無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

こう読む STAP細胞

こう読む STAP細胞

STAP細胞に関する小保方氏の理化学研究所に対する不服申し立ての記者会見が終わった。「自身の所有する生データを開示しない」 事や、「4~5冊有ると言うノートを出さない」 事など等、識者が 「がっかり」 していると報じるマスコミが多いようだ。おいらは、小保方氏の勝ちであったと見る。30歳の小娘に、理化学研究所の錚々たる学者様が してやられたと見る。「ノートを出さない」 事は、科学の世界ではいざ知らず、政治...

... 続きを見る


STAP細胞に関する小保方氏の理化学研究所に対する不服申し立ての記者会見が終わった。

「自身の所有する生データを開示しない」 事や、「4~5冊有ると言うノートを出さない」 事など等、識者が 「がっかり」 していると報じるマスコミが多いようだ。
おいらは、小保方氏の勝ちであったと見る。
30歳の小娘に、理化学研究所の錚々たる学者様が してやられたと見る。

「ノートを出さない」 事は、科学の世界ではいざ知らず、政治の世界でなら当然のことだ。
記者会見の場面で「これがノートだ」なんて出した途端に御召し上げとなり、理化学研究所の御手柄となってしまう。

一方、「実験をやり直すことが出来るか?」 との問いには、「環境さえ整えば、出来る」 との答え。
小保方氏以外にも実験を見ていた者がいるが、「プライバシー上、氏名は明らかにできない」 等、組織としての理化学研究所が解決すべき内容が提起されたと見る。

「小保方氏の単独犯行による不正な論文である」 との理化学研究所側の調査委員会の判断に対して、「不正な論文では無い」 ことを述べるとともに、「理化学研究所の許可等があれば再実験する」 ことや、「実験を見ていた者」 の氏名を明らかにすること等は理化学研究所が解決すべきこととして、ボールを投げ返したと見る。
「小保方氏を混じえずに再現実験をする」 と発表している理化学研究所だが、1度は小保方氏を混じえて(又は、小保方氏の単独公開) 実験した後、小保方氏を混じえずに行えばよろしいのでは。 小保方氏を混じえた実験で再現できなければ、本件落着ということだ。 小保方氏は論文を撤回し、誰かが「STAP細胞2」を発表する未来を待つことになる。

現在は 「独立行政法人」 である理化学研究所が、「特定国立研究開発法人」 となることについて、STAP細胞論文絡みで 今国会成立を断念とのこと。
理化学研究所は、ネイチャーからの指摘が無ければSTAP細胞を御手柄にして 「特定国立研究開発法人」 になっていたのか??!!

それにしても判らないのは、STAP細胞論文には小保方氏以外にも7名(?)の共同著者がいるとのことだが、小保方氏だけが弁明の場に引っ張り出される構図は何故なのだろう??
小保方氏の上司で論文の共同著者に名を連ねている理化学研究所「発生・再生科学総合研究センター」の笹井芳樹副センター長って者は、このドタバタ以来 1度も記者会見等に顔を出さないようだが、何なのかね~
共同著者って何なのかしら  良いとこ取りの、泥水は被りたくないって~ことかい

過去記事


「ト坊」を訪ねて

「ト坊」を訪ねて

ネットというか(?) ホームページをはじめた頃に、はじめてネット友になった人は 「ト坊」 というNMだった。横須賀在住のダンプカードライバーだったらしい「ト坊」は、携帯電話用ホームページを開設し、アパートをイメージした複数の掲示板を運営して 店子をイメージした人達に貸していた。 最近のfacebookのような物だった。そのアパートは店子以外の人達の書き込みも有り、随分と賑わっていた。その携帯電話用ホームページ...

... 続きを見る

ネットというか(?) ホームページをはじめた頃に、はじめてネット友になった人は 「ト坊」 というNMだった。
横須賀在住のダンプカードライバーだったらしい「ト坊」は、携帯電話用ホームページを開設し、アパートをイメージした複数の掲示板を運営して 店子をイメージした人達に貸していた。 最近のfacebookのような物だった。
そのアパートは店子以外の人達の書き込みも有り、随分と賑わっていた。
その携帯電話用ホームページ ⇒ パソコン用ホームページ に格上げになってからも随分と賑わっていたが、本業が忙しくなったとのことでホームページが閉鎖された。
昨日、「ト坊」等のキーワードで検索したが、行方を知ることはできなかった。

「M」 というNMの女性が居り、おいらが携帯電話用ホームページを開設していた頃のネット友だった。
多数のホームページを開設していたが、途中からはメンテナンスが放棄され、やがてブログのみとなった。
5年ほど前までは存在していたそのブログも、今となっては行方知れずである。

「ト坊」にしろ「M」にしろ、世の中に多数存在するNMは検索が困難で、よろしくないと思う由縁である。
おいらのように「呑兵衛あな」なんて訳の判らないNMでさえ、世の中には存在するのだ。 「呑兵衛あな」が居た!!
何か、自分を特徴付けるNMを用いるべきと思うこの頃である。 ネット名を改める考
また、ホームペーシにしろ ブログにしろ、改名する場合には御披露目をしないと縁の切れ目になる。
大事に思うネット友なら、リンク集等を利用してその行方をキープしておかなければならなかったと、反省している。

関連過去記事