無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

ID Manageを導入

ID Manageを導入

最近のセキュリティ対策としては、パスワードの使いまわしを行っていることが問題として指摘されている。このことへの対応として、年賀状等作成ソフト「筆王」等を販売元ソースネクストの 「マカセル パスワード管理」 というソフトを購入(1886円) して利用していたが、Firefoxでは旧バージョンでしか動作が安定しない。その為、これに代る物を探してみたら、数種類有ることが判った。以前利用していたセキュリティソフトであるウ...

... 続きを見る

最近のセキュリティ対策としては、パスワードの使いまわしを行っていることが問題として指摘されている。
このことへの対応として、年賀状等作成ソフト「筆王」等を販売元ソースネクストの 「マカセル パスワード管理」 というソフトを購入(1886円) して利用していたが、Firefoxでは旧バージョンでしか動作が安定しない。
その為、これに代る物を探してみたら、数種類有ることが判った。
以前利用していたセキュリティソフトであるウィルスバスターのTrend Micro (トレンドマイクロ) が発売する 「パスワードマネージャー」 の利用 (過去に利用経験有り) をも考えたが、無料版で管理できるのは5件迄であり、それ以上は有料(月額154円) となるので候補から除外した。 ※現在のセキュリティソフト「カスペルスキー」からは提供無し。

海外製品アレルギーの為、日本製の 「ID Manager」 (無料) を試用してみたら、なかなかに良い使い勝手である。
「マカセル パスワード管理」と同等の内容で利用できる為、これに切り替えることにした。

各ID毎にパスワードを管理でき、パスワードを自動生成できる為、とっても便利也。

会社のレク - 海釣り

会社のレク - 海釣り

昭和40年代の前半頃は、会社が主催するスポーツ大会の類が多かったことは、「昔のスポーツ大会」のとおりだ。スポーツ大会に限らず、昭和年代は会社主催のレクリェーションが多かった。 労働組合がやらせた事らしい。レクの内容は事務所ごとに異なっていたようだが、記憶に残るのは 「日帰りバスハイク」 と 「海釣り」 である。バスハイク は、バスを満席状態にしなければ採算が取れなかった為、事務所を跨いで参加者を募集して...

... 続きを見る

昭和40年代の前半頃は、会社が主催するスポーツ大会の類が多かったことは、「昔のスポーツ大会」のとおりだ。
スポーツ大会に限らず、昭和年代は会社主催のレクリェーションが多かった。 労働組合がやらせた事らしい。
レクの内容は事務所ごとに異なっていたようだが、記憶に残るのは 「日帰りバスハイク」 と 「海釣り」 である。

バスハイク は、バスを満席状態にしなければ採算が取れなかった為、事務所を跨いで参加者を募集していた。
その為、女性だらけ職場との交友の場となり、若い独身男女の参加者が多かった。
とは言うものの、古参の独身女性 (40代の、所謂 「お局様」 ) も参加する為、独身男性は良い玩具状態になる。
お局様同士で競い合うかのように高価なウィスキーやブランディをバス車内に持ち込み、手作りの料理まで添えて独身男女に大盤振る舞いしてくれるのだ。 当時は駅チカ等が無かったので手作りしたのだろうが、今なら某所からお届けという事態なのだろう。
独身男女はお局様に精一杯の御世辞を言いながら、無料で御馳走になれるということだ。
バスハイクが終わると、道中で気に入られた者は解散地点の銀座界隈のお局様御用達のクラブに連れて行かれる始末になる。 ちなみに、お局様の努力も虚しく、この結果で結婚したという話は聞かなかった。

こんなバスハイクに5年ばかり参加していたが、不健康であると思い 「海釣り」 に切り替えた。
海釣りは、当時の自宅に近い三浦半島から船が出るため移動が少ないのでつまらなく思い参加しなかったのだが、先輩がマイカーで送迎してくれるということで話が決まった。
釣りの相手はサバやアジが多く、家庭を構えた男性には好評のレクであった。
人数見合いに仕立てる船は、五隻以上だったろう。
スクーバダイビングをするものの、海釣り初体験の儂は 竿からカッパまで道具を揃えて臨んだ。
初心者ほど怖いものは無く、さっぱり釣れない先輩達を尻目に、なぜか儂だけはやたらと釣れた。
釣ったところで持ち帰るつもりの無い儂は、すぐに釣りに飽きてしまい、釣れたアジを刺身に作り一杯と相成った。

儂が釣果を持ち帰らない事を聞いた先輩が呉れと言うので、どうぞ ということになった。
船べりに陣取った先輩は、アジの頭と腸を取るという作業を始めた。 ざっと見ても200匹は有っただろう。
「そんなに沢山さばいて、どうする」 と問えば、社宅で配るのだと言う。 「誠にご苦労」 と妙な感心をしたものだ。

横浜在住の頃、御近所には釣りが趣味という人が多かった。
「釣れ過ぎたのでお裾分け」 と言っては、アジやサバを持ちこまれ、辟易したものだ。
釣った夫は鼻高々なのだろうが、受け取った妻が呆れてしまい 近所にも災厄のタネをばら撒いたというところか。
我が家では女将共々に、「食べたい物は、食べたい時に、食べられる量を、買って食べる」 という主義だ。
釣りに行ったところで、その日に食べられる分が釣れれば上等として帰路に着く。
よその御宅の迷惑を考えずに 「釣れ過ぎたのでお裾分け」 という釣り人の神経は、未だに理解ができない。

予知レベルはそんなもの!?

予知レベルはそんなもの!?

火山噴火予知連絡会の記者会見にて、藤井会長(東大名誉教授) (上記より、一部無断転載) 「確かに(死傷)数は非常に多い。 活火山に登る以上は事故に遭う可能性はある。  活火山に登ることはリスクがあるんだということは考えてほしい。 人がたくさん集まっていることでは、たとえ小さな噴火でも大きな災害になるということが活火山の宿命みたいなもの。 近づくときはそういうリスクがあることを登山客に考えてもらい...

... 続きを見る


火山噴火予知連絡会の記者会見にて、藤井会長(東大名誉教授) (上記より、一部無断転載)
 「確かに(死傷)数は非常に多い。 活火山に登る以上は事故に遭う可能性はある。  活火山に登ることはリスクがあるんだということは考えてほしい。 人がたくさん集まっていることでは、たとえ小さな噴火でも大きな災害になるということが活火山の宿命みたいなもの。 近づくときはそういうリスクがあることを登山客に考えてもらい、最低でもヘルメットは持って山に登るということを考えるのが活火山の場合、当然だと思う。 噴火規模の大きさで災害の大きさが決まるわけではない」  
とのこと。 まことに尤もな意見である。 気象庁の見解を聞きたいものだ。
WikiPedia:火山噴火予知連絡会より引用抜粋
火山噴火予知連絡会とは、火山噴火予知計画に基づいて、火山噴火の予知のための研究を行っている関係機関が集まり、「観測データや情報の交換を行い、火山活動についての総合的判断を行う」ことを主目的として設置されている機関である。
気象庁が事務局を担当しており、大学などの研究者や関係機関の専門家で構成されている。 内閣府や国土交通省河川局などの防災機関も参加している。
よく似た経緯で設置されている地震予知連絡会(地震予知計画に基づいて設置)は、事務局が国土地理院であり、委員が学識経験者と技術官庁(気象庁など)だけで構成されているなど、火山噴火予知連絡会とは
性格がやや異なる。 これは、地震予知がまだ研究段階であるのに対して、火山噴火予知は観測体制などによっては可能なことがあるため、より防災に役立てるこ
とが期待されるためである。
関連過去記事

木曽の御嶽山が噴火

山に登る楽しみとは

紛らわしい噴火警報

「我が闘争」学

「我が闘争」学

「「国民」の敵は政府 - オータムリーフの部屋」を拝読した。アドルフ・ヒトラー「我が闘争」はなかなかの名言集だ。安倍政権もこれを読んで学習しているのかもしれない。と はじまり一体誰のための政府?国民の敵?と締められた記事は、興味深い。儂は、「我が闘争」 を読んだことがないのだが、触発されたので読んでみようかと思う。わが闘争 まんがで読破 【文庫】価格:596円(税込、送料別)...

... 続きを見る

「国民」の敵は政府 - オータムリーフの部屋」を拝読した。
アドルフ・ヒトラー「我が闘争」はなかなかの名言集だ。安倍政権もこれを読んで学習しているのかもしれない。
と はじまり
一体誰のための政府?国民の敵?
と締められた記事は、興味深い。
儂は、「我が闘争」 を読んだことがないのだが、触発されたので読んでみようかと思う。


わが闘争 まんがで読破 【文庫】

わが闘争 まんがで読破 【文庫】
価格:596円(税込、送料別)

「べーピング」って何?

「べーピング」って何?

『「NO SMOKING」の隣に、謎の「VAPING OK」の表記…これって一体何?:らばQ』 を拝読した。最近は、「NO SMOKING」 ・ 「VAPING OK」 というガイドが有るとのこと。「喫煙はダメだけど、ベイパーは大丈夫」ということだ。「2013年12月12日、『プルーム』『タバコポッド』(7銘柄)新発売 | JT ウェブサイト」にて、ベイパー(Vapor) という用語があり、 「VAPING」  とは電子タバコのこと。合法ドラッグ ⇒ 脱法ドラッグ ⇒ 違...

... 続きを見る

「NO SMOKING」の隣に、謎の「VAPING OK」の表記…これって一体何?:らばQ』 を拝読した。
最近は、「NO SMOKING」 ・ 「VAPING OK」 というガイドが有るとのこと。
「喫煙はダメだけど、ベイパーは大丈夫」ということだ。

2013年12月12日、『プルーム』『タバコポッド』(7銘柄)新発売 | JT ウェブサイト」にて、ベイパー(Vapor) という用語があり、 「VAPING」  とは電子タバコのこと。

合法ドラッグ脱法ドラッグ違法ドラッグと名称変更を繰り返し 現在では危険ドラッグと呼ばれる品物は、吸引用具として電子タバコ用のそれに類似した物を用いる事を聞いた。
公共の場において 「NO SMOKING」 は(今時) 致し方ないが、 「VAPING OK」 でよろしいのかな~とビックリ

過去記事検索:電子タバコ

死なない工夫は自分でか

死なない工夫は自分でか

「家を建てた後に、山は出来ない: 松つあん日記」を拝読した。熊本県・菊池市による 「土砂災害防止」 の説明会にて、「...家を建ててから山が出来た訳ではありませんから・・・」 との説明がなされたとのことだ。 うまい言い訳をするもんだ地方自治体としてのひとつの姿勢と、説明に当たる方針を垣間見るようだ。法令に従い 「説明会を開催しました」 ということで、国に対しては言い訳が立つということだろうか。当地の石川...

... 続きを見る

家を建てた後に、山は出来ない: 松つあん日記」を拝読した。
熊本県・菊池市による 「土砂災害防止」 の説明会にて、「...家を建ててから山が出来た訳ではありませんから・・・」 との説明がなされたとのことだ。 うまい言い訳をするもんだ

地方自治体としてのひとつの姿勢と、説明に当たる方針を垣間見るようだ。
法令に従い 「説明会を開催しました」 ということで、国に対しては言い訳が立つということだろうか。

当地の石川県七尾市にても、以前から自宅裏の急傾斜地での土砂崩壊防止措置を求めていた高齢の婦人が、
「私有地内の事は自分で..」 という回答を得た後、過日の豪雨により土砂崩壊が発生して死に至った。

国や地方自治体は色々と言うが、抜本的な解決策というもは何ら行えない。
生き残るためには、住民自身で工夫しなければならないということだろうか。

「雨月物語」でも

「雨月物語」でも

以前、「怪談百物語」というテレビドラマがあった。竹中直人氏の語りで、臆病者の儂としては なかなか怖かった。夏も過ぎ、もう幽霊の出番が終えただろうから、怪談話でも読むかとも思う。【楽天ブックスならいつでも送料無料】雨月物語改訂版 [ 上田秋成 ]価格:864円(税込、送料込)...

... 続きを見る

以前、「怪談百物語」というテレビドラマがあった。
竹中直人氏の語りで、臆病者の儂としては なかなか怖かった。
夏も過ぎ、もう幽霊の出番が終えただろうから、怪談話でも読むかとも思う。


大相撲はモンゴル場所

大相撲はモンゴル場所

白鵬には負けちゃったが、逸ノ城は強いね~大相撲には昔から関心が無い儂だが、最近の上位勢はモンゴル出身が占めているから余計関心が無い。しかし、逸ノ城は初入幕でもあの力量なのだから、以前から噂の遠藤が抜かれるのは時間の問題だね。きっとさて、今場所の優勝はどうなるのでしょうか...

... 続きを見る


白鵬には負けちゃったが、逸ノ城は強いね~
大相撲には昔から関心が無い儂だが、最近の上位勢はモンゴル出身が占めているから余計関心が無い。
しかし、逸ノ城は初入幕でもあの力量なのだから、以前から噂の遠藤が抜かれるのは時間の問題だね。きっと

さて、今場所の優勝はどうなるのでしょうか

紛らわしい噴火警報

紛らわしい噴火警報

昨日(9/27)発生した御嶽山の噴火に関する気象庁の会見によれば、「地震が続いているからといって噴火が起こるかどうかは判らなかった」 とのことだ。優秀な頭脳を揃えて金を使っているには、情けないこっちゃ。 それは置き。噴火の予想ができなかったから、「噴火警戒レベル」 は従前とおりの 「1」 のままであったということのようだ。御嶽山の 「噴火警戒レベル」 は、気象庁が噴火警戒レベルを導入した2008年(H20)3月31日以来...

... 続きを見る

昨日(9/27)発生した御嶽山の噴火に関する気象庁の会見によれば、「地震が続いているからといって噴火が起こるかどうかは判らなかった」 とのことだ。優秀な頭脳を揃えて金を使っているには、情けないこっちゃ。 それは置き。
噴火の予想ができなかったから、「噴火警戒レベル」 は従前とおりの 「1」 のままであったということのようだ。
御嶽山の 「噴火警戒レベル」 は、気象庁が噴火警戒レベルを導入した2008年(H20)3月31日以来、「噴火警戒レベル = 1」 が発表されただけで変動していない。

「噴火警戒レベル」 により 「呼称」 及び 「対応する警報等」 が定まり、「噴火警戒レベル = 1」 とは、「呼称 = 平常」 ・ 「対応する警報等 = 噴火予報」 となる。 この度の御嶽山噴火以前はこれに当てはまる。
しかし、噴火が起こったことにより、「噴火警戒レベル = 3」 となり、「呼称 = 入山規制」 ・ 「対応する警報等 = 噴火警報(火口周辺警報)」 に変ったということだ。

島国日本には火山が多く、「日本に於ける常時観測対象の火山」として指定された火山が 47山も有る。

気象庁(国土交通省) には発表しなければならない警報の類が多いが、だからと言って警報等が発表されない(できない) 事は国民としては安心して暮らすことができない。

過去記事にても大雨や土砂崩壊に及んでの 「警報の類は、用語が紛らわしくて判らない」 的なことを感じていた。
この度 噴火の際の警報の類を学んだところ 同様に専門的な紛らわしい用語になっていることが判った。
本気になって警鐘を鳴らす気があるのならば、判りやすくして欲しいものだ。
WikiPedia:噴火警戒レベルより引用抜粋
日本において、特定の火山の活動によって影響する危険範囲や、必要な防災対応を表す指標で、1から5の5段階に区分されている。
気象庁が2007年(平成19年)12月1日から発表を開始し、現在26の火山で発表されている。
各レベルには、火山の周辺住民、観光客、登山者等のとるべき防災行動が一目で分かるキーワードを設定している。  (レベル5は「避難」、レベル4は「避難準備」、レベル3は「入山規制」レベル2は「火口周辺規制」、レベル1は「平常」)
とは言うものの レベル3 「入山規制」 ・ レベル2 「火口周辺規制」 の 「対応する警報等」 は、共に 「噴火警報(火口周辺警報)」 である。
レベルだの、呼称だの、警報だのと、分類せず、1種類に統一しなければ判らないと思う。
また、レベル1 と レベル2 の中間が必要であろう。
そもそも、「対応する警報等 = 噴火予報」 なんて用語が、警報の中の1種類であるなんてことは思いつかないよ。 「天気予報」 の亜種かと思う。 その割には、「呼称 = 平常」 と優しいんだね~  でもね
火山活動の度合い
火山活動はほぼ静穏だが、火山灰を噴出するなど活動状態に変動があり、火口内では生命に危険が及ぶ可能性がある。



なお、「噴火警戒レベル」 が導入されていない火山も有り、その火山では 「噴火警報」 ・ 「噴火予報」 が出るそうな ますますややこしい。 富士山が噴火するのなら、その以前に判りやすくしてくれ~
要するに、日本全国の火山を対象として 「火山の噴火」 予測には 「噴火○○」 が出るが、ピックアップされた火山は 「噴火警戒レベル」 が設定されているって事なのかね~  ※噴火警戒レベルが導入されている火山
WikiPedia:噴火警報より引用抜粋
噴火警報とは、日本において、火山の噴火による災害に注意を呼びかけるために発表する警報および注意報。 国内すべての火山を対象として、気象庁が2007年(平成19年)12月1日から発表を開始した。
噴火警報は火山によって、居住地域を含めた広域に対する警報と、火口周辺に対する警報、火山の周辺海域に対する警報に細かく分かれている。 また、噴火警報の前段階として噴火予報がある。
現在の噴火警報・噴火予報は、気象業務法が規定する「警報」「注意報」「予報」と明瞭に対応している。
噴火警報は「警報」、噴火予報は「予報」に当たる。 「注意報」に関しては、現在の科学では、注意報を発表するにふさわしい状況と警報を発表するにふさわしい状況を区別することが難しい(=事例によって可能・不可能がある)ことから、注意報を発表するにふさわしい状況でも即「警報」となり、噴火警報がその役割を全てカバーしている。

気象業法第13条によれば
第13条  気象庁は、政令の定めるところにより、気象、地象(地震にあつては、地震動に限る。第16条を除き、以下この章において同じ。)、津波、高潮、波浪及び洪水についての一般の利用に適合する予報及び警報をしなければならない。

「○○予報」 や 「○○警報」 とは、どのような位置付けになるのか(?) 、まことに解せない。
気象庁発の用語は、意図的に判りにくくしているのだろうか 的中しないが故の苦肉の策なのか

関連過去記事

紛らわしい避難の呼び掛け
記録的短時間大雨情報」学
警報発令エリアが判らない
木曽の御嶽山が噴火
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
追記:2014/09/30 知らなかったのでメモ
WikiPedia:死火山より引用
死火山(しかざん、extinct volcano)とは、有史以来活動の記録がない火山を指す、古い名称。
年代測定法の発達により過去の火山活動が明らかになるにつれ、数万年周期の噴火活動があることなどが解明されたことにより、有史時代の活動記録のみをもとに火山活動を判断することができないことが分かってきたため、現在では死火山という言葉は休火山とともに学術的には廃用となっている。
活火山以外の火山については、現在では「活火山ではない」「活火山以外の火山」等という。
但し、百万年以上にわたって活動の痕跡がないなど、今後活動する可能性がまったくない火山については、便宜的に死火山と呼ぶ場合もある。
従来、死火山とみなされていた木曽御嶽山が、1979年に水蒸気爆発を起こし、定義を大きく見直すきっかけとなった。

WikiPedia:休火山より引用
休火山(きゅうかざん、英語:dormant volcano)とは、有史以来火山活動の記録があるが、現在は噴気などの目立った活動のない火山を指す、古い名称。 現在では休火山という言葉は死火山とともに廃用となっている。

山に登る楽しみとは

山に登る楽しみとは

過日のNHKで、「金とく 天空の岩山をゆく ~穂高連峰 大縦走~」という番組を見た。標高3000メートル級の山々が連なる北アルプスの穂高連岳を縦走する、元ノルディックスキー選手の荻原次晴氏と山岳ライターという小林千穂氏を捉えた内容である。小林氏は山岳ライターという紹介であるが、取り立てて登山経験が豊富であるようには見えなかった。しかし、穂高に登りたいという思いが伝わってくる。3000メートル級の穂高連峰はガ...

... 続きを見る

過日のNHKで、「金とく 天空の岩山をゆく ~穂高連峰 大縦走~」という番組を見た。
標高3000メートル級の山々が連なる北アルプスの穂高連岳を縦走する、元ノルディックスキー選手の荻原次晴氏と山岳ライターという小林千穂氏を捉えた内容である。
小林氏は山岳ライターという紹介であるが、取り立てて登山経験が豊富であるようには見えなかった。
しかし、穂高に登りたいという思いが伝わってくる。

3000メートル級の穂高連峰はガレ場が続き、緑が少ない。
昨日噴火した御嶽山も3000メートル級だが、あのクラスの山岳は観光登山というよりは修験道の聖地だろう。
多少体力に自信が有るからとか、昔は登山で鳴らしたとか言って、高齢者が おいそれと挑む山では無い。
最近ではヘリコプターを含めて救助体制が整っているが、救助してもらえることを当て込んで、登山経験の少ない高齢者が趣味の延長線で山に行くべきでは無い。
聖地として挑む修験者は、命を賭しているだろう。

「山高きにして貴からず」 との言葉もある。
高齢者は イザ遭難という場面を想定して、低くても充分に楽しめる山を目指したら如何なものだろうか。