無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

COVID-19渦の未来

COVID-19渦の未来

COVID-19感染対策の現状は御粗末の一言だろう。それでも、政権と、政権の御指導よろしいNHKニュースやワイドショの教宣がよろしいようで、9月には収束が...とかの戯言を信じている人も少なくないようだ。9月はおろか、年内にどれくらいの接種が受けられるだろうか。来年の秋までに多少なりともの人数に打てれば上出来だろう。今年の秋には、収束とか終息なんて話題は出てこないかも知れない。現在は医療崩壊を心配しているが、...

... 続きを見る

COVID-19感染対策の現状は御粗末の一言だろう。
それでも、政権と、政権の御指導よろしいNHKニュースやワイドショの教宣がよろしいようで、9月には収束が...とかの戯言を信じている人も少なくないようだ。
9月はおろか、年内にどれくらいの接種が受けられるだろうか。来年の秋までに多少なりともの人数に打てれば上出来だろう。今年の秋には、収束とか終息なんて話題は出てこないかも知れない。
現在は医療崩壊を心配しているが、葬儀崩壊、すなわち火葬の方法と埋葬場所を心配したほうが適当な時期に成っていると思うのだが、日本人とその政府は心の底では考えても、おくびにも出すまい。
いずれにせよ、ワクチンを打ったからといっても鉄腕アトムにはならない。
それにしても、日本政府がアメリカの製薬メーカーに拘りイギリスを見ていないのは何故? 絶対に裏金を貰っている誰かがいるな、きっと🤬
💀
現在のCOVID-19は感染症法により、法的な分類は「二類感染症」となっている。
感染力・重篤度・危険性が高く、早急な届出が必要になる
急性灰白髄炎結核ジフテリア重症急性呼吸器症候群(SARS、コロナウイルスに限る)、中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザ(H5N1H7N9に限る)
インフルエンザ(鳥及び新型インフルエンザ等感染症を除く)」は五類感染症であり、ウイルス性肝炎(A型及びE型を除く)、後天性免疫不全症候群(HIV・エイズ)、風疹麻疹破傷風等と同格である。「新型インフルエンザ等感染症」は既知の感染症の中で、上記の一から三類に分類されない感染症で、一から三類に準じる対人、対物措置が必要な感染症。一年以内の政令で定める期間に限り、感染症法の規定を準用する当該期間の経過後、1回に限り、一年以内の政令で定める期間に限り延長することができる。

したがって、医療崩壊が懸念(なっている?)される今、COVID-19を「二類感染症」から格下げすれば心配は雨霧散消するということだ。アメリカの事例に見るとおり、高額な医療費を払ってまでCOVID-19肺炎の治療をする経済力を持った人達は少ないだろう。治療どころか、PCR検査を始め、国費で行っている検査は全て個人負担となり、医療崩壊は防止できるということだ。インフルエンザのワクチン接種と同程度に行政からの補助は行われるかも知れないが、現在のように全額を国が負担しなければならない法的な制限は無くなる。ということで、政権は考えているだろうな~

ワクチンが出回り、副作用の心配も検証され、さて俺も接種を受けようか..と思った頃には、「二類感染症」から格下げされて、個人負担になるかもしれない。

街角インタビューに応じる世の中の人々は、「子供の学校が」とか「いつまで続くのか」とか他人事のように言うが、自分自身がそんな未来を心配する必要のないかも知れない☠️ことを考えているのだろうか。COVID-19渦の以前と同じ生き方をしたままで未来を暮らせると考えるのは捨てたほうが良いかもしれない。「明けない夜が来る」ことに備えよう。新しい暮らし方と死に方を探そう。

過去記事:COVID-19の、20日本 / 老人ホームの入居希望 / ウィズコロナと言うが !? /

ブログの書き方:再考

ブログの書き方:再考

以前より1日に書くブログの記事数を減らすことを考えていた。しかし、暇人は日々徒然に書きたいことが多いようで、なかなか記事数が減らない。原因は、ひとえにブログ記事を 「1タイトルを1記事」 としている為だろう。しかし、世の中の出来事に逐一難癖を着けているためかも知らんが、なかなかタイトル数が減らない。ということは、当然記事数も減らない。難癖が多いという事は、自分なりに関心を持つ出来事が多いのだろう。くど...

... 続きを見る

以前より1日に書くブログの記事数を減らすことを考えていた。
しかし、暇人は日々徒然に書きたいことが多いようで、なかなか記事数が減らない。
原因は、ひとえにブログ記事を 「1タイトルを1記事」 としている為だろう。
しかし、世の中の出来事に逐一難癖を着けているためかも知らんが、なかなかタイトル数が減らない。ということは、当然記事数も減らない。難癖が多いという事は、自分なりに関心を持つ出来事が多いのだろう。くどくどと書くのが面倒なこともあり、「世見爺壱語」 という愚痴るカティゴリを設けてみたが、たいして減らない。それでも、ブログの書き込みを減らしたいと思う...記事数が増えると「あれは何時頃?」を思い出すのが難しくなり、記録としてのブログの意義が薄れると考える。ブログを書くのも疲れると思うのだが、なぜか増えるというのは、要するに暇なのだろう。ブログに1日1記事 では不足の場合、書きたいことがあったら掲示板に書くことを思いついたのだが、それも儘に成っていない。

ならばということで、別にブログを設けようかと考えてみた。
現行に類似するブログのタイトルを考えたところ、加賀市山中温泉に「無限庵御殿」なる石川県指定文化財が有る事を知った。加賀藩家老であった横山家が金沢市の邸内に建てた書院を移築した物で、2020年1月から行われていた修繕工事が終わり、2021年4月16日にオープンとのこと也。「無限庵」については
公益財団法人 無限庵 | Facebook
無限庵 - 北陸・加賀温泉郷の観光情報サイト KAGA旅・まちネット
ということで、何の脈絡も無く別にブログを設ける案は頓挫した。

別にブログを設けて「世間話」を書かずとも、「独り言」を書くものを考えた。
(独り言 / モノローグ)など等と考え、「無無無庵の独言」なんて場所を作ってみたが、結局はFC2ブログの「ツイートまとめ」機能を利用するのが手間無しという事に落ち着いた。(過去記事:ブログ書き数を減らそう / 「ブログの書き方」考)
😥
と、この記事をFC2ブログの「新投稿画面」で新Edgeから書いてみた。Firefoxで書く以上にモッタリ感が著しい。ということで、メインWebブラウザを新Edgeにすることは頓挫する。FC2ブログを使うのにはChromeが適任のようだが..

「つれづれなり」:考

「つれづれなり」:考

『徒然草』(つれづれぐさ)は、吉田兼好(兼好法師、兼好、卜部兼好)が書いたとされる随筆。清少納言『枕草子』、鴨長明『方丈記』とならび日本三大随筆の一つとされる。作品の名ともされた書き出しの「つれづれ」(徒然)は「やるべき事がなくて、手持ち無沙汰なさま」を意味するとのことだ。「つれづれなり」と「よしなしごと(由無し事・由無し言)」や、「かきつく(書き付く)」は文学に多用されており、作品および自己を卑下する謙...

... 続きを見る

徒然草』(つれづれぐさ)は、吉田兼好(兼好法師、兼好、卜部兼好)が書いたとされる随筆。清少納言『枕草子』、鴨長明『方丈記』とならび日本三大随筆の一つとされる。

作品の名ともされた書き出しの「つれづれ」(徒然)は「やるべき事がなくて、手持ち無沙汰なさま」を意味するとのことだ。
「つれづれなり」と「よしなしごと(由無し事・由無し言)」や、「かきつく(書き付く)」は文学に多用されており、作品および自己を卑下する謙遜の辞である。

世の中の文書、特にブログでは(徒然)を名乗る物を多見するが、執筆者に謙遜している志はあるのだろうか。

喧しい奴・番組・CM

喧しい奴・番組・CM

ワイドショ的な番組でCOVID-19騒動を報ずるようになって以来、喧しい奴・番組が増えたと感ずる。中でも、昼のTBS系列(6ch.)で「ひるおび!」という情報ワイド番組なるものでメインキャスターとやらを務める恵俊彰は喧しい。芸人生命を掛けてあの番組で食いつなごうかと思えば目立たなくてはならない...となれば、あれくらい喧ぐのは止む無しなのか🤡大声で、早口に、自分の主張を述べる。他人に話題を取られたらマズイのだろうか...

... 続きを見る

ワイドショ的な番組でCOVID-19騒動を報ずるようになって以来、喧しい奴・番組が増えたと感ずる。中でも、昼のTBS系列(6ch.)で「ひるおび!」という情報ワイド番組なるものでメインキャスターとやらを務める恵俊彰は喧しい。芸人生命を掛けてあの番組で食いつなごうかと思えば目立たなくてはならない...となれば、あれくらい喧ぐのは止む無しなのか🤡
大声で、早口に、自分の主張を述べる。他人に話題を取られたらマズイのだろうか。

テレビCMでも喧しいものが増えてきた。そんなCMが始まるとチャンネルを回す。
中でも、「世〇谷〇〇食品」が「.良い.と報告されています」とやらは、巧いこと法の網を潜った宣伝文句と感心する。自社が「良い」と述べているのではない。あくまでも「報告されている」とテレビで述べているというスタイルだ。しかし、5W1Hで考えれば、「誰が何と報告」したのだろうか...以前類似した事をブログに書いたら、その会社員を名乗る者から記事の削除を指示されたことがある...あまり書くのは止そう。「ジャ〇〇ット〇カタ」は以前の人も声は大きかったが、真似していると見える現在の人の声は喧しいだけで色気が無い。「ハ〇キ〇ーペ」は最近CMを見ない。

あのように喧しい声が多くなったのは、アニメの声のせいだと見ている。
アニメの声優が感情を混めて演ずれば、どうしても大声になるのであろう。そして、アニメ業界というのか、ナレーション業界の話し方が、テレビ業界にも進出したのだろう...と見ている。そもそも、本来は、役者と称する職業は声が大きい。舞台出身の役者は声が小さくては勤まらない。
NHK『サラメシ』のナレーションをする中井貴一氏も喧しさでは天下一品である。八幡のCM出演する船越英一郎氏も声が大きい。
毎週水曜日の夜、NHK『ガッテン!』は、司会の立川志の輔、常連ゲストの指原莉乃大島麻衣山根千佳。毎週木曜日の夜、NHK『日本人のおなまえ』は、司会の古舘伊知郎赤木野々花といい、レギュラの澤部佑あたりは騒々しい。番組を作る者は、作為的に騒々しい顔ぶれを揃えていると見る。
COVID-19感染対策で大声を云々されている事を承知しているのだろうか。
番組全体が騒々しいのであれば予め音量を下げているのだが、特定の出演者の声や、CMがやかましいのは即応ができない。あの手の番組・CMがはじまるとテレビを切ることにしている。

関連過去記事:天気アナウンサーの話し方 / NHKに視る声と話し方 / へぇ~合唱隊の順番は? / 不必要な音声効果 / へぇ~を語る女性達 / やかましいテレビ番組 / 一億総白痴化の兆し /「女子大生亡国論」再び / コメンテータの知識度 / 専門家とは何だ?? / 落ちぶれテレビニュース / ハズキルーペCM:嬉 / ハズキルーペCM喧しい2 / テレビ会話の気配り /
🥳
喧しい状況が増える一方、オンラインとやらでテレビ出演する場合に音の悪い人が多い。あれはテレビ局側の音声技術が悪いのか、出演者側のマイク・パソコン・ネット環境の何れが原因なのかは知らないが、聞き取り難い。一時的とは言いながら公共の電波に乗せるのであれば、何とかしろよ、テレビ局。

誰の事でしょうか

誰の事でしょうか

俺がその業界に目覚めた頃から、政治屋の世界では「国民」の標語が持てはやされていた。当時から「国民とは?」の疑問は世間を賑わせていたが、結局は誰の事かは判っていない。一方、最近のワイドショーや、アメリカの報道官が用いる標語に「我々」というのが耳につく。キリスト教圏というか、英語圏というかで、Oh my God(オー・マイ・ゴッド)の「God」(神)を表す言葉に近くも思う。4ch.系の昼番組「情報ライブ ミヤネ屋」のMC宮根...

... 続きを見る

俺がその業界に目覚めた頃から、政治屋の世界では「国民」の標語が持てはやされていた。当時から「国民とは?」の疑問は世間を賑わせていたが、結局は誰の事かは判っていない。
一方、最近のワイドショーや、アメリカの報道官が用いる標語に「我々」というのが耳につく。キリスト教圏というか、英語圏というかで、Oh my God(オー・マイ・ゴッド)の「God」()を表す言葉に近くも思う。4ch.系の昼番組「情報ライブ ミヤネ屋」のMC宮根誠司氏なんぞは、「ワレワレ」という標語を合いの手代りに喋る感じで、意味合いを考えるのはアホらしい。
「国民」にしろ、「我々」にしろ、都合の良い場面で都合良く使えばよいのだろう。
なぜ何もないのではなく、何かがあるのかか
我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか
🤔
それはそれとして、「情報ライブ ミヤネ屋」の宮根氏がワクチン接種回数を1回にすることを連呼しているのが極めて不自然で不思議である。
石川県で接種を1回受けた医療関係者が3名感染した事を承知しての発言だろうか‼️。
2回打った1名もが感染している。打とうが打つまいが、大差無いのではないだろうかと疑っている。
日本のテレビに顔出しが多い医者が、自身でも利用経験は少ないであろうワクチンについて物知り顔に打つことを奨める根拠が不明確だ。素人は信じるしか無いのだが、眉唾ものだ。少なくとも「ワクチンを打てば鉄腕アトムになる」のではない事は間違いない。儲かった製薬会社と、対策をしているフリの政治家の甘言かも知れない。
ワクチン接種の医療従事者死亡 長崎県、因果関係は不明 | 長崎新聞(04/13)
60代女性。3月中旬に接種後、副反応を疑う症状は無し。3月下旬に死亡。脳出血
なぜ発表が1旬遅れたのか。当然ファイザー製だろう。
本件はCOVID-19が原因とはされず、国からの補償は無いであろう。

風評ではない

風評ではない

安倍政権の頃から、現政権でも。都合の悪い事は「風評」と片付けたがる。自分が責められる立場であれば「根拠」を求める。エビデンスとは、証拠・根拠、証言、形跡などを意味する英単語 "evidence" に由来する、外来の日本語。政権は「風評」と言うが、自らが科学的な証明を行う事はしない・できない。 海洋放出は、設備工事や規制への対応を行い、2年程度のちに開始をする。トリチウムの濃度を国内の規制基準の40分の1、WHOの定...

... 続きを見る

安倍政権の頃から、現政権でも。
都合の悪い事は「風評」と片付けたがる。

自分が責められる立場であれば「根拠」を求める。
エビデンスとは、証拠・根拠、証言、形跡などを意味する英単語 "evidence" に由来する、外来の日本語

政権は「風評」と言うが、自らが科学的な証明を行う事はしない・できない。

海洋放出は、設備工事や規制への対応を行い、2年程度のちに開始をする。トリチウムの濃度を国内の規制基準の40分の1、WHOの定める飲料水の基準の7分の1まで低下させる。さらに、IAEAなど第三者の目もいれて高い透明性で監視をする。さらに福島を...

呑兵衛 あなさんの投稿 2021年4月12日月曜日

国内の規制基準の40分の1、WHOの定める飲料水の基準の7分の1まで低下させたところで、トリチウムはトリチウムである。「O157とカイワレ問題」の際に時の菅直人は原始人的な発想とも見えるが自ら人体実験でカイワレを食した。「WHOの定める飲料水の基準の7分の1まで低下」させて安心・安全と論ずるならば飲んでみろ。タンクに溜まっている水に含まれる物はトリチウムだけとは限るまい。少なくとも安倍晋三が首相時代にできずに菅首相に引き継いだ泥水がたんまり入っているだろう。
どのような「風評被害」とやらを想定しているのか知らないが、本件によって生ずるであろう話題が「風評=」ではない。俺は。太平洋側福島以北の海洋物には触らない。
WikiPedia:トリチウム(三重水素#放出と環境汚染)より引用
原子力施設から出るトリチウムの自然環境中への放出は日本の国内外で広く行われており、イギリスでは1998年から2002年の期間、毎年3ペタベクレル程度のトリチウムが放出されている他、カナダ、アルゼンチン、フランス、スペイン、アメリカ、ドイツ、日本でも放出されていた[35]

現在、政権・総理大臣が発言する「COVID-19ワクチン輸入情報」こそが「風評」也。
あと、「COVID-19ワクチンさえ打てば鉄腕アトムになる」も「風評」。接種会場に出向いて打てなかったと言う高齢者は風評被害者かもしれないが..不勉強だね。

FC2の「取り巻き」達

FC2の「取り巻き」達

人間の社会では、洋の東西を問わず「取り巻き」という人種がいるようだ。地獄であれば閻魔大王の両側に付く赤鬼青鬼の様に、寺社の門番をする仁王像や狛犬の様に、etc.、「取り巻き」というものは必要らしい。江戸時代に徳川吉宗は直訴させるために目安箱を設置したとのことだが、そうでもしなければ「取り巻き」に握りつぶされる訴えが多かったということだろう。直訴を聞きたい殿もいれば、聞きたくない殿もいるだろうから、「取...

... 続きを見る

人間の社会では、洋の東西を問わず「取り巻き」という人種がいるようだ。
地獄であれば閻魔大王の両側に付く赤鬼青鬼の様に、寺社の門番をする仁王像や狛犬の様に、etc.、「取り巻き」というものは必要らしい。
江戸時代に徳川吉宗は直訴させるために目安箱を設置したとのことだが、そうでもしなければ「取り巻き」に握りつぶされる訴えが多かったということだろう。直訴を聞きたい殿もいれば、聞きたくない殿もいるだろうから、「取り巻き」の是非・要否は一概に評価できないが、訴えを通過させるにあたっては中間搾取・賄賂が行われていたであろうことは推測できる。現代社会でも、奈良時代でも、江戸時代と同様な状況が存在し「取り巻き」が活躍していた事は間違いないだう。

この「取り巻き」的な存在はネット世界にも存在している。
教えて!gooとかYahoo!知恵袋というポータルサイトとかナレッジコミュニティや、Windowsとかの質問サイトなど等では、どこの誰だか分からない者が然も物知り顔に語る。受け付ける側の人間であればまだしも、質問者と同格のユーザーがグチャグチャと語った末に「よく判らん」的に文章を閉じられると、質問した自分を悔いる👿
アチコチの名の売れたブログではコメンテータが多く、新しい記事が掲載されると我先にコメントしたがる。それらの常連よりも先にコメントしようものなら、目一杯に余所者扱いされてしまうが、あの常連も「取り巻き」なのだろう。
🔰
今年からFC2ブログのユーザーとなった俺は右も左も分かっていない。ということで、質問する人・場所(サイト)を探しているのだが、FC2では此れかな(?)的な場所が多い。(FC2リクエスト / お問い合わせ| FC2ヘルプ / FC2ブログユーザーフォーラム)
渡世の仁義も知らずに門戸を叩くと、すぐに「取り巻き」が飛んできて小言を受ける。「取り巻き」は、FC2ブロクのグチャグャした系列のはっきりしない事も手伝って、小舅が多い。その様に眺めれば、各分野ごとに存在する「取り巻き」の小舅を一掃しなければFC2のゴミ箱状態は解消されないのだろう。

ちなみにlivedoorブログでは、ユーザー会議的な場所は無い。疑義があれば「お問い合わせ」にメールするという手段しか無く、小舅が介入する場面は存在しない。なお「ライブドアブログ スタッフブログ」なるlivedoor側の告知板があり、ユーザが勝手にコメントでき極偶に小舅が出現するが、殆ど相手にする者はいない。

「取り巻き」というもの。江戸っ子とか、田舎の集落とかに存在する親分的な・助け合い的な存在とも取れる。見方を変えれば知ったかぶりの御節介とも。

ワクチン接種-私の場合

ワクチン接種-私の場合

COVID-19ワクチンを打つか(?)という命題についての私の考えである。政府のアナウンスによれば、04/12から高齢者向けにCOVID-19ワクチンの接種が始まるとの事。また、当市野々市市の場合「新型コロナワクチンの接種について - 野々市市ホームページ(2021年3月23日更新)」のとおり、接種券の送付は「75歳以上の人 :4月20日 / 65歳から74歳までの人 :4月23日」に発送予定とのことである。私は、これに応募する考えは無い。しかし、次...

... 続きを見る

COVID-19ワクチンを打つか(?)という命題についての私の考えである。
政府のアナウンスによれば、04/12から高齢者向けにCOVID-19ワクチンの接種が始まるとの事。また、当市野々市市の場合「新型コロナワクチンの接種について - 野々市市ホームページ(2021年3月23日更新)」のとおり、接種券の送付は「75歳以上の人 :4月20日 / 65歳から74歳までの人 :4月23日」に発送予定とのことである。
私は、これに応募する考えは無い。しかし、次の機会が巡れば打つかもしれない。

私は以前よりワクチンを打つことは避けてきた。インフルンザにしろ、ギラン・バレー症候群などの副作用が嫌だからである。2014年12月には殊勝な考えを起こして肺炎球菌ワクチン接種を受けたが、(それが原因ではないだろうが)翌年の2015年には間質性肺炎の診断を受けた。要は、ワクチン食わず嫌いかも、

何だかんだと言っても、これから行われる予定の高齢者を対象とした接種券の送付に応募したところで(更には、悪運強く、打つ対象とされた場合)、実際に打たれるのは5月の連休明けになるとの事だ。その効果が表れるかもしれないのは2ヶ月さきなのだろうか。先行接種を受けたところで、メリットが有るのだろうか。
運悪く、予約できなかった場合は..どうなるのだろうか⁉️。接種券に応募しなかった場合は、高齢者以外の人達が打ち終わった後の順番になるのであろう。それは、2021年内には回ってこないであろうと見る。

場合によってはワクチン接種の対象者から外される可能性もあるかもしれないが、その時はその時である。ワクチンの効果も、副作用も、永続性についても、推測の域を出ない現在、慌てて打ちたくはない。1巡する頃には推測の域から実態がみえてくるだろうから、それから考えても遅くはない。その時は打つかも。
また、ワクチンに効果があれば、接種した人達は感染しないことになり、その分だけ病床使用率・重症病床使用率が下がる事になる。となれば、私が感染したとしても、現在よりは真っ当な治療を受けられるだろうと踏んでいる。
😔
まあ、何だかんだと言っても、簡単に言えば女将と一蓮托生となる気でいる。
各種のアレルギー持ちの女将は、当人は打ちたい気持ちはあるようだが、副作用が懸念されるため打てないと見ている。ならば、私が一人で打ったところで詰まらない..という事だ。COVID-19肺炎で死に、お国に火葬してもらうのも一興である。

過去記事:予防接種を奨めるが? / インフルエンザ予防接種:考 / ワクチン接種は要注意 / 新インフルエンザワクチン / 肺炎ワクチン接種した / 医薬品副作用被害救済 / 新型コロナが死因の葬儀 / ワクチンの予防接種は /
過去記事:ワクチンの予診票が公開 / 抗体検査の病院を探す / コロナワクチンナビ:学 / ワクチン接種ガイド:学

ワクチン教

ワクチン教

04/09、石川県では新たに22人が感染していることが確認された。内4人が小松市民病院の医療従事者や職員で内3人は1回目のワクチンの接種を終えていたとのこと。新型コロナ 新たに22人感染1人死亡 クラスターも発生|NHK 石川県のニュース石川県は新たに22人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、このうち1人の死亡が確認されたと発表しました。 また、県内の職場で新… 東京都内では、1回目の接種を終えた...

... 続きを見る

04/09、石川県では新たに22人が感染していることが確認された。内4人が小松市民病院の医療従事者や職員で内3人は1回目のワクチンの接種を終えていたとのこと。
東京都内では、1回目の接種を終えた人は対象となる医療従事者などの16%余りです。一方、来週から高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりますが、東京・台東区では、医療従事者への接種はまだ行われていません。来週から高齢者を対象にしたワクチン接種が都内の一部の自治体で始まりますが、台東区では、区内の医療機関の医師や看護師などへのワクチンが届いておらず、1人も接種できていないということです。

🤬
政府のアナウンスによれば、04/12から高齢者向けにCOVID-19ワクチンの接種が始まるとの事。当県の珠洲市には04/08に975回分が到着し、県内では最も早く04/13から始まる予定とNHKローカルが報じていた。
石川県内の高齢者は33万人あまりとのことだが、先行接種する予定の医療関係者ですら行き渡らない現状の中で、政府のアナウンスのとおりにワクチンが入荷し、接種が進むのだろうかは甚だ疑問である。
それであっても、世の中にはワクチンさえ打てば鉄腕アトムに成れると信じている人々が多いようだ。とは言うものの、毎日のようにNHKニュースやワイドショーの教宣を受けていれば、そのように信じたい気持ちを理解できなくも無い。いずれにしても、これから数日のテレビには打った高齢者達が取り上げられ「痛くない」「簡単だ」とかの言葉が報じられるのであろう。

それにしても、ワクチンさえ打てば鉄腕アトムに成れるという教宣はどこから出現したのだろうか。信じる者は救われるということだろうか。アストラゼネカ製ワクチンは副作用があるとのことで、西欧でも接種を取り止めた国が多かったが、「打つリスクよりも、打たないリスク」との理屈で打つことに傾いたそうだ。そのアストラゼネカ製ワクチンは日本でも第一三共が作る事は報じられていたが(国産ワクチンの臨床試験/某町医者の名回答)、熊本のKMバイオロジクスでも生産開始=9000万回分以上が国内産になるとの事だ。

ワクチンの効果があるとしても、最終的には治療方法が確立されなければ死人の数は減るまい。某所・某所の医師の個人的ヒラメキで治療に成功したとしても、そのヒラメキが他の医師に伝わるのには時間が掛かり、その間にも病人は生死を彷徨うことになる。ワクチンの必要性はあるが、併せて治療法が確立されなければ現状は打破てきまい。

昨年は「医療崩壊」の言葉で、今年も色々な言葉になりながら、同様の状況が続いている。COVID-19が日本上陸する以前から、日本は感染症には手緩い。感染症に限らず、儲かる医療は持てはやされるが、儲からない医療は切り捨てられてた。要するに、元々が「医療崩壊」としているのだ。医療崩壊に限らず、やる事が中途半端な国である。
昨年の今頃は「新型コロナウィルス」と騒ぎ立て解決できずに継続している中、新手の敵が来たとして「変異型」として騒ぎ立てる姿は、だから負けても仕方が無いという印象操作に見る。

日本政府に限らず各国の政治家はCOVID-19による国民の不満を押さえる為にあの手この手のようだ。そして、今のところはワクチンしか無いということだろう。
ワクチンを打ったことにより、アレルギーが出ようと、死人が出ようと、国家としてはワクチンを打つ努力をして、国家体制を維持したのである。

今までは「マスク教」であったが、これからは「ワクチン教」が流行る。
効果のほどは兎も角として、マスクさえしていればCOVID-19感染はしないと信じる。
数年後。マスクもワクチンも効果が無い事が科学的に証明された頃。
「今年はCOVID-19感染したから、もう大丈夫」が街角の挨拶になるのかも。

皇籍離脱:学

皇籍離脱:学

小室さん文書 眞子さま「理解してくださる方いらっしゃれば」 | NHKニュース【NHK】小室圭さんが、母親と元婚約者の男性の金銭問題について詳しく説明する文書を公表したことについて、秋篠宮ご一家を支える宮内庁… 鬱陶しい。そんなに愛し合っているのなら、一般人として結婚すれば良かろう。当然ながら持参金は無し。紀宮清子内親王は黒田慶樹氏と婚姻し皇籍離脱したが、あのような美談では無く勘当とするべし。WikiPediaよ...

... 続きを見る

鬱陶しい。そんなに愛し合っているのなら、一般人として結婚すれば良かろう。
当然ながら持参金は無し。紀宮清子内親王は黒田慶樹氏と婚姻し皇籍離脱したが、あのような美談では無く勘当とするべし。
WikiPediaより
臣籍降下(しんせきこうか)は、皇族がその身分を離れ、姓を与えられ臣下の籍に降りることをいう。賜姓降下(しせいこうか)とも言い、そのような(広義における)皇族を俗に賜姓皇族という。皇族女子が臣下に嫁すことで皇族でなくなる場合は臣籍降嫁(しんせきこうか)とも言う。また日本国憲法施行後は皇籍離脱(こうせきりだつ)の語も用いられる。

皇族の身分を離れた者及び皇族となつた者の戸籍に関する法律