無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

電話の故障に思う

電話の故障に思う

01/05電話機が故障した。NTTの113番に☎️修理を依頼。しかし、ゾンビしたため修理を取り消した後また不良となり、修理日が変更となり01/14に来宅となった。結局は電話機本体の故障である事が判明し、通販で発注した物が01/16に配達された。今どきの電話機は、モジュラーとコンセントに差し込めば直ぐに使えるから簡単だ。しかし、以前の物は3つの大きなボタンに常用連絡先を登録できたが、新では無い。代わりでもないだろうが、特殊...

... 続きを見る

01/05電話機が故障した。NTTの113番に☎️修理を依頼。しかし、ゾンビしたため修理を取り消した後また不良となり、修理日が変更となり01/14に来宅となった。
結局は電話機本体の故障である事が判明し、通販で発注した物が01/16に配達された。
今どきの電話機は、モジュラーとコンセントに差し込めば直ぐに使えるから簡単だ。
しかし、以前の物は3つの大きなボタンに常用連絡先を登録できたが、新では無い。代わりでもないだろうが、特殊詐欺防止用の機能がテンコ盛りである。しかし。機能が多すぎてボケ夫婦の手には余りそうだ。絞り込んだ少ない機能で十分である。
😒
我が家に電話が付いたのはS43年である。それまでは無かった。
当時の生活で、殊更にとり急いで電話で伝えなければならない事情も無かったし、死亡の知らせは電報が通り相場であった。そんな秋田での生活であったが、就職して華の東京生活をする上で会社からの連絡をしかとするのも憚られたので電話を付ける事にした次第であった。俺の初めての給料で購入手続きした御初の物である。

当時の黒電話設置工事は電電公社様が行ったが、申し込みから工事実施までは期日が掛かったように覚える。工事の当日も、タバコとかビール券を持たせなければならないとか、色々と面倒であった。
また、債券なる物があり、遺産相続にも当てはまるとかであったが、今では単なる紙切れなそうだ。いずれにしても、それ以来は実家を守った固定電話であり、鎌倉に転居する迄は同じ番号であった。途中、ISDN回線にしたものの、未だに一般回線であり、非常時に停電になった場合でも電話局からの電力供給により通話自体は可能なタイプである。しかし、2024年だったか(?)に一般回線は廃止されるとの事だ。
昔の黒電話は、ある意味のステータスであった。玄関先の専用台に座布団付きで置かれていた。家族でない者が利用すると、律義に10円玉を置く人もいた。
今般の故障原因についても、昔の固定電話(黒電話)のような感覚でいたのだが、本体故障ならば持ち主が勝手にするということであった。以前より女将とは「老人ホーム行きを考えれば、新しい固定電話を買わずとも、携帯電話でも良いかも」的な会話をしていたのだが、いざ故障して取捨択一をする羽目になると、老人ホームへの引越しが決まるまでは固定電話も持っておこうという事になった。
特殊詐欺に利用されるとかで悪評の固定電話だが、俺が達者な間は御供してくれ。

ワクチンの予防接種は

ワクチンの予防接種は

09/26、市役所からインフルエンザワクチンの予防接種に関する知らせが届いた。来月から年明け1月の某日まで接種を受けられる補助券である。COVID-19のワクチンが開発され市場に出回り接種できる体制となった場合、それ以前にインフルエンザワクチンの接種を受けていたほうが良いというマスコミの報道も聞く。確かに、COVID-19とインフルエンザの両方のワクチンを接種する場合は、所定の期間を開けなければならない。しかし、そもそ...

... 続きを見る

09/26、市役所からインフルエンザワクチンの予防接種に関する知らせが届いた。
来月から年明け1月の某日まで接種を受けられる補助券である。
COVID-19のワクチンが開発され市場に出回り接種できる体制となった場合、それ以前にインフルエンザワクチンの接種を受けていたほうが良いというマスコミの報道も聞く。確かに、COVID-19とインフルエンザの両方のワクチンを接種する場合は、所定の期間を開けなければならない。しかし、そもそもCOVID-19のワクチンの開発が成功する保証は無い。また、出来立てワクチンは副作用の検証が少ない。
そんな中でインフルエンザワクチンの予防接種を受ける事は気が進まない。毎年のそれはさぼって来た。
市の注意書きにもある 「インフルエンザワクチンの予防接種はギラン・バレー症候群へのリスク」 のほうが、インフルエンザの感染よりも怖いと思うからだ。
なぜ30%しか効果がなくてもインフルエンザワクチンは打つべきなのか?E - GIGAZIN
俺は肺炎球菌ワクチンの予防接種を2014年12月に受け、翌2015年秋には間質性肺炎との診断を受けた。
接種と肺炎との因果関係は不明であるが、「肺炎球菌ワクチンの予防接種も5年サイクルで繰り返す必要がある」とかの事を聞きかじっている。仮にそうであれば、真面目に心配すれば、今期はインフルエンザ・肺炎球菌・COVID-19と、3種類のワクチンを接種しなければならない事になる。

ワクチンの有効率は10%とか39%とかで、完璧という事ではない。それにも関わらず、インフルエンザや肺炎球菌の予防接種が:ギラン・バレー症候群の原因となる事は医学界でも知られてる。
予防接種を受けるリスクとメリット、どちらを取るかは自身の分岐点だ。
インフルエンザ予防接種をしません! 日本のワクチンへの信頼度は世界最下位レベル|AERA dot
流行するであろう型も見えないのに届いた親切(?)な市からのインフルエンザワクチンの予防接種に関する知らせであるが、当面はCOVID-19のワクチン開発の先行きが見通せるまでは保留とする。
保留している間に何れかに感染する可能性は無きにしもだが、基本的に他人と接触しないような生活を送るように努めるしかあるまい。幸いディサービスを受ける身でもなければ、カラオケ趣味も無い
過去記事:予防接種を奨めるが? / インフルエンザ予防接種:考 / ワクチン接種は要注意 / 新インフルエンザワクチン / 肺炎ワクチン接種した / 医薬品副作用被害救済 / 新型コロナが死因の葬儀

インフルエンザ予防接種1日から開始 高齢者に優先接種の方針 | 新型コロナウイルス | NHKニュース(09/29)
厚生労働省は、10月1日から定期接種の対象になっている65歳以上の高齢者などに優先してワクチンを接種し、それ以外の人は10月26日まで接種を待つよう呼びかけ
日本小児科医会では、今シーズンは13歳未満の子どもへの接種回数を、原則とされる2回から1回に減らすことも検討するよう全国の小児科医に呼びかけ