無無無庵2

(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

終の棲家、その後

白山は、石川県と岐阜県に跨る標高2,702mの活火山である。小松左京氏のSF小説「日本沈没」で、日本列島が太平洋に没した後にも、山頂が残ったとされている。そんな事も相まって、終の棲家として当地野々市市を選んだ。日本沈没での出来事は半分眉唾としても、現実的に考えれば能登半島に多い高齢者向けの介護施設に曳かれた。15年ほど前は全国各地に団塊の世代を目当てにした介護施設が設立ラッシュであった。そんな中でも能登半島...

... 続きを見る

白山は、石川県と岐阜県に跨る標高2,702mの活火山である。
小松左京氏のSF小説「日本沈没」で、日本列島が太平洋に没した後にも、山頂が残ったとされている。そんな事も相まって、終の棲家として当地野々市市を選んだ。日本沈没での出来事は半分眉唾としても、現実的に考えれば能登半島に多い高齢者向けの介護施設に曳かれた。15年ほど前は全国各地に団塊の世代を目当てにした介護施設が設立ラッシュであった。そんな中でも能登半島のそれは魅力を感じていた。
当時は能登半島の突端の珠洲市の下に流動体とかの訳の判らない地震の巣窟が隠れてることは知らなかった。というよりも、地震は多発していたが、俺が知らなかった。
そんな訳で、老後の看取りを含めて、野々市市内の介護施設に入居できなかった場合は能登半島の何れかを物色すれば良かろうという安易な老後設計であった。
しかし、「1.1大地震」の発生で、そんな老後設計は消し飛んでしまった。
今では、金沢市のベットタウンである野々市市は能登半島からの避難者を見かけるようになった。彼らは故郷の能登半島に戻るのだろうか。俺の老後はどうしたものだろう。
イラスト

過去記事:日本の人口減少を思う / 野々市市も避難受け入れ / 能登半島の高齢者施設.思 / 地震の多い能登地方 / 能登地方での地震.学  / 能登地方で震度6弱 / 09/16能登地方で震度5弱

日本の人口減少を思う

トラックやタクシーの運転手が不足するとかを政府が騒いでいる。人出不足になるのは運転手だけなのだろうか。他の業種でも同様なのであろう。定年制を無くして75歳まで働けとも政府は検討しているとのことだ。区民年金の受給時期を遅らせたいだけなのではあるまいか。未来の日本は、本当に人手不足になるのだろうか。日本はどんどん人口が減っている。その結果、働き手が減るのは当然のことである。2100年「8000万人国家」...

... 続きを見る

トラックやタクシーの運転手が不足するとかを政府が騒いでいる。
人出不足になるのは運転手だけなのだろうか。他の業種でも同様なのであろう。
定年制を無くして75歳まで働けとも政府は検討しているとのことだ。区民年金の受給時期を遅らせたいだけなのではあるまいか。
未来の日本は、本当に人手不足になるのだろうか。

日本はどんどん人口が減っている。その結果、働き手が減るのは当然のことである。

2100年「8000万人国家」を 人口減少で対策強化提言―民間有識者会議:時事ドットコム(24/01/09)
民間の有識者らでつくる「人口戦略会議」(議長・三村明夫前日本商工会議所会頭)は9日、人口減少を踏まえた提言「人口ビジョン2100」を公表した。今後想定される人口の急減により、日本社会が「果てしない縮小と撤退を強いられる」と警鐘を鳴らし、2100年の「人口8000万人国家」を目標として提唱。若者世代への支援推進や、人口戦略を扱う司令塔機能を内閣に設置することなどを求めた。
 
しかし、運転手だけが減るのではなく、それを利用する人数も減るのだ。
これは全ての業種に亙って言える事である。今では勤労者では無くなっているかも知れない団塊の世代以上の年代が旅立つにつれて人口はどんどん落ち込むだろうが、併行して人手不足は解消されるであろう。相互にサービスを提供するべき対手が、比例的に減っていくのだ。
タクシーの運転手が減ったと言っても、タクシーを利用する客も減っている...etc.

今の日本で戦争が始まったら、食べ物すら無いであろう。しかし、岸田政権が構えている様に、5年先を見据えた軍備で間に合うのであれば、軍備に金を掛ける事は無いだろう..30年以内には「東南海地震」とかの自然災害が目白押しである。

令和6年能登半島地震の復旧工事は、過去の大地震時のそれに比べて遅い。やはり、時の政権の対応力なのであろう。特に虎ノ門から総理とか総務省政務官とかと同行でなければ被災に出向こうともしないような石川県知事の対応力が悪いように思う。

いずれにしても、少子化政策の失敗と、観光立国を目指した事が間違い也。

OGP
追記
令和6年能登半島地震の避難者。自前で避難先を探す人が多いらしく、被災認定の対象とならなかった川北町と当地野々市市では不動産屋が忙しいそうだ。
また、老人ホームも混雑し、以前より当市の住人で介護認定を受けようかしらん..なんて考えていた年寄りはそれどころではない状態らしい。それでなくとも介護認定は申請後、認定されるまで1ヶ月以上は掛かるのだからドキドキものであろう。
過去記事:地域包括支援センタ.学特別養護老人ホーム.学「要介護認定」調査.学老人ホームの入居希望金沢でも「身元保証」が突然死と認知症 / 要介護認定学要介護認定:関連資料

野々市市も避難受け入れ

当地野々市市でも令和6年能登半島地震の被災者の広域避難受け入れを始めるとの事。南加賀、受け入れに全力 白山、野々市、能美〈支え合ってともに 1.1大震災〉|社会|石川のニュース|北國新聞(24/01/13)能登半島地震で孤立集落となった地区の住民の受け入れへ、南加賀の自治体が全力を挙げている。白山市は12日、輪島市西保地区の住民627人の避難先となる松任総合運動公園体育館(白山市倉光4丁目)で準備を整えた。大...

... 続きを見る

当地野々市市でも令和6年能登半島地震の被災者の広域避難受け入れを始めるとの事。

南加賀、受け入れに全力 白山、野々市、能美〈支え合ってともに 1.1大震災〉|社会|石川のニュース|北國新聞(24/01/13)
能登半島地震で孤立集落となった地区の住民の受け入れへ、南加賀の自治体が全力を挙げている。白山市は12日、輪島市西保地区の住民627人の避難先となる松任総合運動公園体育館(白山市倉光4丁目)で準備を整えた。大人数を想定してアリーナ全体に簡易避難所を設置し、市内の飲食業者の協力を得て食事を提供する。野々市市で新たに461人の受け入れが決まったほか、能美、加賀市では避難が進んでいる。
 
野々市市は12日、輪島市鵠巣(こうのす)地区の住民461人を市内の公共施設で受け入れることを決めた。市としての広域避難受け入れは初めてとなる。市は避難先として、市庁舎内のホール椿、老人福祉センター椿荘、富奥防災コミュニティセンターの3カ所を確保し、もう1カ所を選定している。いずれも暖房が完備され、床にマットを敷き、テントなどで宿泊してもらう。椿荘の温浴施設も利用できる。受け入れは15日以降の見通し。
先の3.11大震災が発生した2011年に、俺は7月から埼玉のアパートで単身暮らしを始めた。その際に近所の小さなスーパーマーケットに香りが違う人たちが一気に増えた事があった。しばらくして気がついたのだが、彼らは福島原発エリアからの避難者だったのだ。だいたいは夫婦らしき2人連れで、どこか疲れたような風情であった。

当地野々市市で俺の常用するスーパーマーケットでも、この1週間ほどに同じような香りの人達が増えた事を思いだす。市が行う公的な避難受け入れ以前に私的に避難してきた人たちなのだろう。封鎖的と感じる石川県民だが、自発的に避難することを決意るのは良いことだ。報道によれば、全国で公的な避難受け入れの門扉が開放されている。臆することなく、避難して欲しいものだ。何処であろうと、住めば都である。
#1.1大震災
🏥
来週01/24は定期通院日だが、女将は最近再流行してきた感染症を心配している。
できれは電話で処方箋を..とも言うのだが、それでは1ヶ月後にはリアルに通院せねばなるまい。如何せん、採血をしなければ診察ができない病気は厄介である。
野々市市の公的避難受け入れ以前から、隣市の金沢や白山は公的避難受け入れを行っていた。それ以外にも、怪我人や病人は俺の通う病院に掛かっていることは間違いなかろう。要するに、今回リアル通院しようが、2ヶ月半後になろうが、たいした状況の変化は無かろう..と見た。「諦めている」と言ったら、女将がふくれた。

能登半島の高齢者施設.思

令和6年能登半島地震の発生で、能登半島と石川県はすっかり全国区になったらしい。2012年07月の「能登半島地震」や「令和5年奥能登地震」、特に原因不明の「能登群発地震」等で、地震国日本でも名が知れていたとは思っていたが、今回は決定打である。これまでの地震程度であれば、能登半島は静かな老後を送るのには住みよい地域だと思ってきた。しかし、この度の地震では交通途絶とか情報断絶で、「支援物資が届かない」「食料や水...

... 続きを見る

令和6年能登半島地震の発生で、能登半島と石川県はすっかり全国区になったらしい。
2012年07月の「能登半島地震」や「令和5年奥能登地震」、特に原因不明の「能登群発地震」等で、地震国日本でも名が知れていたとは思っていたが、今回は決定打である。

これまでの地震程度であれば、能登半島は静かな老後を送るのには住みよい地域だと思ってきた。しかし、この度の地震では交通途絶とか情報断絶で、「支援物資が届かない」「食料や水がない」 というエリアが多いことが判った。自然は豊なのかも知れないが、文明から取りこぼされた地域なのかも知れないと思い直している。

能登半島の高齢者施設 人手不足でケア行き届かず 現場は疲弊 | NHK(24/01/12)
NHKが1月5日から11日にかけて、石川県の能登半島にある60の高齢者施設に取材したところ、ほとんどの施設で断水が続き、高齢者へのケアが行き届かない状態が長期化しているほか、施設の職員も被災する中で深刻な人手不足で現場が疲弊しつつあることがわかりました。このままでは高齢者の体調悪化が懸念されるとして、他の施設に移すなど早期の対応を求める声が上がっています。
 
仕事人時代に生まれも育ちも能登半島の出身者がいた。東京の大学を出たままで故郷の珠洲市を捨てたとのことだった。今にしてみて判るような気がする彼の言葉である。
イラスト

今捨てるのは能登半島なのかも知れない。
数年~数十年後に捨てるのは日本かも知れない。
#1.1大震災

災害ボランティア.考

2024/01/01に「令和6年能登半島地震」が発生してから5日が経つ。テレビ報道を観ていると災害支援は遅々として進まないようだ。物質的な面も然ることながら、人的な支援が少ないように見える。中でも、ボランティアが少ないと見る。まだボランティアの支援を受け入れられるような状態ではないというとなのだろう。そもそも「ボランティア」とは、WikiPediaによれば『自らの意志により志願すること』とのことだ。しかし、日本では『...

... 続きを見る

2024/01/01に「令和6年能登半島地震」が発生してから5日が経つ。
テレビ報道を観ていると災害支援は遅々として進まないようだ。物質的な面も然ることながら、人的な支援が少ないように見える。中でも、ボランティアが少ないと見る。
まだボランティアの支援を受け入れられるような状態ではないというとなのだろう。

そもそも「ボランティア」とは、WikiPediaによれば『自らの意志により志願すること』とのことだ。しかし、日本では『公共性の高い社会への奉仕(チャリティー)に際して用いられる』とのことだ。「ボランティア」という言葉が多用されるようになっのは、1995年の阪神・淡路大震災以来では無かろうか。以降は各地で災害が発生すると当然であるかのごとくボランティアの募集が始まり、多くの善男善女が応募してきた。

しかし、「災害復旧 = ボランティア」という構図に疲れが出てきているのでは無いだろうか。俺の育った秋田では、水害の復旧作業は自衛隊が行ってくれた。逞しい兄ちゃん達が昼食している場面にあたると、「ボウズ、食うか」などと言われる事もあった。
そんな自衛隊に憧れて入隊した若者も多かったのではあるまいか。
しかし最近の自衛隊は、戦闘が本来業務になったようだ。もしかしら、「災害復旧 = ボランティア」という構図を作ったのは政府(安全保障)なのかも知れない。
いずれにしても、一時は多かった災害ボランティアが減って来たようだ。
日本を守ると称して軍備に金を掛けるのであれば、国土と国民を守る災害復旧に自衛隊の手をのべてくれ。護衛艦とやらの「出雲」「加賀」を築造するなら、病院船とか水の補給船を造ってくれ。大臣や官僚が石川県を視察に来るのに使うヘリコプタは、道路陥没で珠洲市に辿り着けないという災害派遣医療チーム「DMAT」に与えてくれ。
国民に義援金を求めたり、ボランティア頼みの災害復旧なんてのは、流石は防空壕が無くとも逃げろとだけ言って、格好を繕う国家体制と言うべきか。

【随時更新】物資搬送の手が足らず 何も届かない地区も (4日) | NHK
一連の地震の影響で現地では道路が土砂でふさがり、“地区に物資が何も届いていない”という声が聞かれます。一方、県外から支援物資が市役所に届いているものの、各地の拠点に運ぶ人手が不足して届けられないという地域も。
 

とは言うものの、何をさせても愚図な岸田政権を待ってられない

#1.1大震災

地震の多い能登地方

2024年の早々に能登半島で大地震が発生した。 #1.1大震災地震の規模はマグニチュード(M)7.6、震源の深さは16 km。最大震度は石川県羽咋郡志賀町で観測された震度7で、石川県能登地方で観測した地震としては、記録が残る1885年(M18)以降で最大の規模。(過去記事:2024/01/01.能登地方で震度7)「令和6年能登半島地震」の名を授けられたの地震は、石川県以外の各地にも被害を齎したとの報道也、震度5強を観測した石川県金沢市で、金...

... 続きを見る

2024年の早々に能登半島で大地震が発生した。 #1.1大震災
地震の規模はマグニチュード(M)7.6、震源の深さは16 km。最大震度は石川県羽咋郡志賀町で観測された震度7で、石川県能登地方で観測した地震としては、記録が残る1885年(M18)以降で最大の規模。(過去記事:2024/01/01.能登地方で震度7
令和6年能登半島地震」の名を授けられたの地震は、石川県以外の各地にも被害を齎したとの報道也、震度5強を観測した石川県金沢市で、金沢城の外周部分にある石垣の一部が崩れたとの事だ。当地野々市市で物理的な被害は無かったらしい。幸い我が家では被害は無かった。

過去記事を開くと、能登半島は地震が多い(22/06/19 能登地方で震度6弱、21/09/16 09/16能登地方で震度5弱)。
俺が退職し当地に住み始めた2012年07月に能登半島に旅した際に穴水駅近くの喫茶店に入ったら、内装などが新しい事を尋ねたところ『このあいだ地震があったでしょう。あの地震で壊れたのを直した..』との事であった。俺の知る限りでは「あの地震」と言えば「3.11東日本大震災」である..それが遠く離れた北陸まで..と思ったのだか、良く聞くと2007年(H19)3月25日9時41分に発生した、マグニチュード(M)6.9の事であった。しかし恥かしながら俺的にはそんな地震があったという認識は無かった。
旅から帰宅して調べ、能登半島は地震が多いことを知った次第である。最近では能登群発地震が有名なのだろうか。旅先の喫茶店で聞いたのは「能登半島地震」の事でマグニチュード(M)6.9。他にも、1993年(H05)2月7日22時27分に発生した「能登半島沖地震」マグニチュード(M)6.6がある。
これからの本格的な冬場に向かい、より早い復旧を祈る。土俵際の岸田総理は、ウッチャリの一手なのか早々に「令和6年能登半島地震」に災害救助法を適用する。
しかし、当地野々市市川北町は災害援助を受けられないらしい。扇状地の当地は被害が無かったということなのだろうか。石川県の県庁所在の金沢市でも断水があり、倒壊した家屋があったから、援助止む無しってか。
🚁
支援のためだろうか、この数日は上空を飛ぶ自衛隊のヘリコプタが多くなった。
そう言えば、過年に石川県知事になった元プロレスラの馳浩氏。昨年は荒天の天気予報を無視して白山に登り下山できなくなるという騒がせ事件があったが、この度の地震では東京に出向いていたそうだ。俺の邪推では森喜朗氏あたりに年始挨拶をしていたのではなかろうか..いずれにしても01/01の時点では、地震の影響で帰る足が無くなったとやらで首相官邸の対策本部から副知事と連絡を取りながら..陣頭指揮を執るから知事の業務には支障が来たないとのことであった。しかしどういう訳か、01/02には石川県庁に居た。本件絡みで石川県に来る羽目になった政府関係者が乗った自衛隊の専用飛行機に潜り込んだのであろう。その後、視察したヘリコプタから降りる時にもヘルメットを被っていないなど..危機意識が欠落しているとしか見えない。彼はダメだ。

能登地方での地震.学

2022年(R04)06月18日、午後3時8分ごろ能登地方で震度6弱の地震2007年(H19)3月25日、9時41分58秒には石川県輪島市WikiPedia:平成19年(2007年)能登半島地震関連記事:能登地方で震度6弱...

... 続きを見る

2022年(R04)06月18日、午後3時8分ごろ能登地方で震度6弱の地
2007年(H19)3月25日、9時41分58秒には石川県輪島市
WikiPedia:平成19年(2007年)能登半島地震


関連記事:能登地方で震度6弱

能登地方で震度6弱

06/18、午後3時8分ごろ地震当地野々市市に転居してから十数年、初めて「緊急地震速報」のブゥブゥ音を聞いた。震源地は石川県能登地方で、石川県珠洲市で震度6弱、輪島市が震度4とのこと。約100Kmほど離れている当地では震度3との事だが、言われてみればという揺れ感の程度。予想していたとおりNHK金沢の防災報道はヘタックソである。転居して間もなく穴水町を旅した際に直前に大きな地震があった事を知ったが、半島部とは地層が異...

... 続きを見る

06/18、午後3時8分ごろ地震

当地野々市市に転居してから十数年、初めて「緊急地震速報」のブゥブゥ音を聞いた。
震源地は石川県能登地方で、石川県珠洲市で震度6弱、輪島市が震度4とのこと。
約100Kmほど離れている当地では震度3との事だが、言われてみればという揺れ感の程度。予想していたとおりNHK金沢の防災報道はヘタックソである。
転居して間もなく穴水町を旅した際に直前に大きな地震があった事を知ったが、半島部とは地層が異なるのだろうか。いずれにしても、我が家では異常を認めず。
パソコンで「強震モニタ Extension」は作動した(地震速報ブログパーツ)

今日は温い。午後からエアコン

石川県 能登地方で震度5強の地震 津波の心配なし | NHK(22/06/20)

20日午前10時半ごろ、、石川県の能登地方で震度5強の揺れを観測する地震。
昨日06/19は「緊急地震速報」がテレビ・携帯とも鳴動したが、本日はテレビでのみであった。当地での震度が2(昨日は3)であった為、速報するべきエリア外であった為と思われる。

花嫁のれん.学

花嫁のれん(はなよめのれん)とは、石川県と富山県の一部地域で見られる、嫁ぎ先の仏間に掛けられた特別な暖簾を花嫁がくぐる婚礼時の風習。および暖簾自体を言う。花嫁のれん館公式サイト2016年開館の「花嫁のれん館」では、明治から平成まで約150年の間に作られた、彩り豊かな花嫁のれんが展示されている。2017年6月13日に旅立った野際陽子氏は石川県津幡町で生まれ富山県富山市育ちで、(東海テレビ放送制作)ドラマ「花嫁のれん」...

... 続きを見る

花嫁のれん(はなよめのれん)とは、石川県と富山県の一部地域で見られる、嫁ぎ先の仏間に掛けられた特別な暖簾を花嫁がくぐる婚礼時の風習。および暖簾自体を言う。
花嫁のれん館公式サイト

2016年開館の「花嫁のれん館」では、明治から平成まで約150年の間に作られた、彩り豊かな花嫁のれんが展示されている。
2017年6月13日に旅立った野際陽子氏は石川県津幡町で生まれ富山県富山市育ちで、(東海テレビ放送制作)ドラマ「花嫁のれん」で金沢の老舗旅館の大女将を演じた。
過去記事:旅は綺麗な列車で

富山湾氷見より立山を

「オトーサンの忘備録(R50+) 氷見方面へ」を拝読し、富山付近で金沢に向かう列車から立山を見た話をコメントしたところ「雨晴海岸を見下ろす山の上に温泉ホテルがある」旨を教えていただいた。「部屋や露天風呂からの展望が素晴らしい」とのこと。海越しに望む立山連峰周辺のホテルランキング - じゃらんnet氷見の海越しに望む立山連峰周辺のホテル【2022おすすめ旅館・宿】 | Trip.comなどを見ると中々絞り切れないが、この辺は...

... 続きを見る

「オトーサンの忘備録(R50+) 氷見方面へ」を拝読し、富山付近で金沢に向かう列車から立山を見た話をコメントしたところ「雨晴海岸を見下ろす山の上に温泉ホテルがある」旨を教えていただいた。「部屋や露天風呂からの展望が素晴らしい」とのこと。
などを見ると中々絞り切れないが、この辺は如何だろうか。
雨晴温泉 磯はなび (WikiPedia:雨晴海岸) 雨晴観光協会

『雨晴海岸』の絶景を見る前に知りたい6つのこと。
雨晴海岸へのアクセス、道の駅「雨晴」の情報、知っておくと自慢できる雨晴海岸の魅力など、訪れる前に知っておきたい観光情報をまとめました。海岸線を走る観光列車「べるもんた」やおすすめの観光体験プランなどもご紹介します。
 

(男岩 / 女岩 / 義経岩)、道の駅雨晴
雨晴駅(あまはらしえき)の近くには「雨を晴らした」という地名の由来となった義経伝説が残る義経岩がある。(雨晴駅-富山県|あなたの駅前物語|テレビ朝日)