無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

『腫瘍マーカー』を学ぶ

『腫瘍マーカー』を学ぶ

「中高年よ大志を抱け やばっ!!!」ブログを拝読し、『CEA』とか『CA-19-9』という言葉を初耳した。色々と病気持ちとしては、極めて関心を持ち調べてみたのでメモ。初耳の言葉は、『腫瘍マーカー』という癌の発生が判る血液検査の種別らしい。WikiPedia:腫瘍マーカーより抜粋引用腫瘍マーカー(しゅようマーカー、英: Tumor marker)は、癌の進行とともに増加する生体因子のことで、主に血液中に遊離してくる因子を抗体を使用し...

... 続きを見る

中高年よ大志を抱け やばっ!!!」ブログを拝読し、『CEA』とか『CA-19-9』という言葉を初耳した。
色々と病気持ちとしては、極めて関心を持ち調べてみたのでメモ。

初耳の言葉は、『腫瘍マーカー』という癌の発生が判る血液検査の種別らしい。
WikiPedia:腫瘍マーカーより抜粋引用
腫瘍マーカー(しゅようマーカー、英: Tumor marker)は、癌の進行とともに増加する生体因子のことで、主に血液中に遊離してくる因子を抗体を使用して検出する臨床検査のひとつである。
WikiPedia:CEA(癌胎児性抗原)より抜粋引用
主に腺癌に対する指標となり、大腸癌、胃癌、肺癌、卵巣癌、子宮癌などに用いられる(基準値:5ng/ml以下)。ただし、喫煙により数値の上昇が見られる。
WikiPedia:CA-19-9より抜粋引用
CA19-9は消化器がん(特に膵・胆のう・胆管がん)で陽性率が高いため、診断補助として有効とされるが、大腸がん、肺がん、乳がんなどでも陽性を示すため、CEA、AFPなどのマーカーと併用される。 また、抗がん剤治療の効果、再発のモニターとしても使用される。 なお、胆石、原発性胆汁性肝硬変症、肝硬変症、慢性肝炎、糖尿病でも上昇するが、値がある一定以上に高ければ通常はがんを疑う理由となる。
但し、がんが初期の場合は陽性になりにくい。
血液検査で癌の発生が判るのであれば、是非とも検査してもらおう。 PSA(前立腺特異抗原)は検査済み。
腫瘍マーカー.com」に詳しいことが書かれている。

蹴球ワールドカップ

蹴球ワールドカップ

日本にとっての「サッカーのワールドカップ」とやらは終わったらしい。集団競技には、相変わらず関心を持てないのだが、今後の為にメモ。WikiPedia:ワールドカップより抜粋引用ワールドカップ (World Cup)とは、スポーツの国際大会の名称中に使われることが多い言葉。それらの大会の略称に使用される場合も多い。サッカー(FIFA主催)FIFAワールドカップ(FIFA World Cup)FIFA U-20ワールドカップ(FIFA Under-20 World Cup)FIFA U...

... 続きを見る

日本にとっての「サッカーのワールドカップ」とやらは終わったらしい。

集団競技には、相変わらず関心を持てないのだが、今後の為にメモ。
WikiPedia:ワールドカップより抜粋引用
ワールドカップ (World Cup)とは、スポーツの国際大会の名称中に使われることが多い言葉。それらの大会の略称に使用される場合も多い。
サッカー(FIFA主催)
たくさん有るんだね~
WikiPedia:FIFAワールドカップより抜粋引用
FIFAワールドカップ(英: FIFA World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会である。
WikiPedia:日本サッカー協会より抜粋引用
公益財団法人日本サッカー協会(英: Japan Football Association、略称:JFA)は、日本サッカー界を統括し代表する団体として、サッカー競技の普及および振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)や日本フットボールリーグ(JFL)、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)の試合や天皇杯全日本サッカー選手権大会、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会などの公式サッカー大会を主催する。プロ・アマの活動を一本化して管理している。なお、現在のJFAは独立採算制であり、国の税金は一切入っていない。
WikiPedia:サッカー

世界的に英語: football が外来語となり広く用いられている。サッカー (soccer) という名称は、「(協会式)」(Association Football) が転化した物である。イングランドで19世紀後半に流行った、語尾に「 -er 」をつけるという通称のつけ方に由来し、同時期にラグビーがイングランドでラガー (rugger) と呼ばれたこととも共通する。
「サッカー」と言う呼称は、他のフットボールと区別する必要がある場合に用いられやすい。 サッカー以外のフットボールの方が普及し認知されている国では、区別のために「サッカー」が用いられる傾向が強い。
「フットボール」という呼称は、例えばアメリカではもっぱらアメリカンフットボールを指し、日本では「フットボール」という言葉を用いてサッカーだけを思い起こすことは難しいため、「サッカー」を用いて端的に区別する必要が生じる。
なお、協会名称に「soccer」に当たる語を使用しているのはFIFA加盟国ではアメリカ、カナダ、パラオ、米領ヴァージンのみで、日本協会は便宜的に国内でのみ使用している(日本語表記は「日本サッカー協会」であるが、英語表記では Japan Football Associationとしている)。
WikiPedia:サッカー日本代表より抜粋引用
サッカー日本代表は、公益財団法人日本サッカー協会 (JFA) によって編成される日本のサッカー国家代表チームである。一般的に「サッカー日本代表」と呼称する場合は、「男子Aナショナルチーム」(年齢制限のないベストメンバーによる代表)を指すことが多い。


そうか それで、衛星中継でインタビューを受けた外人さんは『フットボール』と言っていたのか

安心して子育てを

安心して子育てを

安倍晋三内閣総理大臣が組閣する第2次安倍内閣及び自由民主党が目指すものは、未だに見えない。否、見せない。 集団的自衛権容認を目指していることは知れるが、その他は、「何か(?) やってるな~」状態だ。記者会見等によれば、「50年後も1億人の日本を目指す」的な発言があったが、本心なのだろうかアベノミクス(三本の矢) とか能たまわっているが、経済にばかり力を入れているようにしか見えない。「待機児童を減らす為の対策...

... 続きを見る

安倍晋三内閣総理大臣が組閣する第2次安倍内閣及び自由民主党が目指すものは、未だに見えない。否、見せない。 集団的自衛権容認を目指していることは知れるが、その他は、「何か(?) やってるな~」状態だ。

記者会見等によれば、「50年後も1億人の日本を目指す」的な発言があったが、本心なのだろうか
アベノミクス(三本の矢) とか能たまわっているが、経済にばかり力を入れているようにしか見えない。
「待機児童を減らす為の対策」とかを述べているようだが、そんな小さな事で済むことではあるまい。
抜本的に大幅な少子化対策を行わなければ、1億人なんてことは寝言になってしまうだろう。
年金問題にしろ、そもそも基金を支払ってくれる国民が激減したのでは話題にならないことだ。
税金を支払う国民人口が薄くなったら、赤字だらけの日本をどうするのだろう。

人口を増やという事は、子供を増やすことだ。
子供を増やす為には、母である女性が安心して結婚⇒妊娠⇒出産⇒育児ができる社会を作らねばなるまい。
育児の後にも、色々と課題が目白押しだが、ここではそれには触れない。

  • 女性が安心して暮らすには、男性に生活力が必要だ。 
    すなわち、女性が働かなくとも、男性の稼ぎだけで暮らせなければならない。 育児ができ、自宅を持てる程度の男性の稼ぎが必要だろう。
    世の中が現在のように不安定では無かった頃は、満足できる程では無い稼ぎでも(それなりに) 安定した給料をやりくりすれば何とかできた。 しかし、色々な社会制度改革が多く 明日が見えない暮らしの中では、やりくりするにも限度問題がある。 当てにならない老後の年金は現在の30~40代にとっても大きな不安要素だ。
  • 働きたい女性は、働けばよろしい。 
    但し、保育所問題などを解決して安心して働けるような環境整備を成し遂げることとし、その整備は地方自治体任せにせず、国が主導力を大いに発揮すべきだ。
    「出産前後は職を離れ自宅で育児に専念し、5年経ったら元の職に復帰できる」⇒「職に復帰した後には必ず保育所等に預けることができる」、というような制度を作りたい。 現在は、安定して人口が増える高齢者用に『老人ホーム』が儲かるらしいが、『保育所等』に預ける子供人口が毎年安定し増加することが見込まれれば儲かるネタとして飛びつく企業が増えるだろう。
    また、女性の雇用が多い大企業は、企業として『保育所等』を設置し 周辺の中小企業はそれを併用できるように制度化すべきだ。 昔は、学校ごとに保健室が有ったが、国の補助金支出としては同程度のものだろう。
  • ○○交際などの結果で望まずして妊娠した場合や、出産費用の無い女性の出産⇒育児に要する費用は、全額を国が負担するとともに 必要な支援措置を行うべきだ。 児童養護施設(旧・孤児院) を利用できる条件を緩めるといった事も考えられる。
    望まずして妊娠することは好ましい事では無いが、経済的な事から出産を思い留まったり堕胎等をしなければならない事は もっと好ましくないだろう。
  • 育児ノイローゼに陥る女性を救済しよう。 (育児ノイローゼにさせない為に)
    核家族化が進み、相談相手が少なくなっている女性が多い。 (役に立たないかも知れないが) 相方の男性が残業無しで帰宅できれば、多少の話し相手にはなれるだろう。 
    また、相談できる相手を見つけられる窓口的な(?) 物も必要だろう。 当事者がネットで探すのは淋しいよ。
  • etc.

方法論は色々と議論のあることだが、何よりも重要な事は、共稼ぎしなくとも、男性の収入だけで暮らせる国作りだろう。

えっ そんなことをしたら、国家財政が持たないって それを考えるのが識者というものでは
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
昔、給料を袋に入れて支給されていた頃には、父親は頑張っていた。 残業が珍しい時代に、父親はトットと帰宅し、小難しい顔をしながら家族揃って夕食を共にしていた。 母親は貧しい給料の中でも、給料日には徳利を1本多くして子供達と共に父親の働きに感謝したものだ。
給料が銀行振り込みとなり、父親の働きに感謝する場は無くなり、父親は居酒屋にたむろする様になった。
大学進学が当たり前のようになり、少ない子供に大きな期待を掛ける夫婦がいる。
バブル景気の崩壊とともに、将来への不安等から、結婚を望まない男女が増加。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
以上は、或る 昔・サラリーマンのボヤキである。
でも、本気になって 女性が安心して子供を産み育てられる国にしないと、滅びるよ