無無無庵2

(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

消滅可能性自治体.考

「消滅する可能性がある」744自治体“消滅する可能性がある”744自治体 全体の4割に 人口戦略会議 | NHK(24/04/24)民間の有識者グループ「人口戦略会議」は全体の4割にあたる744の自治体で、2050年までに20代から30代の女性が半減し、「最終的には消滅する可能性がある」とした分析を公表しました。 「人口戦略会議」なる組織の研究成果がナンボのもんじゃ..とは思うものの、タイトルが穏やかではない。更には国営放送をはじ...

... 続きを見る

「消滅する可能性がある」744自治体

“消滅する可能性がある”744自治体 全体の4割に 人口戦略会議 | NHK(24/04/24)
民間の有識者グループ「人口戦略会議」は全体の4割にあたる744の自治体で、2050年までに20代から30代の女性が半減し、「最終的には消滅する可能性がある」とした分析を公表しました。
 
「人口戦略会議」なる組織の研究成果がナンボのもんじゃ..とは思うものの、タイトルが穏やかではない。更には国営放送をはじめにマスコミが騒ぐと気に障る。

北陸3県で唯一持続可能な自治体が石川に…消滅可能性自治体は10年前と変わらず9市町(石川テレビ)24/04/24
人口減少問題への関心を高めるため民間団体「人口戦略会議」は消滅可能性があると分析した744の自治体名を公表しました。県内では前回10年前に公表された9自治体から増減はありませんでした。県内では、珠洲市・能登町・輪島市・穴水町・志賀町・羽咋市・七尾市・宝達志水町・加賀市の9つの市と町です。一方、北陸3県で唯一、
川北町だけ自立持続可能性があると分析されています。
 
石川県内では予想どおりというべきか。
尤も、地方自治体の心配をしなくとも、日本という国家が消滅するかも知れない。

【やさしく解説】 「人口消滅」「ブラックホール」過激な自治体ランキングなぜ?◆魅力ある街とは…【時事ドットコム取材班】:時事ドットコム
 企業経営者や大学教授ら民間の有識者でつくる「人口戦略会議」(議長・三村明夫日本製鉄名誉会長)が、人口推計に基づいた全国自治体の持続可能性について分析したところ、「消滅可能性自治体」が744に上ると発表した。新たに、聞き慣れない「ブラックホール型自治体」も登場。「消滅」「ブラックホール」ってどういうこと?(時事ドットコム取材班・編集委員 豊田百合枝)
 
<消滅可能性自治体マップ>
2050年までに消滅する可能性がある自治体:時事ドットコム から、野々市市は
20240512193304

能登さくら駅でサクラ

今日04/06は、能登半島地震で運休していたのと鉄道七尾線が全線開通した。七尾線(ななおせん)は、石川県七尾市の七尾駅(ななおえき)と石川県鳳珠郡穴水町の穴水駅(あなみずえき)を結ぶ鉄のと鉄道が運営する鉄道路線也。 路線の中間付近に位置する能登鹿島駅は(能登さくら駅)の名をを持つように、ホーム沿いにソメイヨシノが植えられている。1999(H11)年の第1回中部の駅百選に選ばれた。あいにくなことに満開ではないようだ...

... 続きを見る

今日04/06は、能登半島地震で運休していたのと鉄道七尾線が全線開通した。
七尾線(ななおせん)は、石川県七尾市の七尾駅(ななおえき)と石川県鳳珠郡穴水町の穴水駅(あなみずえき)を結ぶ鉄のと鉄道が運営する鉄道路線也。
路線の中間付近に位置する能登鹿島駅は(能登さくら駅)の名をを持つように、ホーム沿いにソメイヨシノが植えられている。1999(H11)年の第1回中部の駅百選に選ばれた。
あいにくなことに満開ではないようだが、天候には恵まれたようだ。

【LIVE】能登鹿島駅周辺(能登さくら駅)石川県穴水町

能登さくら駅(能登鹿島駅)の桜(鳳珠郡穴水町) - お花見2024 - ウォーカープラス

アイコンアイコンアイコンアイコンアイコン


のと鉄道、全線再開 3カ月ぶり、住民ら喜びの声―石川:時事ドットコム
能登半島地震で被災し、一部区間で運休が続いていた石川県の第三セクター「のと鉄道」が6日、約3カ月ぶりに全線で運行を再開した。通勤・通学の足となっている鉄道の再開に、地元住民からは喜びの声が上がった。
 

馬脚が露呈した防災避難

2024年1月1日に起こった能登半島の大地震から2ヶ月が経とうとしている。半世紀近く以前には、台風来襲とか大水が出るとかで「避難」するは、大ごとだった。大概の場合は避難せず、自宅とか近所同士でかばい合うことで何とかしていた。もちろん被害もあり死者もあった。災害が去った後かたずけは近所主体で、足りないところは自衛隊と行政が手助けしていた。いつの頃からだろうか、それでは宜しくないということになったのだろうか...

... 続きを見る

2024年1月1日に起こった能登半島の大地震から2ヶ月が経とうとしている。

半世紀近く以前には、台風来襲とか大水が出るとかで「避難」するは、大ごとだった。
大概の場合は避難せず、自宅とか近所同士でかばい合うことで何とかしていた。もちろん被害もあり死者もあった。災害が去った後かたずけは近所主体で、足りないところは自衛隊と行政が手助けしていた。いつの頃からだろうか、それでは宜しくないということになったのだろうか..「避難所」なる所ができた..その頃は「身体だけで避難」すれば良かった、そして今は..という歴史があった。

避難所と言うけれど

  1. 「避難所」の無かった時代..安全そうな知人宅とか本家とかに逃げ込む
  2. 町内会館や集合所・寺院などを「避難所」と呼んだ時代..安全か否かは不明也
  3. 学校の体育館などを「避難所」と呼んだ時代..危険だったとしても他には無い
    ※.私設避難所だって公設避難所と同等に危険で安全なのだが、何故かママっ子扱い
  • 避難所は、被災地域と同じ行政地域内に設置するものらしい。
  • 行政より「避難所開設」が宣言された後に、避難所施設の開錠を行うものらしい。
  • 体育館には毛布程度しか用意されておらず、1-2泊程度の滞在しか想定してない。
  • とどのつまり、地震国であり、急傾斜の山岳を背負った日本列島に安全な場所は無い。
津波警報出たのに…避難場所の鍵保管庫開かず、一部住民が避難できず:朝日新聞デジタル(24/02/10)
能登半島地震が発生した際、兵庫県豊岡市の一部の津波避難場所で建物に入る鍵の保管庫が開かず、住民が避難できないケースがあった。鍵保管庫は震度5以上で自動的に解錠される仕組み。豊岡市の震度は4だった。市は震度4でも解錠されるように変更を検討する
 

避難に先立つ住民の準備

  1. 身体だけで逃げ込めば良、避難所側に物資を備蓄して(思って)いた時代
  2. 避難所側で物資を備蓄しているとのアナウンスが行政から行われた時代
  3. 日頃より、自分の必要な物資を準備することを行政から求められる時代
  • 自分の必要な避難物資を準備しても、避難時のバタバタにそれを持って避難できるはずが無い。よって、どのタイミングで準備した避難物資を自宅に取りに行くのか等の想定が不明確。

仮設住宅に入居できる迄には(日本の行政用語では「応急仮設住宅」という)


イラスト

石川県の地域行政は、日本国の国家公務員並みに怠惰である。
彼らの仕事というものは、「失敗した場合の言い訳」を考えることに始まると見る。さすがに「やってやろう」という頭ごなしの姿勢は無いが、「サービスします」という姿勢ではない。特に、災害に対処するための姿勢というものは明治時代とも言える。
当地野々市市での避難は町内単位で行われ、町内会の者は一旦は所属する町内会館に集合する定めである。その後、町内会館から最寄りの校区の体育館に移動することになっている。
野々市市にしてみれば、町内会館で点呼をとった上で体育館に集合させる事で、点呼のチェックが簡単になるのだろう。しかし、我が家の場合、町内単位で避難すれば「最寄りの校区の体育館は遠い」。近場の体育館に避難する方が手っ取り早い。また、最寄りの校区の体育館に行くためには、途中で渡る橋が増える。

しかし、行政はそのような細かな事を考えることはないようで、中央政権の定めに従って「避難所と称する物を作り」さえすれば任務達成ということのようだ。
体育館の板の間にごろ寝する場所を避難所と呼ぶことは止めてくれ。
過去記事:これで良いのか、避難所 / 災害ボランティア.考 / 南の島にシェルターが / 防空壕と日本人

石川県知事様は、かく語れりとのことだ。

馳知事 ”支援物資は現地の事業者からも調達へ“|NHK 石川県のニュース(02/26)
石川県によりますと、能登半島地震の被災者に向けた物資は、これまでに食料や生活用品を中心に1300万点あまりが供給されています。
物資の多くは国が調達していて、金沢市にある県の拠点を通じて被災地に輸送され、避難所などに届けられています。これについて馳知事は26日の記者会見で、自治体から求められる物資の量が次第に減少するなか、被災地では小売店などが徐々に営業を再開していると説明したうえで「地域経済のためにも物資の支援と事業者の再建との両立を図っていく必要があり、できる範囲で現地で調達をしていけるよう調整を進めていく」と述べました。

 
要するに、「いつまでも支援物資を頼らずに、買え」ということだな。
ビニールハウス避難所には支援物資の配送を止めるとか。取りに来いとな。
注文の多い石川県の行政と被災者に、ボランティアも呆れ果てたのかも知れない。

輪島市の緊急公費解体1番乗りは、市長宅側に傾いた隣家。これで良いのか😡
市長様は、大事な我が家を赤紙を張られた隣家に押し潰れたくなかったんだね~

「早い者順」の緊急公費解体 輪島市副市長宅側に傾いた隣家は市内で最も早い時期だった :東京新聞 TOKYO Web
能登半島地震で被災した石川県輪島市で、中山由紀夫副市長(64)の自宅側に傾いた隣家の緊急公費解体が、市内で最も早い時期に実施されていたことが分かった。
 
こういうのはインサイダー取引って言わないのかね。職権乱用の悪事だと見る。

避難所とは..なんて、理想論の議論は止すが、他国の支援をする前に国内問題を。
避難所なのか、集合場所なのか。それとも収容所なのだろうか。
過去記事:軍備どころではない日本 / 災害ボランティア.考 / これで良いのか、避難所 / 地震の多い能登地方 / 01/01.能登地方で震度7

ナゾ残る能登半島地震

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

終の棲家、その後

白山は、石川県と岐阜県に跨る標高2,702mの活火山である。小松左京氏のSF小説「日本沈没」で、日本列島が太平洋に没した後にも、山頂が残ったとされている。そんな事も相まって、終の棲家として当地野々市市を選んだ。日本沈没での出来事は半分眉唾としても、現実的に考えれば能登半島に多い高齢者向けの介護施設に曳かれた。15年ほど前は全国各地に団塊の世代を目当てにした介護施設が設立ラッシュであった。そんな中でも能登半島...

... 続きを見る

白山は、石川県と岐阜県に跨る標高2,702mの活火山である。
小松左京氏のSF小説「日本沈没」で、日本列島が太平洋に没した後にも、山頂が残ったとされている。そんな事も相まって、終の棲家として当地野々市市を選んだ。日本沈没での出来事は半分眉唾としても、現実的に考えれば能登半島に多い高齢者向けの介護施設に曳かれた。15年ほど前は全国各地に団塊の世代を目当てにした介護施設が設立ラッシュであった。そんな中でも能登半島のそれは魅力を感じていた。
当時は能登半島の突端の珠洲市の下に流動体とかの訳の判らない地震の巣窟が隠れてることは知らなかった。というよりも、地震は多発していたが、俺が知らなかった。
そんな訳で、老後の看取りを含めて、野々市市内の介護施設に入居できなかった場合は能登半島の何れかを物色すれば良かろうという安易な老後設計であった。
しかし、「1.1大地震」の発生で、そんな老後設計は消し飛んでしまった。
今では、金沢市のベットタウンである野々市市は能登半島からの避難者を見かけるようになった。彼らは故郷の能登半島に戻るのだろうか。俺の老後はどうしたものだろう。
イラスト

過去記事:日本の人口減少を思う / 野々市市も避難受け入れ / 能登半島の高齢者施設.思 / 地震の多い能登地方 / 能登地方での地震.学  / 能登地方で震度6弱 / 09/16能登地方で震度5弱

日本の人口減少を思う

トラックやタクシーの運転手が不足するとかを政府が騒いでいる。人出不足になるのは運転手だけなのだろうか。他の業種でも同様なのであろう。定年制を無くして75歳まで働けとも政府は検討しているとのことだ。区民年金の受給時期を遅らせたいだけなのではあるまいか。未来の日本は、本当に人手不足になるのだろうか。日本はどんどん人口が減っている。その結果、働き手が減るのは当然のことである。2100年「8000万人国家」...

... 続きを見る

トラックやタクシーの運転手が不足するとかを政府が騒いでいる。
人出不足になるのは運転手だけなのだろうか。他の業種でも同様なのであろう。
定年制を無くして75歳まで働けとも政府は検討しているとのことだ。区民年金の受給時期を遅らせたいだけなのではあるまいか。
未来の日本は、本当に人手不足になるのだろうか。

日本はどんどん人口が減っている。その結果、働き手が減るのは当然のことである。

2100年「8000万人国家」を 人口減少で対策強化提言―民間有識者会議:時事ドットコム(24/01/09)
民間の有識者らでつくる「人口戦略会議」(議長・三村明夫前日本商工会議所会頭)は9日、人口減少を踏まえた提言「人口ビジョン2100」を公表した。今後想定される人口の急減により、日本社会が「果てしない縮小と撤退を強いられる」と警鐘を鳴らし、2100年の「人口8000万人国家」を目標として提唱。若者世代への支援推進や、人口戦略を扱う司令塔機能を内閣に設置することなどを求めた。
 
しかし、運転手だけが減るのではなく、それを利用する人数も減るのだ。
これは全ての業種に亙って言える事である。今では勤労者では無くなっているかも知れない団塊の世代以上の年代が旅立つにつれて人口はどんどん落ち込むだろうが、併行して人手不足は解消されるであろう。相互にサービスを提供するべき対手が、比例的に減っていくのだ。
タクシーの運転手が減ったと言っても、タクシーを利用する客も減っている...etc.

今の日本で戦争が始まったら、食べ物すら無いであろう。しかし、岸田政権が構えている様に、5年先を見据えた軍備で間に合うのであれば、軍備に金を掛ける事は無いだろう..30年以内には「東南海地震」とかの自然災害が目白押しである。

令和6年能登半島地震の復旧工事は、過去の大地震時のそれに比べて遅い。やはり、時の政権の対応力なのであろう。特に虎ノ門から総理とか総務省政務官とかと同行でなければ被災に出向こうともしないような石川県知事の対応力が悪いように思う。

いずれにしても、少子化政策の失敗と、観光立国を目指した事が間違い也。

OGP
追記
令和6年能登半島地震の避難者。自前で避難先を探す人が多いらしく、被災認定の対象とならなかった川北町と当地野々市市では不動産屋が忙しいそうだ。
また、老人ホームも混雑し、以前より当市の住人で介護認定を受けようかしらん..なんて考えていた年寄りはそれどころではない状態らしい。それでなくとも介護認定は申請後、認定されるまで1ヶ月以上は掛かるのだからドキドキものであろう。
過去記事:地域包括支援センタ.学特別養護老人ホーム.学「要介護認定」調査.学老人ホームの入居希望金沢でも「身元保証」が突然死と認知症 / 要介護認定学要介護認定:関連資料

能登半島の北東断層が❓

能登半島地震の震源域 半島の北東断層ずれ動かず “注意を” | NHK(24/01/17)今回の能登半島地震で、震源域の断層の動きを専門家が分析した結果、能登半島の北東にある断層がほとんどずれ動いていなかったことが分かりました。専門家はこの断層で規模の大きな地震が発生すると新潟県の沿岸に津波が押し寄せるおそれもあるとして注意を呼びかけています。 産総研:活断層データベース関連記事:我が町の地震危険度は? / 地震...

... 続きを見る

野々市市も避難受け入れ

当地野々市市でも令和6年能登半島地震の被災者の広域避難受け入れを始めるとの事。南加賀、受け入れに全力 白山、野々市、能美〈支え合ってともに 1.1大震災〉|社会|石川のニュース|北國新聞(24/01/13)能登半島地震で孤立集落となった地区の住民の受け入れへ、南加賀の自治体が全力を挙げている。白山市は12日、輪島市西保地区の住民627人の避難先となる松任総合運動公園体育館(白山市倉光4丁目)で準備を整えた。大...

... 続きを見る

当地野々市市でも令和6年能登半島地震の被災者の広域避難受け入れを始めるとの事。

南加賀、受け入れに全力 白山、野々市、能美〈支え合ってともに 1.1大震災〉|社会|石川のニュース|北國新聞(24/01/13)
能登半島地震で孤立集落となった地区の住民の受け入れへ、南加賀の自治体が全力を挙げている。白山市は12日、輪島市西保地区の住民627人の避難先となる松任総合運動公園体育館(白山市倉光4丁目)で準備を整えた。大人数を想定してアリーナ全体に簡易避難所を設置し、市内の飲食業者の協力を得て食事を提供する。野々市市で新たに461人の受け入れが決まったほか、能美、加賀市では避難が進んでいる。
 
野々市市は12日、輪島市鵠巣(こうのす)地区の住民461人を市内の公共施設で受け入れることを決めた。市としての広域避難受け入れは初めてとなる。市は避難先として、市庁舎内のホール椿、老人福祉センター椿荘、富奥防災コミュニティセンターの3カ所を確保し、もう1カ所を選定している。いずれも暖房が完備され、床にマットを敷き、テントなどで宿泊してもらう。椿荘の温浴施設も利用できる。受け入れは15日以降の見通し。
先の3.11大震災が発生した2011年に、俺は7月から埼玉のアパートで単身暮らしを始めた。その際に近所の小さなスーパーマーケットに香りが違う人たちが一気に増えた事があった。しばらくして気がついたのだが、彼らは福島原発エリアからの避難者だったのだ。だいたいは夫婦らしき2人連れで、どこか疲れたような風情であった。

当地野々市市で俺の常用するスーパーマーケットでも、この1週間ほどに同じような香りの人達が増えた事を思いだす。市が行う公的な避難受け入れ以前に私的に避難してきた人たちなのだろう。封鎖的と感じる石川県民だが、自発的に避難することを決意るのは良いことだ。報道によれば、全国で公的な避難受け入れの門扉が開放されている。臆することなく、避難して欲しいものだ。何処であろうと、住めば都である。
#1.1大震災
🏥
来週01/24は定期通院日だが、女将は最近再流行してきた感染症を心配している。
できれは電話で処方箋を..とも言うのだが、それでは1ヶ月後にはリアルに通院せねばなるまい。如何せん、採血をしなければ診察ができない病気は厄介である。
野々市市の公的避難受け入れ以前から、隣市の金沢や白山は公的避難受け入れを行っていた。それ以外にも、怪我人や病人は俺の通う病院に掛かっていることは間違いなかろう。要するに、今回リアル通院しようが、2ヶ月半後になろうが、たいした状況の変化は無かろう..と見た。「諦めている」と言ったら、女将がふくれた。

能登半島の高齢者施設.思

令和6年能登半島地震の発生で、能登半島と石川県はすっかり全国区になったらしい。2012年07月の「能登半島地震」や「令和5年奥能登地震」、特に原因不明の「能登群発地震」等で、地震国日本でも名が知れていたとは思っていたが、今回は決定打である。これまでの地震程度であれば、能登半島は静かな老後を送るのには住みよい地域だと思ってきた。しかし、この度の地震では交通途絶とか情報断絶で、「支援物資が届かない」「食料や水...

... 続きを見る

令和6年能登半島地震の発生で、能登半島と石川県はすっかり全国区になったらしい。
2012年07月の「能登半島地震」や「令和5年奥能登地震」、特に原因不明の「能登群発地震」等で、地震国日本でも名が知れていたとは思っていたが、今回は決定打である。

これまでの地震程度であれば、能登半島は静かな老後を送るのには住みよい地域だと思ってきた。しかし、この度の地震では交通途絶とか情報断絶で、「支援物資が届かない」「食料や水がない」 というエリアが多いことが判った。自然は豊なのかも知れないが、文明から取りこぼされた地域なのかも知れないと思い直している。

能登半島の高齢者施設 人手不足でケア行き届かず 現場は疲弊 | NHK(24/01/12)
NHKが1月5日から11日にかけて、石川県の能登半島にある60の高齢者施設に取材したところ、ほとんどの施設で断水が続き、高齢者へのケアが行き届かない状態が長期化しているほか、施設の職員も被災する中で深刻な人手不足で現場が疲弊しつつあることがわかりました。このままでは高齢者の体調悪化が懸念されるとして、他の施設に移すなど早期の対応を求める声が上がっています。
 
仕事人時代に生まれも育ちも能登半島の出身者がいた。東京の大学を出たままで故郷の珠洲市を捨てたとのことだった。今にしてみて判るような気がする彼の言葉である。
イラスト

今捨てるのは能登半島なのかも知れない。
数年~数十年後に捨てるのは日本かも知れない。
#1.1大震災

災害ボランティア.考

2024/01/01に「令和6年能登半島地震」が発生してから5日が経つ。テレビ報道を観ていると災害支援は遅々として進まないようだ。物質的な面も然ることながら、人的な支援が少ないように見える。中でも、ボランティアが少ないと見る。まだボランティアの支援を受け入れられるような状態ではないというとなのだろう。そもそも「ボランティア」とは、WikiPediaによれば『自らの意志により志願すること』とのことだ。しかし、日本では『...

... 続きを見る

2024/01/01に「令和6年能登半島地震」が発生してから5日が経つ。
テレビ報道を観ていると災害支援は遅々として進まないようだ。物質的な面も然ることながら、人的な支援が少ないように見える。中でも、ボランティアが少ないと見る。
まだボランティアの支援を受け入れられるような状態ではないというとなのだろう。

そもそも「ボランティア」とは、WikiPediaによれば『自らの意志により志願すること』とのことだ。しかし、日本では『公共性の高い社会への奉仕(チャリティー)に際して用いられる』とのことだ。「ボランティア」という言葉が多用されるようになっのは、1995年の阪神・淡路大震災以来では無かろうか。以降は各地で災害が発生すると当然であるかのごとくボランティアの募集が始まり、多くの善男善女が応募してきた。

しかし、「災害復旧 = ボランティア」という構図に疲れが出てきているのでは無いだろうか。俺の育った秋田では、水害の復旧作業は自衛隊が行ってくれた。逞しい兄ちゃん達が昼食している場面にあたると、「ボウズ、食うか」などと言われる事もあった。
そんな自衛隊に憧れて入隊した若者も多かったのではあるまいか。
しかし最近の自衛隊は、戦闘が本来業務になったようだ。もしかしら、「災害復旧 = ボランティア」という構図を作ったのは政府(安全保障)なのかも知れない。
いずれにしても、一時は多かった災害ボランティアが減って来たようだ。
日本を守ると称して軍備に金を掛けるのであれば、国土と国民を守る災害復旧に自衛隊の手をのべてくれ。護衛艦とやらの「出雲」「加賀」を築造するなら、病院船とか水の補給船を造ってくれ。大臣や官僚が石川県を視察に来るのに使うヘリコプタは、道路陥没で珠洲市に辿り着けないという災害派遣医療チーム「DMAT」に与えてくれ。
国民に義援金を求めたり、ボランティア頼みの災害復旧なんてのは、流石は防空壕が無くとも逃げろとだけ言って、格好を繕う国家体制と言うべきか。

【随時更新】物資搬送の手が足らず 何も届かない地区も (4日) | NHK
一連の地震の影響で現地では道路が土砂でふさがり、“地区に物資が何も届いていない”という声が聞かれます。一方、県外から支援物資が市役所に届いているものの、各地の拠点に運ぶ人手が不足して届けられないという地域も。
 

とは言うものの、何をさせても愚図な岸田政権を待ってられない

#1.1大震災