無無無庵2

(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

Google.Pingは終了したが

この記事は2023/07/17に初書きした。2023年内で「Googleが、サイトマップのPing更新通知のサポートを終了」との事であった。ということなら、年が改まる頃には対策を解説したサイト記事が出るだろうと思っていたのだが、既に2024年も2月になったというのに何も出てこない🤓本件を知る以前は下記を「GoogleのPing先」としていたが、現在は外している。しかし、それにも関わらずサーチコンソールインサイト(Search Console Insights...

... 続きを見る

この記事は2023/07/17に初書きした。
2023年内で「Googleが、サイトマップのPing更新通知のサポートを終了」との事であった。ということなら、年が改まる頃には対策を解説したサイト記事が出るだろうと思っていたのだが、既に2024年も2月になったというのに何も出てこない🤓
本件を知る以前は下記を「GoogleのPing先」としていたが、現在は外している。しかし、それにも関わらずサーチコンソールインサイト(Search Console Insights)でのヒット数は増えている..不思議也。何かするべきことがあるのだろうか🤔
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
ターナルとPowerShellでpingのテストをしたが、ping www.yahoo.co.jp も ping www.google.co.jpも通らない。素人考えするには俺側のルーターかCATVがpingのテストをさせてくれないのだろう。
20240207152646
ping: The term 'ping' is not recognized as a name of a cmdlet, function, script file, or executable program.
Check the spelling of the name, or if a path was included, verify that the path is correct and try again.

以下の記事によれば、「GoogleのSEOスターターガイド改定版」からモバイルフレンドリーのセクションは完全に削除されたそうだ。MFIとやらの騒動は何だったのだろう。

Google、SEOスターターガイド改定版をリリース。ワード数半減でコンパクト化、でも中身は濃く(24/02/05)
Google は、「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」を改訂した。
 

以下は、2023/07/17に初書き分


Google、サイトマップのPing更新通知のサポートを年内で終了(23/06/27)
Google は、サイトマップの Ping 更新通知のサポートを今年いっぱいで終了する。すずき注:ここでいうサイトマップは、検索エンジンのための XML サイトマップ。ウェブサイトで公開するユーザーのための HTML で作成したサイトマップページのことではない。
 
ここでいうサイトマップは、検索エンジンのための XML サイトマップ。ウェブサイトで公開するユーザーのための HTML で作成したサイトマップページのことではない。

本件に関するその後の情報

「Yahoo seo Google」サイトでの連載

  1. SSL化したFC2ブログのPing送信先に留意(20/07/10)
  2. サイトマップのlastmodはリダイレクトでGoogle seoに関与するようになったのか?(23/06/28)
  3. サイトマップによる混乱は最終更新日時が原因 (23/12/29)
  4. リンクの接続と切断がGoogle seoに関係か?(24/01/01)
  5. RSSの変更でGoogleオフライン処理が更新されたのか?(24/01/11)
  6. RSSの1件表示は当ブログのGoogle seoには正解(24/01/25)

その他の情報


古いネット記事(参考)

サイトマップの送信が簡単になりました  |  Google 検索セントラル ブログ  |  Google for Developers(2009年4月2日)
Google Search Console へのサイトマップの更新通知を GitHub Actions で定期実行しよう | fwywd(フュード)powered by キカガク(21/06/04)

「Bing」検索エンジンPing送信先

http://www.bing.com/ping?sitemap=エンコード変換したサイトマップアドレス

オンラインURLエンコード変換ツール

https://tech-unlimited.com/urlencode.html

関連過去記事:ping送信先を見直し /

Facebookの埋め込み❓

Firefoxのブラウザプライバシーで「強化型トラッキング防止機能」を『厳格』にすると、Facebookの埋め込みが表示されなくなるようだ。『例外を管理』としてFacebookのURLを登録しても変わりない。『厳格』にしたままで「Facebookのトラッキング防止」を掻い潜る方法は無いのか? Firefox ヘルプデスクトップ版 Firefox の強化型トラッキング防止 | Firefox ヘルプFacebook 利用時の問題 | Firefox ヘルプトラッキング防止によるサイ...

... 続きを見る

Firefoxのブラウザプライバシーで「強化型トラッキング防止機能」を『厳格』にすると、Facebookの埋め込みが表示されなくなるようだ。
『例外を管理』としてFacebookのURLを登録しても変わりない。
『厳格』にしたままで「Facebookのトラッキング防止」を掻い潜る方法は無いのか?

Firefox ヘルプ


類似する症状に対する解説


ということで、「強化型トラッキング防止機能」は『厳格』にせず、『標準』で

表を簡単に作るツール

この10年ほどは、ブログを書くだけで、HTMLタグとやらには触れた事が無い。それ以前だってXOOPを使っていたからHTMLタグには無縁であった。そもそも英語に馴染めない俺としては、HTMLタグなんてのは頻繁に用いざるを得ない頃を過ぎるとすぐに忘れてしまった。偶々最近になって、暇つぶしに「ホームページ作りでもしてみようか」なんて思いついた時にはWebオーサリングツールでもということで物色したが(Web Designer.学)、結局は...

... 続きを見る

この10年ほどは、ブログを書くだけで、HTMLタグとやらには触れた事が無い。
それ以前だってXOOPを使っていたからHTMLタグには無縁であった。
そもそも英語に馴染めない俺としては、HTMLタグなんてのは頻繁に用いざるを得ない頃を過ぎるとすぐに忘れてしまった。偶々最近になって、暇つぶしに「ホームページ作りでもしてみようか」なんて思いついた時にはWebオーサリングツールでもということで物色したが(Web Designer.学)、結局はタンスの肥やし状態であったため、アンインストールしてしまった。

最近になって「ブログでも表を書きたい」と思う場面があった。昔のブログには付録として「HTMLで表を簡単に作るツール」があったが、最近は無いようだ。
ならば..という事で、Webオーサリングツールを再インストールすることを考えたが、この先の使用頻度を思えれば無駄でしかあるまい。しかし、最近の文化では、爺の思いつきにも応えてくれる。これで十分..と、メモ。

HTMLで表を簡単に作るツール

Chrome.改行の位置

Chromeは完全にアンインストールした俺には関係無いが..他のWebブラウザにも欲しい機能也..その内出るだろう、とメモ。文の途中でのおかしな改行がなくなる? Chromeに日本語の改行位置の自動調整機能が追加へ【やじうまWatch】(23/12/15)Chromeに、日本語を適切な位置で改行する機能が新たに追加されたことが明らかになった。これは単語の区切りにスペースを使用しない日本語において、自然なフレーズの境界で行を折り返す機...

... 続きを見る

Chromeは完全にアンインストールした俺には関係無いが..
他のWebブラウザにも欲しい機能也..その内出るだろう、とメモ。

文の途中でのおかしな改行がなくなる? Chromeに日本語の改行位置の自動調整機能が追加へ【やじうまWatch】(23/12/15)
Chromeに、日本語を適切な位置で改行する機能が新たに追加されたことが明らかになった。これは単語の区切りにスペースを使用しない日本語において、自然なフレーズの境界で行を折り返す機能。Chrome 119 以降の「word-break: auto-phrase」で導入される
 
改行をコントロールする方法として、改行可能位置を指定するタグなどの紹介もされている。

俺の妄想だが..Chromeユーザーが書いたブログを、他のブラウザのユーザーが見ると、妙な位置で開業される..なんて事が起こるのだろうか🤖

FC2ブログの広告.2023'-2

11/22 朝、追記本件に関する疑問は払拭できましたので、質問を取り下げます。回答いただいた方には、御礼申し上げます。要するに私の心配したような「訪問者の目に触れる広告出ていない」ということです。出ている広告とは、ブログの管理ページでの出来事でした。お騒がせしました。皆様、特にスマホでアクセスしている人に質問です。このブログを閲覧する際に、広告は出ているでしょうか??FC2ブログの広告.2023'-2毎年のように8月...

... 続きを見る

11/22 朝、追記

本件に関する疑問は払拭できましたので、質問を取り下げます。
回答いただいた方には、御礼申し上げます。

要するに

私の心配したような「訪問者の目に触れる広告出ていない」ということです。
出ている広告とは、ブログの管理ページでの出来事でした。お騒がせしました。
イラスト

皆様、特にスマホでアクセスしている人に質問です。
このブログを閲覧する際に、広告は出ているでしょうか??

FC2ブログの広告.2023'-2

毎年のように8月早々頃には『今年は広告が付きません』的な告知が成されるFC2ブログだが、今年は告知が無いので、23-08-04 「FC2ブログの広告.2023'」のとおり、2023今年は広告が無いんだな~とガテンしていた。
俺は、パソコン・Androidのタブレットとスマホ共にFirefoxとMicrosoft Edgeに広告ブロックの拡張機能を利用しているので、広告が付いても判らない環境である。本日暇つぶしに「FC2リクエスト」を覗いたところ『えげつない広告をなんとかして』的なリクエストの書き込みが多いので、へぇ~である。
ということで、広告ブロック機能を設定できないChromeをAndroidのAndroidのタブレットとスマホに入れてみたが、やはり広告は出ない..不思議なので、来訪者に尋ねることにした。

スマホで、お越しなら

タブレット・スマホで、このブログを見ると画面右上の [ ≡ ]のクリックで、パソコンと同じメニューが表示。 [ × ]のクリックで、メニューが閉じる。 ⇒  ...

... 続きを見る

タブレット・スマホで、このブログを見ると
画面右上の [ ]のクリックで、パソコンと同じメニューが表示。
[ × ]のクリックで、メニューが閉じる。
20221211191708   20221211192807

MFI化移行完了宣言.考

Googleのモバイル ファースト インデックス(MFI)化の強制執行計画は掛け声は聞こえていたが、頓挫したのかとも思っていた。しかし、移行完了を公式宣言したそうだ。Google、モバイルファーストインデックスの移行完了を公式に宣言モバイル ファースト インデックスへの切り替えがすべてのサイトで完了したことを Google は検索セントラルブログで宣言した。 とは言うものの、全てのサイトが MFI に移行したわけではなく、実...

... 続きを見る

Googleのモバイル ファースト インデックス(MFI)化の強制執行計画は掛け声は聞こえていたが、頓挫したのかとも思っていた。しかし、移行完了を公式宣言したそうだ。

Google、モバイルファーストインデックスの移行完了を公式に宣言
モバイル ファースト インデックスへの切り替えがすべてのサイトで完了したことを Google は検索セントラルブログで宣言した。
 
とは言うものの、全てのサイトが MFI に移行したわけではなく、実際には移行していないサイトや、移行できないサイトが残っているそうだ。

MFI が発表された頃はSEO界隈の大騒ぎがあり、移行の対応を行ったサイトが少なくないそうだ。このブログでも、兎角そそっかしい俺としては時流に乗り遅れまいとしてMFI化を目指した。当時のブログを検索しても少なくない記事数である。
関連過去記事:ネット世界の生き残り:2 / レスポンシブvs広告 / ネット世界の生き残り / 未だMFIが適用されず / MFI化の適用-まとめ / BingWebmasterTools / MFI化の適用チェック / サチコの妹 / FC2にMFI移行の通知は? / SearchCoと別離-05/29 / MFI化の向後:考 / 本ブログがMFI化された / 未だMFIが適用されず-2 / 新しいrobotsタグ.学 / MFI移行.来年上半期? / MFI化完了着地は無期限 / MFI化はどうでもよい / MFI化はどうでも.2
一時はMFI化を放棄したが、忘れた頃の今年23/05月頃にMFI化された
🤖
MFI化される条件として、Googleが勝手に決めた諸々があるとのことであった。
中でも、『同一の記事に複数のURLでアクセスできるのはダメ』ということで、「パソコンとスマホのアクセスURLが異なる」のを防止するために「レスポンシブWEBデザイン」を利用している。しかし、このブログがMFI化された今、改めてその効果を考えると些かの疑問を覚える。

このFC2ブログのテンプレートは、公式と称するFC2ブログ謹製の物と、共有と称する有志作成の物が、其々パソコン用とスマホ用がある。無論、自分で作成しても良い。
FC2ブログ以外の殆どのレンタルブログでは、パソコン用・スマホ用共にレンタルブログ会社が提供するテンプレートの中から選んで使う。会社側はMFIを意識しているのか「スマホ用テンプレート」への集客を目論んでいるらしく、人目を曳く・使ってみたくなる・多機能の「スマホ用テンプレート」が多い。しかし、FC2ブログの「スマホ用テンプレート」は簡素と言うか..つまらない物ばかりだ。あれでは「レスポンシブWEBデザイン」を使わなければ面白くもあるまい。
スクリーンショット 2022-12-11 162630

MFI化される条件として「レスポンシブWEBデザイン」の適用が云々されている。
しかし、livedoorブログ等の「パソコン用とスマホ用として別個のテンプレートを使っている」場合でも立派にMFI化されている。むしろ、FC2ブログよりも早い時期にMFI化された。ということは、レスポンシブはMFI化の条件では無いのかも知れない。また、検索エンジンにインデックされるのも大いに早い..勿論、記事の内容にもよるのだろうが、FC2ブログの売れっ子と比べても早いと見る。
ならば、スマホ用テンプレートを使おうか..とも思うが、FC2ブログの其れは楽しくない。テンプレートやプラグインの作成スキルの無い俺としては悩ましい。

「404 Not Found」注意

「404 Not Found」ページに悪意のあるコードを埋め込むサイバー攻撃が発見される【やじうまWatch】 「404 Not Found」ページを悪用したサイバー攻撃が確認されたという。 Magecartと呼ばれる一連のサイバー攻撃の新たな手口404 not foundの意味とは?原因と対処方法を解説 | トレードエコシステム事業サイト_Webマーケティング実践のためのウェブ活用ラボ...

... 続きを見る

AmazonAws.com.学

このブログのアクセス解析で。10日ほど前にはApplebotの巡回を確認したが、数日前から「compute.amazonaws.com」とか「compute-1.amazonaws.com」なる物が大量に来ている。こんな感じ也「ec2-◯◯-◯◯-◯◯-◯◯.compute-1.amazonaws.com」。あのAmazonかしらんと思ったが、「AmazonAws.com」なる別物らしい。AmazonのAWSを利用したスパムアクセスという記事もある。要するに「Amazonbotを名乗るホスト名」と独断する。ネット検索では拒否...

... 続きを見る

このブログのアクセス解析で。10日ほど前にはApplebotの巡回を確認したが、数日前から「compute.amazonaws.com」とか「compute-1.amazonaws.com」なる物が大量に来ている。こんな感じ也「ec2-◯◯-◯◯-◯◯-◯◯.compute-1.amazonaws.com」。
あのAmazonかしらんと思ったが、「AmazonAws.com」なる別物らしい。AmazonのAWSを利用したスパムアクセスという記事もある。
要するに「Amazonbotを名乗るホスト名」と独断する。
ネット検索では拒否する方法として「.htaccess」に書く方法が多いが、このブログでは「.htaccess」は使えない。よって「robots.txt」を使用する事になるが、よく判らないので当面放置する。

いずれにしても、About Amazonbot (https://developer.amazon.com/ja/support/amazonbot)を読む限りでは、「Amazonbot」が別にあり「AmazonAws.com」とは異なると読んだ。今のところ、「Amazonbot」は来ていない。
Amazonbot を特定するにはどうすればよいですか? (Robots.txtサンプル有)
ユーザー エージェント文字列には、追加のエージェント情報とともに「Amazonbot」が表示されます。例は次のようになります。
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_10_1) AppleWebKit/600.2.5 (KHTML\, like Gecko) Version/8.0.2 Safari/600.2.5 (Amazonbot/0.1; +https://developer.amazon.com/support/amazonbot)
改めて「AmazonAws.com」のネット記事を読み直すと「FacebookやTwitter等のSNSで言及された記事を探しているのでは」的な記事もある。要するに触らない方が無難そうだ。ちなみに「AmazonAws.com」のユーザー エージェント例はこんな感じ
Mozilla/5.0 (compatible; Bytespider; spider-feedback@bytedance.com) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.0.0 Safari/537.36

「compute.amazonaws.com」を拒否するrobots.txt

  • Amazonbot - SAKI Web Design
    この解説は「Amazonbot用の拒否robots.txt」とあり、「AmazonAws.com」用ではないと思われる。いずれにしても探求はしていない..メモ。

関連記事:ネットのクローラ.学 / robots.txt:学 / Applebotの巡回を確認 / ChromeのUA文字列.学 / 生成AIは、対手を知る

WordPressを削除した

FC2ホームページを無料レンタルしていた。殊更に使用目途は無かったのだが、RSS用のHTMLを置いていた。レンタル容量の中にWordPressを置けるということになり、手を伸ばしていたが、プラグインのバージョンupの認証をする為にログインするだけであった。現在の記事はゼロ。このFC2ブログに飽きたら引越しでもするか..程度の悪戯心でいたが、今になれば飽きたとしても浮気心は失せている。そんなWordPressにマルウェアが出現との...

... 続きを見る

FC2ホームページを無料レンタルしていた。
殊更に使用目途は無かったのだが、RSS用のHTMLを置いていた。
レンタル容量の中にWordPressを置けるということになり、手を伸ばしていたが、プラグインのバージョンupの認証をする為にログインするだけであった。現在の記事はゼロ。このFC2ブログに飽きたら引越しでもするか..程度の悪戯心でいたが、今になれば飽きたとしても浮気心は失せている。そんなWordPressにマルウェアが出現との事。俺の環境ではワッカリマシェンが、暗い道は危ない。早速、WordPressを削除した。

WordPressに新たな管理者アカウントを作成してサイトを乗っ取るマルウェアが出現 - GIGAZINE(23/10/13)
WordPress向けセキュリティプラグイン・Wordfenceを開発しているDefiantが、本物のWordPressプラグインを装いつつさまざまなタスクを実行できる、高度なバックドアとして機能するマルウェアの存在を明らかにしています。