無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

韓国の政権を勉強

韓国の政権を勉強

韓国の首相が、旅客船セウォル号の沈没事故の責任をとり、辞意を表明とのこと。略称で韓国と書くが、大韓民国が正解。 ちなみに北朝鮮は、朝鮮民主主義人民共和国。政治体制は、主にアメリカ合衆国の政治体制を参照しており、行政、立法、司法の三権分立とのこと。で、辞意を表明したという首相の立場は??WikiPedia:大韓民国の政治より抜粋引用行政権は大韓民国政府(行政府)にある。行政府は、直接選挙で選ばれる大統領が統率し...

... 続きを見る


韓国の首相が、旅客船セウォル号の沈没事故の責任をとり、辞意を表明とのこと。

略称で韓国と書くが、大韓民国が正解。 ちなみに北朝鮮は、朝鮮民主主義人民共和国
政治体制は、主にアメリカ合衆国の政治体制を参照しており、行政、立法、司法の三権分立とのこと。
で、辞意を表明したという首相の立場は??
WikiPedia:大韓民国の政治より抜粋引用
行政権は大韓民国政府(行政府)にある。
行政府は、直接選挙で選ばれる大統領が統率し、国会(立法府)が法律として定めた事案などを処理する。
大統領は、国会の同意を得て国務総理(首相)を任命し、自らが議長となる国務会議(内閣)の助力を得ながら行政を執行する。
国務総理は、行政に関する大統領の命令によって、行政機関(部処庁)を統括する。
何だ  日本に当てはめてみれば、安倍晋三内閣総理大臣の身代わりに、菅義偉内閣官房長官が不手際の詰め腹を切らされたということか 

絵を描くこと

絵を描くこと

おいらは、絵を描くのが下手である。 しかし、鑑賞することは好きだ。今朝は、NHK日曜美術館 「春、こころの桜~日本画家・奥村土牛~」 を眺めていた。 ※NHK日曜美術館メインテーマは、輪郭が曖昧であるにも関わらず存在感ある花びらを通して しだれ桜 を見事に描いた奥村土牛。写真家の三好和義氏がコメンティターであった。 写真家の目を通した作評に関心を持った。おいらが絵を描くのが下手だと思うのは、『山を描けば...

... 続きを見る

おいらは、絵を描くのが下手である。 しかし、鑑賞することは好きだ。

今朝は、NHK日曜美術館 「春、こころの桜~日本画家・奥村土牛~」 を眺めていた。 NHK日曜美術館
メインテーマは、輪郭が曖昧であるにも関わらず存在感ある花びらを通して しだれ桜 を見事に描いた奥村土牛
写真家の三好和義氏がコメンティターであった。 写真家の目を通した作評に関心を持った。

おいらが絵を描くのが下手だと思うのは、『山を描けば、山しか描かず樹が見えず』、『樹を描けば、樹しか描かず山が無い』 ことである。
細密画が好みというわけでは無いのだが、樹が寄り集まり山に成る景色を描きたくても描けないのだ。

構図は見よう見真似で、なんとかそれらしいものになっていると自負していた。
そのため結局は、絵を描くことを諦めて、写真撮影に凝ることになった。 
しかし、カメラのメカニックに拘っただけで、撮影の腕は絵と同様に下手を自認している。
だが、絵と同様に『人物の集合写真』や『遠景撮影した町の景色の1軒の家』で、それぞれが判読できると感動物だ。

改めて、絵や写真というものを考えると、自然界に存在するものを写し取っているだけではないのだろうか。
写真はそのままに写るが、絵ならば不要な電線を消して描けるだけではないのだろうか。
絵や写真に限らず、世の中で芸術・アートと言われる物は すべて自然界を作者なりにアレンジして表現しているに過ぎないのではないのだろうか。
そんなものだ...と言われれば、それだけのことなのだが...

絵も写真も思うようにならないが、暇に任せて再チャレンジしてみようかね~

それにしても、NHKのアナウンサーは人材が豊富だね。
日曜美術館の司会をしている伊東敏恵氏は、しっとりとした喋り口であの番組に向いている。
有働由美子氏とか小野文恵氏では、ああは行かないだろうね。 声質??、性格??