無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

生れた故郷で死ねる.考

集団就職ではないが、高校卒業と同時に就職・上京した俺だ。しかし東北から南下したい症候群だった親父が横浜に自宅を建てていたので、俺としては転居したというほうが正確かもしれない。明治生まれの親父は秋田の尋常小学校を卒業後上京し、日本橋馬喰町で丁稚的な仕事をしながら勉強し、旧・東京消防庁に就職し日本橋消防署の消防運転手をしていた。そのため、志那とビルマに2度の徴兵が掛かったが、司令部着きの運転士であった...

... 続きを見る

集団就職ではないが、高校卒業と同時に就職・上京した俺だ。
しかし東北から南下したい症候群だった親父が横浜に自宅を建てていたので、俺としては転居したというほうが正確かもしれない。

明治生まれの親父は秋田の尋常小学校を卒業後上京し、日本橋馬喰町で丁稚的な仕事をしながら勉強し、旧・東京消防庁に就職し日本橋消防署の消防運転手をしていた。そのため、志那とビルマに2度の徴兵が掛かったが、司令部着きの運転士であった。徴兵以前から当時の荏原区に住んでいたため、終戦後には故郷の雪国秋田から脱出する願望があり、雪の降らない土地に住みたいがために、定年退職後に横浜を選んだということらしい。

俺が生まれ小学校2年迄を過ごした秋田県鹿角郡花輪町から秋田市に転居する頃の記憶は皆無に近いが、今の俺が終の棲家として未知の石川県を躊躇なく選んでしまった根底には、親父の症候群を受け継いでいるのかもしれない。とは言うものの後悔している。
思い起こせば秋田市在住の中学生時代に、「建設省勤めの父親と共に全国を転居する娘」とかの浮き草と仲が良かったようだった。

1964年(S39)東京オリンピック向けには3桁の地方出身者を採用していた当社東京だったが、俺が入社した1968年(S43)には1桁の採用しかなかった。内8割が地方出身者だが、殆どの者は関東圏に自宅を構え、子息は生まれつきの関東生まれとして振る舞っているらしい。改めて考えれば、退職後に故郷に戻っても両親や兄弟が健在ならばいざ知らず、見知らぬ人達の中に帰ることになる者もいるのだろう。それならば、上京以来人生の半分を過ごしてきた関東圏に済み、関東生まれの子供達に看取られて墓参りしてもらうのも良い末路であろう。あるいは、退職後は子供達と共に故郷に帰り、昔からの友人たちと酒でも酌み交わしながら、或る日ポックリという死に方もある。

それよりも羨ましいのは、生まれた故郷で一生を過ごし子を作り、その子供達に看取られて墓参りしてもらうことなのだろう。

COVID-19での突然死という身近な死に方を聞くと、見知らぬ土地で死ぬことになる自分が可哀そうにも思える。生れた故郷で死ねる人が羨ましい。

今年の降雪は如何⁉️

10/23は霜降(そうこう)也。霜が降り始め、紅葉が始まる頃で。霜降から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶとのこと。木枯らし1号は東京地方と近畿地方の1都2府4県限定で発表される情報である。10/22は霜降の前にも関わらず「東京で木枯らし1号が吹く」と語る天気予報士がいたが不思議。それはそれとして、なぜか関東地方、特に東京は寒いらしい。当地でも昨年よりは寒いようだ。降雪期になったら、大雪が降るかと思えば怖...

... 続きを見る

10/23は霜降(そうこう)也。
霜が降り始め、紅葉が始まる頃で。霜降から立冬までの間に吹く寒い北風木枯らしと呼ぶとのこと。木枯らし1号は東京地方と近畿地方の1都2府4県限定で発表される情報である。10/22は霜降の前にも関わらず「東京で木枯らし1号が吹く」と語る天気予報士がいたが不思議。それはそれとして、なぜか関東地方、特に東京は寒いらしい。
当地でも昨年よりは寒いようだ。降雪期になったら、大雪が降るかと思えば怖い。
20211023134335

しかし、青森県と秋田県にまたがる十和田湖は、例年ならば10月中旬~下旬頃に紅葉の見頃と報じられるが、2021今年は未だとのこと。近所の酸ヶ湯は積雪があったとのこと。
十和田湖マリーナYouTubeより (公式サイト)

寒露霜降立冬小雪大雪冬至小寒大寒立春雨水啓蟄春分清明穀雨立夏小満芒種夏至小暑大暑 立秋処暑白露秋分寒露

玉川温泉の硫黄採掘

秋田県と岩手県にまたがる標高1,614 mの八幡平の山頂近くにある鏡沼(直径約50m)で「ドラゴンアイ」が溶けたとの事だ。(6/9 開眼 | 八幡平ビジターセンター)秋田県鹿角郡生まれの俺にとって「焼山(やけやま)と言えば一つしか無いのだが、上京してから同名の山が多い事を知った。Wikipedia:秋田焼山 /焼山子供時代から後生掛温泉に湯治する母親の供をして夏休みになると八幡平を駆け回っていた。そんなウォーキングの中でも「後生...

... 続きを見る

秋田県と岩手県にまたがる標高1,614 mの八幡平の山頂近くにある鏡沼(直径約50m)で「ドラゴンアイ」が溶けたとの事だ。(6/9 開眼 | 八幡平ビジターセンター)


秋田県鹿角郡生まれの俺にとって「焼山(やけやま)と言えば一つしか無いのだが、上京してから同名の山が多い事を知った。Wikipedia:秋田焼山 /焼山

子供時代から後生掛温泉に湯治する母親の供をして夏休みになると八幡平を駆け回っていた。そんなウォーキングの中でも「後生掛温泉~焼山~玉川温泉」のコースは距離が短い事もあって好みであった。「~焼山~玉川温泉」間にも定番のルートが有るのだが、とある時、思い付きで阿部藤助[1]が経緯していた又一鉱山?(又一硫黄山?)を通るルートを通った事があった。当時にも既に廃坑となっていたが、人が暮らしていた気配は残っていて、子供心に不気味さを感じたものであった。
その後、横浜在住時代に
阿部藤助氏がテレビの温泉紀行番組に出演していたが、それっきり忘れていた。この度ヒョンな事で思い出し、向後の学習ネタとしてメモ。


過去記事:秋田焼山のこと / 懐かしの秋田焼山 / 2014秋の秋田焼山 / 秋田焼山も萌えて / 秋田焼山も萌えて2 / 秋田焼山「避難小屋工事」 /


八幡平ビジターセンター

後生掛温泉:思

終の棲家として石川県にJターンしたが、寄る年波と共に懐かしくなるのは故郷の秋田県である。特に、行きつけだった後生掛温泉は悲しさとともに思い出す。行けないからこそ、殊更に行きたくなる。ホテルは満員だが、湯治部はどうなのだろうか。途中の国道は大雪でも現地は地熱があり、雪は無い同然。【公式】後生掛温泉 | 十和田八幡平国立公園/温泉療養と湯治村...

... 続きを見る

終の棲家として石川県にJターンしたが、寄る年波と共に懐かしくなるのは故郷の秋田県である。
特に、行きつけだった後生掛温泉は悲しさとともに思い出す。行けないからこそ、殊更に行きたくなる。
ホテルは満員だが、湯治部はどうなのだろうか。途中の国道は大雪でも現地は地熱があり、雪は無い同然。

【公式】後生掛温泉 | 十和田八幡平国立公園/温泉療養と湯治村

ラジオの未来は

NHKが2019/04/01から、ラジオ第1とFMの配信をradiko(ラジコ)で始めるとの事。「radiko」NHK正式開始へ…第1とFM : 読売新聞オンラインradikoは、ラジオなどの放送と同時にインターネットで配信するサービスで、ラジオが無くともインターネットで聴ける。民放ラジオ93局と放送大学が視聴できていたが、NHKが参入する事で配信局が増える。聴取者はradiko経由で、NHKラジオ第1は全国8拠点局のうち最寄りの局が放送する...

... 続きを見る

NHKが2019/04/01から、ラジオ第1とFMの配信をradiko(ラジコ)で始めるとの事。
「radiko」NHK正式開始へ…第1とFM : 読売新聞オンライン
radikoは、ラジオなどの放送と同時にインターネットで配信するサービスで、ラジオが無くともインターネットで聴ける。民放ラジオ93局と放送大学が視聴できていたが、NHKが参入する事で配信局が増える。
聴取者はradiko経由で、NHKラジオ第1は全国8拠点局のうち最寄りの局が放送する番組を、NHK-FMは東京で放送する番組(東京1コンテンツ)を聴くことができる。
radiko公式サイト radiko.jp (radiko news)






 また、ラジオのAM放送を廃止しFM放送にするように民放連が総務省に制度改正を求める方針との事。
ラジオのAM放送廃止を要請へ FM一本化、民放連 | 共同通信
番組の放送を、ワイドFM(災害対策や都市部の難聴対策を目的に、同一番組をFMで流す補完放送)に一本化したい考えで、制度改正されれば北海道など一部地域を除き民放AM放送が無くなる可能性があるとの事。
ワイドFMは地上波テレビのデジタル化で空いた周波数を利用しているため、旧来のラジオでは受信ができない。その為、対応したラジオへの買い替えが必要となる。

これにより、ラジオ放送とは何ぞや(?)という議論も出るのかもしれないが、
NHKのラジオ第1放送FMラジオ放送ラジオ国際放送で毎日放送される放送されている深夜放送番組の『ラジオ深夜便』(公式サイト:ラジオ深夜便)なんぞは楽しみにしている者が多いと見るが、民放AM放送が無くなればNHKでもAM放送が無くなるのだろうか。
radio_shinya_man
AM放送が無くなった場合、ラジオ受信機のような手軽さで視聴できるのだろうか(?)と疑問である。

インターネットのラジオでも緊急速報は受信できるだろう。ワンセグからでも受信料を取るとほざくテレビやインターネットテレビを捨てて、ネットラジオを聴きながら、インターネットを楽しむというライフスタイルも悪くはない。
これまではネットラジオ視聴用としてタブレットには「NHKラジオ らじる★らじる」アブリ(公式サイト:NHKラジオ らじる★らじる」)を入れていたが、「radiko用アプリ」を追加した。しかし、GPS機能で現在地を求めるのが鬱陶しい。GPSでユーザーの所在地を特定し、そのエリア以外は受信できない。但し、有料のプレミアム会員となればエリア以外でも受信できるとの事だ。

故郷秋田の「鹿角きりたんぽFM」と、現住所野々市の「えふえむ・エヌ・ワン」をネット配信している「ListenRadio(リスラジ)」を利用してきたが、ネットラジオ視聴用に三つも準備するのは面倒だ。
04/01以降、タブレット用「らじる★らじる」アブリが存在しているなら「radiko用アプリ」は使わず、「ListenRadio」と組み合わせて二つだけを使う事にしよう。
という事でパソコン版のListenRadioを弄ってみたら聞こえない。2020年12月31日にサービス提供終了となるAdobe Fiash Playerをインストールしなければだめらしい(過去記事:Fiash Player対応状況:学)。
7月にリリース予定のChrome 76でAdobe Fiash Playerがデフォルトで無効になるのにのんきなもんだ。
WikiPedia:ラジオのサイマル配信サービス対応局の一覧
2019年1月現在、radiko.jpは日本の93の放送事業者により95のラジオ局が、LISMO WAVEは日本のFM放送の52局が、ドコデモFM(WIZ RADIO)、JFN PARKは日本のFM放送39局が聴取可能である。

エフエム石川(公式サイト)が受信できれば、radikoアプリをインストールする必要は無い...ということならJFN PARKをインストールすれば済む。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラジスマというスマホ機種が出現しているようだ。以前はガラケーにもFM・AMラジオを受信できる機種があった。いつの間にか、ラジオ機能は無くなりワンセグ機能に取って代わったが。
ラジスマ | 民放ラジオ101局「ラジスマ」キャンペーン

真冬の大泥火山:学

1/22下見「おどろきの景色!真冬の大泥火山in後生掛」行きました。 - 八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~」を拝読した。ブログは、一般財団法人 自然公園財団の八幡平ビジターセンタースタッフが書いている。秋田県と岩手県の分水嶺となる八幡平にある後生掛温泉のそば、後生掛自然研究路にある大泥火山。大泥火山の規模は日本一で、高さは1~2mで、地下7~8mのものが8個連なっている。昔は沼であったが大正6年頃から成長を始め、噴...

... 続きを見る

1/22下見「おどろきの景色!真冬の大泥火山in後生掛」行きました。 - 八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~」を拝読した。ブログは、一般財団法人 自然公園財団八幡平ビジターセンタースタッフが書いている。




秋田県と岩手県の分水嶺となる八幡平にある後生掛温泉のそば、後生掛自然研究路にある大泥火山。
大泥火山の規模は日本一で、高さは1~2mで、地下7~8mのものが8個連なっている。昔は沼であったが大正6年頃から成長を始め、噴気孔の周りに泥が円筒状に堆積して火山のような形をしている。普段はおとなしいが、数年ごとに噴出し小さな火山のようになっている。周囲には硫化水素ガスに耐えられる植物が生育しており、イソツツジガンコウランシラタマノキイオウハナゴケヤマタヌキランキタゴヨウなどがある。
真冬の大泥火山を見るのは初めて也....ということで、シェア

秋田054【後生掛自然研究路】鹿角市《地球のつぶやきを聞こう》


関連過去記事:秋田焼山「避難小屋工事」 / 秋田焼山も萌えて2 / 秋田焼山も萌えて / 2014秋の秋田焼山 / 懐かしの秋田焼山 / 八幡平山頂の日の出 / ドラゴンアイ出現-八幡平 / 日本の温泉にも多い /

ドラゴンアイ出現-八幡平

八幡平にドラゴンアイ出現 「観光の目玉に」【動画】|秋田魁新報電子版 KyodoNews YouTubeより5月の下旬から6月の上旬にかけて八幡平頂上付近の鏡沼の雪解け状況が、まるで竜の目のように見えることより「八幡平ドラゴンアイ」と呼ばれている。  akitavision YouTubeより 朝日新聞社YouTubeより 八幡平の登山&温泉情報|登山初心者でも安心の厳選2ルート|YAMA HACKWikiPedia:八幡平 / 八幡沼、ガマ沼、鏡沼関連過去記...

... 続きを見る

八幡平にドラゴンアイ出現 「観光の目玉に」【動画】|秋田魁新報電子版

KyodoNews YouTubeより
5月の下旬から6月の上旬にかけて八幡平頂上付近の鏡沼の雪解け状況が、まるで竜の目のように見えることより「八幡平ドラゴンアイ」と呼ばれている。








 akitavision YouTubeより

朝日新聞社YouTubeより

八幡平の登山&温泉情報|登山初心者でも安心の厳選2ルート|YAMA HACK
WikiPedia:八幡平 / 八幡沼、ガマ沼、鏡沼
関連過去記事:秋田焼山「避難小屋工事」鹿角の大日堂 / 秋田焼山も萌えて2 / 秋田焼山も萌えて / 後生掛温泉の今昔 / 八幡平温泉郷の昔 / 後生掛温泉に行く

来る五月に向けて

Facebookで「友達登録」している人が、アクセスしなくなった。既に3カ月は経つ。記事を書かずとも、シェアするとかはしている人である。何もシグナルが無い事を訝しく思っている。鹿角市周辺の情報をネット発信している人で、俺がインターネットを始めた頃からのお馴染みさんだ。彼の充実したサイトが有る事を知ったから、俺のサイト創作意欲が失せたとも言える。それほどに充実している。鹿角市周辺のサイト等では彼の手に拠ると...

... 続きを見る

Facebookで「友達登録」している人が、アクセスしなくなった。既に3カ月は経つ。
記事を書かずとも、シェアするとかはしている人である。何もシグナルが無い事を訝しく思っている。
鹿角市周辺の情報をネット発信している人で、俺がインターネットを始めた頃からのお馴染みさんだ。
彼の充実したサイトが有る事を知ったから、俺のサイト創作意欲が失せたとも言える。それほどに充実している。

鹿角市周辺のサイト等では彼の手に拠ると思われる物が多いが、それらの更新もなされていないようだ。
体調が優れないのだろうか....それとも。
彼の年齢は伺っていないが、俺よりはかなり先輩とお見受けしている。つつがない事を祈るだけだ。

今年も四月になって早くも10日近くが経つ。本日7日は、当地野々市市では例年であれば入学式となる日なのだが、今年は土曜日に重なったため月曜日(9日)に繰り延べとなった。子供達は少しは儲け。
一方、新入学や入社した人、退職して第二の人生を始めた人が、ブログを始めたというケースも見受ける。

そんな人の行き来を眺め、誠に久しぶりに「お気に入りを整理」する事にした。
過去記事:消えた某ブログ / 馴染みのブログが消える / ヨッシーの思い出 / 消えたお気に入りブログ / 「ブログの書き方」考

アニーローリー (JR北陸本線 野々市駅 接近メロディー )


出身地に見る帰巣本能

 一昨日前からの降雪は断続的に続いている。予報では明日の午前中まで続くそうだ。雪は飽きた。今日は2月13日。退職予定者も就職予定者も、それぞれ準備を始めているのだろうか。秋田県出身の俺が、終の棲家として石川県を選ぶというのも珍しいだろうと思う。秋田県の中でも、生まれ在所の鹿角郡(現・鹿角市)は奥羽山脈の分水嶺へと続く寒い地域である。小学校低学年の頃に親父の転勤に伴って転居した秋田市は日本海からの西風が...

... 続きを見る

 一昨日前からの降雪は断続的に続いている。予報では明日の午前中まで続くそうだ。雪は飽きた
今日は2月13日。退職予定者も就職予定者も、それぞれ準備を始めているのだろうか。

秋田県出身の俺が、終の棲家として石川県を選ぶというのも珍しいだろうと思う。
秋田県の中でも、生まれ在所の鹿角郡(現・鹿角市)は奥羽山脈の分水嶺へと続く寒い地域である。小学校低学年の頃に親父の転勤に伴って転居した秋田市は日本海からの西風が寒く、鹿角市ほどではないものの冬季は朝の除雪から一日がはじまった。小学校から高校まで、出社前には大通りへ続く私道の雪掻きをしていた親父の姿が冬の景色の一コマであった。そんな寒さに嫌気が差したのであろう親父は、退職が見えた時点で暖かい地域へ転居した。

そのおかげで俺は、極稀には雪が降り、些少の雪に大騒ぎするような横浜市に住み、秋田での寒さや雪なんちゅう物とは縁遠い生活を堪能して人生の大部分を暮らす事ができた。退職間際に移り住んだ鎌倉も、寒さの話題は出ない土地だった。
そのような暮らしができることは、出征前は東京で暮らし南方で終戦を向かえた親父の、「雪の降る寒い所で暮らしたくない」という暖かい土地への憧れがあったからだったのだろう。

♪あぁ、それなのに...バカな倅はまた、豪雪地帯と認定される石川県で死ぬ道を選んでしまった。
どこで死んでも同じだろうと考えた上での土地選びであったが、いざ暮らしていると年寄りとしては寒さが堪える。
しかし、太平洋側の「地震が来るよ」と脅かされる地域よりは安心して暮らせると言うべきか。とは思うものの、老後や死後を心配するくらいならば、いっそのこと予想しない巨大自然災害で死ぬというのも悪くは無かったな~と思ったりもする。それでも、天下の首都圏で老後を暮らすよりは、Jターンした事を是と考えている。(Uターン / Iターン)
なごり雪 - イルカ (伊勢正三が作詞・作曲したかぐや姫の楽曲)



俺の知る団塊世代の人達では、東北出身者の就職先は「東北第一の都会である仙台」が多かった。東京圏に就職した者は少なく、居ても早い時点で東北圏にUターンしている。少なくとも退職すればUターンしている。
一方、鹿児島出身者の就職先は東京圏が多かった。(何故か俺は、関西以南の人、特に鹿児島県人は大好きだ) 鹿児島以外の九州圏出身者の就職先は「九州第一の都会である福岡」が多かったと聞くが、福岡を素通りして大阪圏を選ぶ者も多かったと聞く。しかし、福岡や大阪圏への就職者の状況は知らない。俺の知る東京圏就職組の鹿児島出身者の場合、東京圏で作った家を終の棲家としUターンしない者が多い。勿論、東北出身者と同様に早い時点で九州圏にUターンした者もいるが、圧倒的に戻らないと決めた者の方が多い。
昔の地方出身者は「東京に行かなければ有名になれない」として上京し、有名に成れず故郷に錦を飾れなかった者が多かったようだ。また、有名に成っても故郷へは戻らなかった者も多かった。
東北出身者と九州出身者を比べても、帰巣本能に差異があるのかは解らない。
しかし、故郷を出るにあたっての覚悟として、「帰り易さ」のポイントは高いのではないだろうか。

今では新幹線で日帰りできる故郷が多い。しかし、俺が秋田から就職上京する頃は汽車ポッポで1日掛かりだった。あの距離と時間は「故郷を捨てる」と身に染みて考えるには十二分であった。過去記事:東京に行く事
一方、九州出身者は当時最先端の寝台車を利用したと聞く。「目が覚めれば到着」していた距離感は「身近な故郷」感覚が残るのではないだろうか。古くより、沖縄からの就職者には飛行機を利用させたそうだ。これは、長時間掛けて海を渡った遠い故郷という感覚を拭うことで、ホームシックにならないように取り計らった事と聞く。

政府の中央官庁勤務者は、出身地によって勤め先が決まる的なことが未だにあると聞く。また、聊か古い話題だが、警視庁には鹿児島出身者が多く、銭湯を営むのは新潟出身者が多いそうだ。
先輩の伝手を頼りに故郷を離れ、先輩の指導を受けながら人生を歩み、そして上京地で花を咲かせ散る...

今東京で先祖代々の江戸っ子を気取っている人達は、徳川の城江戸の町を作る際に茨城あたりから連れてこられた作業員と女郎との間に生まれた子供の子孫だろうか。その子孫が「徳川様の世」から代る時に進軍して来た薩長の田舎侍と懇ろになって東京ができたかと考えれば、東京の有難味も薄れるというものだ。WikiPedia:江戸言葉
もっとも、古代より日本全国で男性の移動は盛んだったというから、地域の固定種は女性だけかも知れない。

今年(2018年)の3月31日に退職する人達は、1952年(S27)生まれの人達(182.9万人)で、いわゆる「ポスト団塊の世代」とか「しらけ世代」と呼ばれる年代だ。団塊世代新人類との繋ぎとなり、バブル景気が起こる前に成人した。
1950年代前半に生まれた世代は高度経済成長時代初期に小学校入学、大学進学率は20%ないし30%であり、「金の卵」として中卒や高卒で集団就職した者が多かったとのことだが、退職後の彼等は故郷に帰るのだろうか。
1952年12月31日に日本劇場第4回NHK紅白歌合戦をテレビ・ラジオ同時生中継。この回から紅白は毎年大晦日に開催となった。日劇は惜しまれて過日(02/04)営業終了した。紅白音楽試合は執拗に続くらしい。


マンガで読む NHKヒストリー | 特集記事から探す | NHKアーカイブス
俺も長生きした場合に備えて、少し若い年代の気の合いそうな地域のネット友を探す事にしよう。

ふるさとのはなしをしよう
 歌詞
歌:北原謙二     作詞:伊野上 のぼる     作曲:キダ・タロー


関連過去記事:野々市の人になって1年が経つ / 44年が過ぎる / 東京圏の年寄は脱出を

御札を焼く

今日は小正月である。左義長はこの日であるが、当地町内ではカレンダーに合わせて日曜の昨日行われた。子供会の名目で行われるため、朝から元気な声が取りまとめの声が玄関を回っていた。豪雪も治まった天候となり、良い日取りであったと言うべきだろう。左義長は地方により色々な呼び方がある。東北の仙台で行われる「どんと祭」は「どんと焼き」に似て聞こえるが違うのであろうか? 俺の中では「どんど焼き」と記憶するが、鹿角...

... 続きを見る

今日は小正月である。左義長はこの日であるが、当地町内ではカレンダーに合わせて日曜の昨日行われた。
子供会の名目で行われるため、朝から元気な声が取りまとめの声が玄関を回っていた。
豪雪も治まった天候となり、良い日取りであったと言うべきだろう。

左義長は地方により色々な呼び方がある。東北の仙台で行われる「どんと祭」は「どんと焼き」に似て聞こえるが違うのであろうか? 俺の中では「どんど焼き」と記憶するが、鹿角市⇒秋田市と転居したので定かではない。
古くは小正月までが松の内だった(この日まで門松を飾った)ものが、江戸時代に徳川幕府の命により1月7日の大正月までとされたが、関東地方以外には広まらなかった。
鏡開きは関東圏では松の内(1月7日)が終わった後の1月11日に行われるが、関西圏では小正月の今日(1月15日)とNHKが報じていたが、土日に合わせるだろうかしらん? 過去記事:鏡開き / 鏡餅を飾る
親父は、アチコチへの旅のついでに神社を参拝しては御札を求めてきていた。
自宅の神棚にはアチコチの御札が納められていた。御札は昨年のそれを焚いてもらい、新しいそれをもらい受けるのだが、御焚き上げする社寺を知らなかったのだろうか兎に角増える一方であった。
親父が逝った後でそれを知り、生ごみ処分ともいかずに、近所の神社に訳を告げて御焚き上げを依頼した。
左義長になると想い出す。

過去記事:2017/01/15積雪あり / 水爆実験報道に思う / 神様が喧嘩する?
勝山左義長まつり /今尾の左義長まつり
勝山左義長まつり(福井県勝山市)【第19回優秀賞】

地域づくりTV YouTubeより