無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

どんどん暮らし難く

どんどん暮らし難く

介護保険の負担引き上げ 医療・介護改革法が成立:朝日新聞デジタル出るもの皆上がり 来るもの皆下がり 「地域医療・介護推進法」ねェ~消費税率を上げたのは何だったのだろう年寄は文句言うなとどやす若者 俺達もっと大変とも言い...

... 続きを見る

介護保険の負担引き上げ 医療・介護改革法が成立:朝日新聞デジタル

出るもの皆上がり 
来るもの皆下がり 
「地域医療・介護推進法」ねェ~
消費税率を上げたのは何だったのだろう

年寄は文句言うなとどやす若者 俺達もっと大変とも言い

理研は恥を知れ

理研は恥を知れ

「小保方氏「別マウスの入手はない」 検証実験参加を表明:朝日新聞デジタル」 によれば、STAP細胞論文問題で、理化学研究所の小保方ユニットリーダーが実験参加の意志表明などのコメントを発表したとのこと。論文の共著者の一人、若山照彦・山梨大教授が今頃になって、3月頃と同じ発言を繰り返したことに対するアンサーと見るべきだろう。小保方氏が以前より発言し、最近では文部科学省大臣も発言し、理研の改革委員会やマスコ...

... 続きを見る

小保方氏「別マウスの入手はない」 検証実験参加を表明:朝日新聞デジタル」 によれば、STAP細胞論文問題で、理化学研究所の小保方ユニットリーダーが実験参加の意志表明などのコメントを発表したとのこと。
論文の共著者の一人、若山照彦・山梨大教授が今頃になって、3月頃と同じ発言を繰り返したことに対するアンサーと見るべきだろう。

小保方氏が以前より発言し、最近では文部科学省大臣も発言し、理研の改革委員会やマスコミ等でも求められているSTAP細胞の有無に関する公開実験であるが、理研は何故に実施しないのか
やらない(できない) 理由を公表して欲しいものだ。 
小保方氏に公開実験を行わせることで 実りなきドタバタ騒ぎは、すべて解決することだ。
こんな騒ぎに巻き込まれて、中断しているであろう他の研究をいつまでも放置すべきでは無い。

日本の科学の殿堂と言われる理研が、こんな状態であることは世界に対して恥ずべきことだろう。
すべてを小保方氏の罪として闇から闇に葬ることは、絶対に許されるべき行いでは無い。 科学者のすることか
小保方氏が論文の書き方に慣れていないこと等と、STAP細胞の有無とは、別の論点である。
理研は小保方氏を雇用していた組織として、雇用していた者の発表論文を見分・証明する責務があるハズだ。
また、発生・再生科学総合研究センターのセンター長が辞表を出したことが先日報じられたが、敵前逃亡は無しだ。
退職金をせしめて円満退職なんてとんでもない。 解雇処分の裁定を待つべき身であろう。

関連過去記事

ブログ徘徊を楽しむ

ブログ徘徊を楽しむ

2013年11月14日から始めたこのブログは、半年が経過した。それ以前はXOOPSを利用してきたが、「ホームページ開設に掛かる壱考察」で書いたような経緯でホームページの運用を止め ブログのみにした。HPのメンテナンスに手間取るよりは、書きたいことを即座に書き始められるブログは嬉しい。また、よそのブログを訪問する時間ができるのも嬉しい。この半年間で色々なブログに御邪魔した。   色々と言っても、「にほんブログ村」...

... 続きを見る

2013年11月14日から始めたこのブログは、半年が経過した。
それ以前はXOOPSを利用してきたが、「ホームページ開設に掛かる壱考察」で書いたような経緯でホームページの運用を止め ブログのみにした。
HPのメンテナンスに手間取るよりは、書きたいことを即座に書き始められるブログは嬉しい。
また、よそのブログを訪問する時間ができるのも嬉しい。

この半年間で色々なブログに御邪魔した。   色々と言っても、「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」の特定カティゴリーに参加している人達しかお邪魔していない。

そんな徘徊先で特に感心させられるのは、日々の出来事をマメに書かれているブログだ。
人によっては、起床してからの出来事に加え、各々の出来事に感想まで書いている。 
ブログの真髄とも見るが、よくぞ記憶しているものだ!?  と感心してしまう。
なにか、人様のプライバシーを覗いているかのごとく錯覚してしまうほどである。

お気に入りブログは「はてなブックマーク」にリンク登録しているのだが、随分と増えてしまったので「徘徊先ブログリンク集」を作っている。
各々のブログは、RSSか 「にほんブログ村のブログパーツ」を利用してタイトルを読み、書き出しタイトルが気になったブログに御邪魔することにしているが、それでもお気に入りブログを巡回するのは大変な数になってきた。
などと言いながら、徘徊を楽しんでいる暇な爺である。

関連過去記事
ブログの紹介

記録するということ
来客の多いブログ

トラックバックを歓迎