無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

06/24、KB4052623Up

当初22/06/23 10:30記事「Windows 10 バージョン21H2 にDefender のプラットフォーム更新プログラム - KB4052623(Ver.4.18.2205.7)が配信されてきました。 - 私のPC自作部屋」を拝読し、(KB4052623)が降臨している事を知った。俺の環境では「更新プログラムのチェック」しても無い。『Microsoft Update カタログ - KB4052623』には以下が有る。時節柄、手動で入れる事を試みたが、色々有って上手く行かない。自動降臨を待つことに...

... 続きを見る

当初22/06/23 10:30記事

Windows 10 バージョン21H2 にDefender のプラットフォーム更新プログラム - KB4052623(Ver.4.18.2205.7)が配信されてきました。 - 私のPC自作部屋」を拝読し、(KB4052623)が降臨している事を知った。俺の環境では「更新プログラムのチェック」しても無い。

『Microsoft Update カタログ - KB4052623』には以下が有る。時節柄、手動で入れる事を試みたが、色々有って上手く行かない。自動降臨を待つことにした。
「Microsoft Defender Antivirus マルウェア対策プラットフォームの更新プログラム - KB4052623 (Version 4.18.2205.7) 」
20220623103914

20220623105920
😒
05/14、Win10(?)配信(2021-05-14)にて、KB4052623は、05/10に (v4.18.2104.10)、05/14(ver.4.18.2104.14)となっている。同記事にて「いずれにしても向後はDefenderの配信記録は付けない」としていたが、軌道修正して本日より配信記録を書くことにする。
過去記事:Windows Defender.考 /

22/06/24追記

以降、「更新プログラムのチェック」しても、KB4052623(Ver.4.18.2205.7)は来光無し。念のため「Windows Defender」のバージョンを確認してみた。結果、
「Microsoft Defender Antivirus マルウェア対策プラットフォームの更新プログラム - KB4052623 (Version 4.18.2205.7) 」の降臨は確認できずにいたものの、既に
マルウェア対策クライアントのバージョン:4.18.2205.7
となっており、本件は落着である。
なお、関連情報は22/06/24 11:30時点以下のとおりである。
エンジンのバージョン:1.1.19300.2
ウイルス対策のバージョン:1.1369.147.0
スパイウェア対策のバージョン:1.369.147.0
20220624113503
v21H2が公開 2021/11/17(11/1911/2312/03)、12/15(12/24ルーターUp、12/31NWドライバのUp)。2022/01/12(01/1801/2602/05アカウント変更)、02/09、(02/14C++、02/1602/18)、03/09(03/2304/05)、04/13(04/2605/04不思議降臨)、05/11(05/12.NET弄り、05/2006/03)、06/15(06/24[2])、07/13、08/10、09/14、10/12、11/09、12/14

ブランドアイコン.学

「便利に使っていた捨てメアドがさらに便利に - 蟷螂の独白」を拝読した。メールの発信元の国が表示されるとの事。フィッシングメールが判り易い🤩捨てメアドなる利用しているメールシステムの提供元の仕掛けなのか、メーラーの仕掛けなのか判らないが、良い機能である。俺も..と思い調べてみたところEメールヘッダ情報の確認方法 | 情報提供のお願い | 迷惑メール相談センター迷惑メール相談センターでは、総務省より委託を受け...

... 続きを見る

便利に使っていた捨てメアドがさらに便利に - 蟷螂の独白」を拝読した。
メールの発信元の国が表示されるとの事。フィッシングメールが判り易い🤩
捨てメアドなる利用しているメールシステムの提供元の仕掛けなのか、メーラーの仕掛けなのか判らないが、良い機能である。俺も..と思い調べてみたところ

Eメールヘッダ情報の確認方法 | 情報提供のお願い | 迷惑メール相談センター
迷惑メール相談センターでは、総務省より委託を受けて、特定電子メール法に違反する迷惑メールに関するご相談や情報を受付けております。ご提供いただいた違反情報につきましては、総務大臣及び消費者庁長官による違反送信者への措置等に活用させていただきます。
 
スマホの「+メッセージ」ならば、送信元の国が判るらしい。

Yahoo!メールでは「ブランドアイコン」なる仕掛けを始めていた。へぇ~

ブランドアイコン表示企業・サービス一覧 - Yahoo!メール
Yahoo!メールではフィッシングメール等に対する取り組みとして、送信元である各企業・サービスのブランドアイコンを表示する取り組みを実施しています。対象の企業・サービスは順次拡大予定です。
 
テキストで判断するよりは視認効果があるように思える。しかし、現段階ではYahoo!メールだけの世界であることが悩ましい。また、最もヤバイ行政関係が参加していない事が物足らなさを感じる。しかし、向後増えるかもしれない未来を思えば、これまでGmailであったものをYahoo!メールに取り替えることも選択肢であろう、

Firefoxトラッキング防止

Firefoxの「強化型トラッキング防止(ETP)」の、「厳格モード」と「プライベートモード」で提供されていた機能が、最初から「標準モード」で有効になるとのこと。俺のFirefoxは「厳格モード」で設定していたが、「標準モード」に設定変更した。Mozilla、アンチトラッキング技術の集大成「包括的 Cookie 保護」をデスクトップ版「Firefox」で全面有効化 - 窓の杜(22/06/16) Mozillaは6月14日(米国時間)、デスクトップ版「Firefo...

... 続きを見る

Firefoxの「強化型トラッキング防止(ETP)」の、「厳格モード」と「プライベートモード」で提供されていた機能が、最初から「標準モード」で有効になるとのこと。
俺のFirefoxは「厳格モード」で設定していたが、「標準モード」に設定変更した。

Mozilla、アンチトラッキング技術の集大成「包括的 Cookie 保護」をデスクトップ版「Firefox」で全面有効化 - 窓の杜(22/06/16)
 Mozillaは6月14日(米国時間)、デスクトップ版「Firefox」の「包括的 Cookie 保護」機能を既定で有効化すると発表した。同日より、世界中すべての「Firefox」(Windows、Mac、Linux)でロールアウトされる。
 

about:preferences#privacy
20220618132603


「プライバシー保護ダッシュボード(about:protections)」なるツールが有り、「ブロックしたトラッカー」が表示できる。
20220618133313

関連記事:Firefoxのセッティング:3 / Firefoxの不具合:原因?-2 / Firefoxのセキュリティ / Firefox+ETP 2.0:メモ / Firefoxトラッキング防止


Firefoxはどのようにして「Googleアナリティクス」による追跡を無効化しているのか? - GIGAZINE(21/03/01)
Mozillaが開発するウェブブラウザ・Firefoxは、ユーザーのプライバシー保護に注力したブラウザだと宣伝されています。そんなFirefoxが提供する「強化型トラッキング防止」機能について、Googleアナリティクスの追跡を回避する方法がSNS上で話題となっています。
 

Microsoft Defender.学

1ヶ月ほど前に「Windowsセキュリティ.学 」にて学習したつもりであったが、また何やら訳がわからない話題がでてきた。Microsoft、個人向け「Microsoft Defender」の提供を開始 - 窓の杜(22/06/17) 米Microsoftは6月16日(現地時間)、個人向け「Microsoft Defender」(Microsoft Defender for individuals)の提供を開始した。「Microsoft 365 Personal」および「Microsoft 365 Family」を契約しているユーザーが利用可能。Window...

... 続きを見る

1ヶ月ほど前に「Windowsセキュリティ.学 」にて学習したつもりであったが、また何やら訳がわからない話題がでてきた。

Microsoft、個人向け「Microsoft Defender」の提供を開始 - 窓の杜(22/06/17)
 米Microsoftは6月16日(現地時間)、個人向け「Microsoft Defender」(Microsoft Defender for individuals)の提供を開始した。「Microsoft 365 Personal」および「Microsoft 365 Family」を契約しているユーザーが利用可能。Windows、macOS、iOS、Androidに対応する。
 
「Microsoft 365 Personal」および「Microsoft 365 Family」を契約しているユーザーが利用可能。Windows、macOS、iOS、Androidに対応する、個人向け「Microsoft Defender」
正式名称として、(Microsoft Defender for individuals)と(Microsoft Defender for Business)の差異がある模様。
「Microsoft Defender」とは、「Windowsセキュリティ」「Windows Defender」とかの異名も見受ける。本記事に言う「Microsoft Defender」は、Microsoftストアに登録されているとの事。下記の記事によれば「Microsoft Defender Preview」の名称とのことだが、22/06/17時点では「Microsoft Defender」として表示されている。20220617113855
また、「Microsoft Defender には、Microsoft 365 Family または Microsoft 365 Personal サブスクリプションが必要です」と明記されている。

現在、いわゆるWindowsに標準装備されているセキュリティの名称も、同じ「Microsoft Defender」であると心得ているが、別物なのかも知れない。

Microsoft Defendrで検出されたウイルスを駆除する | WindowsFAQ
「Windows セキュリティ(Microsoft Defender)」は、Windows10・11に標準でインストールされているセキュリティ対策ソフトです。ウイルスなどの脅威からPCをリアルタイムで保護し、ウイルスを検出した場合は、対象のファイルを駆除(削除)または検疫することができます。
 
いずれにしても、セキュリティAPとしてはカスペルスキーを利用している俺は追及する気は無いが、「Microsoft Defender」の記事を見かけても内容を吟味する必要がある、ということでメモ。なお、下記によれば、単品で発売されている模様..とも読める??
ASCII.jp:日本MS、中堅中小向けセキュリティ「Microsoft Defender for Business」発売(22/06/02)
日本マイクロソフトは2022年6月1日、中堅中小企業向けセキュリティツール「Microsoft Defender for Business」を5月に提供開始したことを発表した。「Microsoft 365 Business Premium」に含まれるエンドポイントセキュリティソリューションを単体製品として提供するもので、価格も月額330円(税別、1ユーザー)と抑えている。

06/13、スマホUpdate

21/07/15に買い求めたdocomoのスマホ「arrows Be4 F-41A」。2022年6月13日、版upが告示され実行した。しかし、OSバージョンアップではなく、Android 11の儘で12には成らず。arrows Be4 F-41Aのソフトウェアアップデート情報これによりビルドは V40R054B⇒ V41R055B。過去ビルド番号:V35R047B、V36R048B、V37R050A、V38R051C、V39R053A、V40R054B設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年5月セキュリティパッチの更新 | お...

... 続きを見る

21/07/15に買い求めたdocomoのスマホ「arrows Be4 F-41A」。
2022年6月13日、版upが告示され実行した。しかし、OSバージョンアップではなく、Android 11の儘で12には成らず。これによりビルドは V40R054B⇒ V41R055B。
過去ビルド番号:V35R047B、V36R048B、V37R050A、V38R051C、V39R053A、V40R054B
設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年5月


(確認方法.『設定』⇒『デバイス情報』⇒『ビルド番号』)
関連記事21/12/03:NEC LaVie Tab E:3タブレット買い増しタブレット買替え:雑感 / Android版ブラウザは? / 日本語入力をGboardAndroid 版 Firefox:考 / タブレットOS更新 / arrows Be4 F-41A /

システムUpdate履歴

21/09/23(OS) / 21/12/02 / 22/02/01 / 22/03/07 / 22/03/29 / 22/06/13 /

IE 11.全滅するのでは⁉️

「Internet Explorer 11」(IE 11)は、6月15日で全て使えなくなるのかと思ってきたが、そうでもないらしい。とは言っても、半期ごとの機能更新が行われる「Windows 10 半期チャネル」は全滅らしいが..詳細は以下にて..ということで、メモ。「IE 11」デスクトップアプリ、サポートが継続されるOSも - 窓の杜「Internet Explorer 11」デスクトップアプリ(iexplore.exe)のサポート終了が6月15日に迫っているが、対象となるのは半...

... 続きを見る

「Internet Explorer 11」(IE 11)は、6月15日で全て使えなくなるのかと思ってきたが、そうでもないらしい。とは言っても、半期ごとの機能更新が行われる「Windows 10 半期チャネル」は全滅らしいが..詳細は以下にて..ということで、メモ。

「IE 11」デスクトップアプリ、サポートが継続されるOSも - 窓の杜
「Internet Explorer 11」デスクトップアプリ(iexplore.exe)のサポート終了が6月15日に迫っているが、対象となるのは半期ごとの機能更新が行われる「Windows 10 半期チャネル」のみだ(一般ユーザーが利用する「Home」「Pro」エディションも、これに含まれる)。それ以外のバージョンではサポートが継続される。
 
ライフサイクルに関する FAQ - Internet Explorer および Microsoft Edge | Microsoft Docs

俺的には2020-06-06にIE 11からの完全脱却しているが、マイクロソフト側の姿勢を見れば敢えてアンインストールしなくとも良かったようにも思う。しかし、「Windows 11では非搭載」との事で、どういう仕掛けなんだろうか。
いずれにしても、「Windows 8.1では、OSのサポートが切れる2023年1月10日まで、IE 11も継続してサポート」されるとの事。
待ったなし! Internet Explorer(IE)完全終了に備える【まとめ】
2022年6月、長らくWindows OSに標準装備されてきたInternet Explorer(IE)のサポートがほぼ終了する。事前に何をすべきなのか? その後はいつ何が起こるのか? どのように対策すればいいのか? トラブルが生じたら? IE終了に関する数々の疑問に答える記事やドキュメント、ブログを紹介する。 
過去記事:IE11 の早期無効化を推奨 / IE 11 は捨てるしかない / さよなら、IE 11 / Win 11でIE 11を起動 / IE 対応終了.彼是 / IE 11の再々復活を思案?

06/10本日、3大ブラウザの全部で更新版が公開された。ホワイ🥺
20220611093037
「Internet Explorer」がついにサポート終了へ--登場は1995年 - CNET Japan(22/06/14)
同社はデスクトップアプリケーションのIEについて、6月15日のサポート終了後、数カ月間をかけてEdgeに順次リダイレクトしていき、最終的に将来のWindowsアップデート(現時点ではいつになるか発表されていない)で恒久的に無効化する計画だと顧客に伝えている。また同社によると、IE 11はIEモードを機能させる上で必要となるため、顧客はIEを完全にアンインストールするべきではないという
「Microsoft、IE11 の早期無効化を推奨」との記事も有る。
俺的には2020-06-06にIE 11からの完全脱却しているが、「無効化」とは?? 「完全にアンインストール」との相違に理解が及ばないが...以下の記事から独断し、現状のままとする。

【Windows10】 WindowsUpdate 2022年6月 不具合情報 - セキュリティ更新プログラム KB5014699 [Update 1] | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z(06/16)
※Microsoft EdgeのInternet Explorerモードは、現時点では少なくとも2029年までサポートが予定されている。

IEモードの設定方法

  • Microsoft Edgeのアドレスバーに「edge://settings/defaultbrowser」と入力し、「入力」をクリックする。
  • Internet Explorerでの再読み込みをサイトに許可するをスライドして、「ON」に切り替える。
  • Microsoft Edgeを再起動する。

HTTPS Everywhere.学

「Google Chrome 102.0.5005.63 - 脳脂肪のパクリメモ」でのコメントを拝読し、「HTTPS Everywhere」なるワードを知った。ネット検索すると、以下がヒットした。ブラウザが自動的に常時SSL化「HTTPS Everywhere」自動的にHTTPSで通信して暗号化に対応してくれる拡張機能の解説です。 WikiPedia「HTTPS Everywhere」HTTPS Everywhereは、電子フロンティア財団およびTor Projectが共同で開発しているウェブブラウザでの通信を暗...

... 続きを見る

Google Chrome 102.0.5005.63 - 脳脂肪のパクリメモ」でのコメントを拝読し、「HTTPS Everywhere」なるワードを知った。ネット検索すると、以下がヒットした。

ブラウザが自動的に常時SSL化「HTTPS Everywhere」
自動的にHTTPSで通信して暗号化に対応してくれる拡張機能の解説です。
 
  • WikiPedia「HTTPS Everywhere
    HTTPS Everywhereは、電子フロンティア財団およびTor Projectが共同で開発しているウェブブラウザでの通信を暗号化された通信(HTTPS)に置き換えるオープンソースのブラウザ拡張機能である
HTTPS Everywhere拡張機能を非推奨化 - PRSOL:CC(2021/09/27)
電子フロンティア財団は、HTTPSの普及が進み、ウェブブラウザがHTTPS専用モードを導入し始めたことを受け、有名なブラウザ拡張機能「HTTPS Everywhere」を終了させる準備を進めていると発表しました。

🤔
ということで、冒頭の話題は、前記に関するやり取りという事を理解した。
それによれば、「HTTPS Everywhereは2023年1月に廃止される」との事也。
全ブラウザで「HTTPS Everywhere」無効 / 削除の設定を変更したとのこと。

俺は「HTTPS Everywhere」のアドインは利用していない。【HTTPS-Only モード】を有効化する事で「HTTPS Everywhere」が廃止されても問題無しと理解する事にする。

各ブラウザのモード変更は、以下を参照。


Firefoxの場合

  • 環境設定⇒プライバシーとセキュリティ⇒【HTTPS-Only モード】を有効にする

Chromeの場合

  • 設定⇒プライバシーとセキュリティ⇒セキュリティ⇒1番下までスクロール⇒【常に安全な接続を使用する】をonにする

Edgeの場合

  • edge://flags/#edge-automatic-httpsにアクセスし、【自動HTTPS】(Automatic HTTPS)を有効にする
  • 表示された「再起動」ボタンを押して、Microsoft Edgeを再起動します。

関連過去記事:卒業校のサイトが無い / Edgeも.HTTPS-Only / Thunderbird 68:学 / GoogleからDM +α/ Firefox HTTPS-Only / Firefoxのセッティング:3
ブラウザ導入状況

httpsサイトに成ってね
https化していない貴方のブログは、危ないと言われています 🥶とっても簡単にhttps化する事が出来ます。年越しの掃除ついでに 🙏‍
 

Crucial Storage.DLL×:3

「Windows 11 にインストールした Crucial Storage Executive がなんか変です。 - 私のPC自作部屋(22/05/27)」を拝読し、数週間ぶりに「Crucial Storage Executive」を弄ってたところ、同じ症状で『ファームウエアのアップデート』ができない。当該アプリは、2017年06月に換装したcrucial「MX300 2.5-inch SSD1」SSDに付録されてきたファームウエアのアップデート専用のアプリで、自動Updateされる。しかし、過去にも(私のPC自作部...

... 続きを見る

Windows 11 にインストールした Crucial Storage Executive がなんか変です。 - 私のPC自作部屋(22/05/27)」を拝読し、数週間ぶりに「Crucial Storage Executive」を弄ってたところ、同じ症状で『ファームウエアのアップデート』ができない。
20220602155718

当該アプリは、2017年06月に換装したcrucial「MX300 2.5-inch SSD1」SSDに付録されてきたファームウエアのアップデート専用のアプリで、自動Updateされる。
しかし、過去にも(私のPC自作部屋:当該 / 関連)類似事件があった。
関連過去記事:SSD用ツール:学 / SSDへの換装方法.学 / Crucial Storage.DLL×:2 / Crucial Storage.DLL× / CrucialのUpdaterが不調 / SSDに脆弱性との報道

Windowsの10 vs 11の何れかは記憶に無いが、最近の自動更新で、SSDが不調になるという記事を読んだような記憶がある。関係や、如何に。

当分は放置。駄目な場合はファームウエアを手動更新しなければなるまい。以下、現状
ドライバのバージョン:9.1.9.1005 (Intel(R) 5 Series/3400 Series Chipset Family 4 Port SATA AHCI Controller - 3B29)。ファームウェア改訂:M0CR070
なお、2020-06-08CrucialのUpdaterが不調と同じ状況である。この時は気が付いてから3日後にファームウェアが自動更新した。その後、「Crucial Storage Executive」自体が版upした。俺の現在環境の「Crucial Storage Executive」は v7.07.072021.00(2021/09/28)也。
20220602184248

ファームウェアの更新の確認中にエラーが発生しました。

sun.security.validator.ValidatorException: PKIX path validation failed: java.security.cert.CertPathValidatorException: validity check failed
(Google翻訳)
sun.security.validator.ValidatorException:PKIXパスの検証に失敗しました:java.security.cert.CertPathValidatorException:妥当性チェックに失敗しました

Crucial Storage.DLL×:2より (通りすがり様よりアドバイスのコメント)転記

C:\Progam Files\Crucial\Crucial Storage Executive\logsフォルダーにmseapiLogFileというファイルがあって、Error - 35と書かれているのならドライブとの接続に問題があると思います。私の場合はahciコントローラー(インテルラピッドストレージテクノロジーかな?)を修復したらその症状が直りました。intelとAMDで違うかもしれませんが、一応報告まで。ちなみにMX500シリーズ使いです。

22/06/06 PM、追記


Crucial Storage Executive SSDを高速化にする無料ソフト|Crucial Japan
Storage Executiveは簡単な操作でSSDパフォーマンスを向上させることができます。Crucialにより、SSDを高速化にする無料ソフトStorage Executiveをご紹介します。
 
にて、現在利用中の「Crucial Storage Executive」 v7.07.072021.00(2021/09/28)よりも新しい版 v7.12の存在を知り、これ(StorageExecutive-7.12.122021.04-windows-64bit-Setup.exe)を上書きインストールした。整合性に不安が有ったが問題無くインストールはできた。
しかし、ファームウェアが自動更新されない問題は解決できなかった。
これにより現在環境の「Crucial Storage Executive」は v7.12.122021.04(2022/06/06)也。
セキュリティ(カスペルスキー)を無効にしてやってみたが効果無し。当分はこの状態で放置。
20220606150208
  1. Storage ExecutiveでのSSDのファームウェア更新に失敗する | Crucial Japan
  2. Crucial MX300 SSDファームウェアアップデート | Crucial Japan
  3. Crucial MX300 SSDファームウェア(Firmware) M0CR070 アップデートの手順 | Crucial Japan
20220606172513

06/07朝、立ち上げたら『ファームウエアのアップデート』できた。

何やら、ゼロデイ脆弱性

05/31朝に、下記の告知を発見し訝しく思っていたが、為すべき事が判らず放置した。Guidance for CVE-2022-30190 Microsoft Support Diagnostic Tool Vulnerability – Microsoft Security Response Center先ほど窓の杜が翻訳版を出している事に気が付き、確認。Microsoftの診断ツールにゼロデイ脆弱性、「Word」などを介してリモートから任意コードの実行が可能 - 窓の杜 米Microsoftは5月30日(現地時間)、「Microsoft Support D...

... 続きを見る

05/31朝に、下記の告知を発見し訝しく思っていたが、為すべき事が判らず放置した。
先ほど窓の杜が翻訳版を出している事に気が付き、確認。

Microsoftの診断ツールにゼロデイ脆弱性、「Word」などを介してリモートから任意コードの実行が可能 - 窓の杜
 米Microsoftは5月30日(現地時間)、「Microsoft Support Diagnostic Tool」(MSDT)に未修整の脆弱性(CVE-2022-30190)が発見されたとして、回避策を案内するガイダンスを公開した。この脆弱性をついた攻撃もすでに確認されているとのことで、警戒が必要だ。
 
『OS内蔵のウイルス対策機能「Microsoft Defender Antivirus」でも本脆弱性を悪用した攻撃を防止できる。ウイルス対策のバージョンが「1.367.719.0」またはそれ以降であれば、以下のシグネチャーで脅威が検出される』とのことだが、俺のW10 v21H2環境では05/31本日朝に降臨した(v1.367.567.0)である。しかし、
本脆弱性は、「Microsoft Word」などのアプリケーションから...「Microsoft Office」製品は既定で「保護ビュー」が有効化されているため...
との事で、Microsoft Officeを利用していない俺の環境では関係ないだろうと勝手に解釈し、本件は放置することにした。
そもそも、レジストリを書き換えるという荒業をしたくはない。

22/06/01、追記

以下が該当物なのかは不明であるが、KB2267602(v1.367.806.0)降臨した。
20220601082616
下記にて確認できた。本件は、KB2267602(v1.367.806.0)により対応している。

2022/05.Winの不審物

「Microsoft OneDrive 22.099.0508.0001 - 脳脂肪のパクリメモ」でのコメントを拝読し、Windowsメニュに「Microsoft Edge の Edge バー」なる表札が出現している事を知った。邪魔か便利か、簡易ブラウザを画面端に常時表示できる新機能「Edgeバー」とは:Tech TIPS - @ITMicrosoft Edge | Edgeバーは邪魔で重いし不要、起動させない設定にする | ONE NOTES検索するとMicrosoft Edge の付録らしく、設定のアプリ機能には出ない。当...

... 続きを見る

Microsoft OneDrive 22.099.0508.0001 - 脳脂肪のパクリメモ」でのコメントを拝読し、Windowsメニュに「Microsoft Edge の Edge バー」なる表札が出現している事を知った。
20220530090543

検索するとMicrosoft Edge の付録らしく、設定のアプリ機能には出ない。当該物を見つけそこなった代わり(?)に別物で下図の不明アプリが有る事を知った。ちなみに俺のMicrosoft Edgeは、「Edgeバーを起動させない設定」にしていた。
20220530090541
タイムスタンプの2022/05/04にはWindows 10の定期更新や、Edgeの更新等は無かったから、インストール経路は判らない。用途は無いが(Windows App Runtime)なら入れておこう。それにしても、「Microsoft PowerToys」や「Sysinternals Suite」のマイクロソフト純正のツール類は、Windowsメニュに散らばっているため、新しく看板が増えても把握しにくくて困ったものだ。
🤔
それにしても、Microsoft EdgeのStable チャネルにv102が来ない。
Microsoft Edge リリース スケジュール | Microsoft Docs」では、Stable チャネルのv102は「2022 年 5 月 26 日の週」と告知されており、既に期限切れだ。
過日はMozilla Firefox等がハッキング大会で陥落した為、関係フソトを一斉に修正したが、関連や如何に? (過去記事:Chrome v102.学)
「Microsoft Edge」のベータ版v102.0.1245.25は05/26に公開されているから..

Microsoft Edge の更新制御とサポート範囲について
みなさんこんにちは。日本マイクロソフトの IE/Edge サポートチームです。 今回はお客様からよくいただく 「Edge の更新制御」と 「Edge のサポート範囲」のお話をお伝えしたいと思います。 通常 Microsoft Edge (以下 Edge と呼称) は自動更新によってのバージョンが管理されます。
 

ハッキング大会でWindows 11に6つ、Teamsに3つの脆弱性が報告される - PC Watch(22/05/25)
5月18日から20日にかけて開催されたハッキングコンテスト「Pwn2Own Vancouver 2022」の結果が発表された。今大会ではMicrosoft2製品のほかにApple「Safari」、Mozilla「Firefox」、Oracle「VirtualBox」、Tesla「Model 3」、「Ubuntu Desktop」がハッキング対象として「お題」に設定されており、Microsoftを含めると合計で18の脆弱性が報告されている。
 

22/06/01、v102.0.1245.30に更新された

Edge vv102.0.1245.30になったら、Windowsメニュに出現した「Microsoft Edge の Edge バー」なる表札が消えた。
20220601100457