠づつに減らしたので、HbA1cが下がらない事についてはこんなものだろう..との事(2022服用している薬)。採血まではやたらと空いていてスイスイと進んだ(10分くらい)が、診察までが待たされる事2時間半。なんなんだ.怒次回は糖尿病内科+眼科を11/15...

... 続きを見る

本日09/06は定期通院で、糖尿病内科を受診した。
前回23/06/28は糖尿病内科受診。血糖値HbA1cは前回と同じで6.0%と横ばい。
前回06/28で「メトグルコ錠250mg(一般名」が朝と夕に1錠づつに減らしたので、HbA1cが下がらない事についてはこんなものだろう..との事(2022服用している薬)。採血まではやたらと空いていてスイスイと進んだ(10分くらい)が、診察までが待たされる事2時間半。なんなんだ.怒

次回は糖尿病内科+眼科を11/15。呼吸器内は2024/04/17の予定。
イラスト
蟷螂の独白」ブログにて、『類嚢胞黄斑浮腫を少なくすると言われているNSAIDという点眼』..について知ったので、メモ
長野県上田市、今井眼科医のホームページで、白内障術後の黄斑浮腫によれば、「NSAIDという点眼」との事。「NSAIDという点眼」で検索しても、わからん。
聞き覚えのある名前もある。ホントなら、次回の眼科通院時に出して貰いたいものだ。

📌術後点眼はいつまで?-白内障は塞翁が馬

🤔今井眼科医のホームページでは「NSAIDという点眼」とのことだが、アチコチの解説を読むにつけ「NSAIDs」の表記が多いようだ。
ということで、(非ステロイド性抗炎症薬 - Wikipedia)に辿り着いたところ、以下のとおり
非ステロイド性抗炎症薬(英語: Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug)は、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称。頭文字を連ねて短縮表記されることも多く、NSAID(エヌ・エス・エイ・アイ・ディー)や(複数種類あるのでsつきで)NSAIDs(エヌセッズ、エヌセイズ)と表記される。疼痛、発熱、炎症の治療に用いられる。代表的なNSAIDにはアセチルサリチル酸(商品名アスピリン、バファリン)、イブプロフェン(商標名ブルフェン)、ロキソプロフェン(商品名ロキソニン)、ジクロフェナク(商品名ボルタレン)がある。また外用薬もある。
NSAIDsというのは先行するステロイド系抗炎症薬の副作用が問題視された後に登場したステロイドではない抗炎症薬。ところがこのNSAIDでも、NSAID潰瘍のような、死亡につながる可能性のある副作用は2000年前後にアメリカ合衆国で毎年3,200人、あるいは過剰推計ともされるが1万6,500人が死亡しているという2つの推計がある。COX-2への選択制を高め胃腸作用を減らしたNSAIDのいくつかでは心臓の副作用が増加した。
さまざまなNSAIDsは作用には大差がなく、異なるのは用量、服用方法である。NSAIDsの胃粘膜保護に関する試みで最も成功したのは、アセチル化とpHの調整、また、胃粘膜保護作用を持つ薬剤との併用である。

06/28は定期通院

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力