無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

休筆宣言

休筆宣言

明日から数日の間、ブログを休筆する。 また、コメント等には返信できない。以下の絵は、特に意味は無いのだが...JAバンク 「年金 アクティブシニア応援2015」松下奈緒...

... 続きを見る

明日から数日の間、ブログを休筆する。 また、コメント等には返信できない。
以下の絵は、特に意味は無いのだが...JAバンク 「年金 アクティブシニア応援2015」松下奈緒

05/31

05/31

「水防訓練で県警のドローン落下 山梨、けが人なし:朝日新聞デジタル」 というお騒がせ事件。今春、本格導入したドローンが操縦不能とのことで、メーカーと連絡の上で原因調査するとのこと。室内で自動飛行OK 千葉大発、国産ドローンの性能披露:朝日新聞デジタル当該ドローンのメーカーは不明だが、このような不測の事態に備えて、公共機関が用いるドローン(マルチコプター) は、国産メーカーの物を用いたい。あすから施行 ...

... 続きを見る

久しぶりの大地震?

久しぶりの大地震?

日本全国で揺れ、「異常震域」か…小笠原沖地震 : 読売新聞小笠原沖M8・5「東日本大震災と違う仕組み」 : 読売新聞緊急地震速報、鳴らなかったのはなぜ? 小笠原沖でM8.5の巨大地震昨夜の20時24分頃、小笠原諸島で震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は小笠原諸島西方で、震源の深さは590キロ。東京都内でも震度4とのことで、久しぶりに大きな地震である。全国的に振動があり、石川県金沢市でも震度2とのことだ...

... 続きを見る

日本全国で揺れ、「異常震域」か…小笠原沖地震 : 読売新聞
小笠原沖M8・5「東日本大震災と違う仕組み」 : 読売新聞
緊急地震速報、鳴らなかったのはなぜ? 小笠原沖でM8.5の巨大地震
昨夜の20時24分頃、小笠原諸島で震度5強の地震があった。
気象庁によると、震源地は小笠原諸島西方で、震源の深さは590キロ。

東京都内でも震度4とのことで、久しぶりに大きな地震である。
全国的に振動があり、石川県金沢市でも震度2とのことだ。 我が家では、その程度なら感じないが..
それでも、東北地方太平洋沖地震を経験した為か、あの程度の震度では無感覚になっている。
今朝の日本では、ことさらの報道も無いから 大したことは無かったということか。 それとも、無感覚の成せる事か。


その時間は民放テレビを視聴していたが、"緊急地震速報" が流れたので、NHKにチャンネルを切り替えた。
さすがに一般放送ではなく、地震の情報を報じていた。 しかし、アナウンサーの言葉が不明確である。
NHK御膝元のJR渋谷駅前やJR新宿駅前からの中継でも、報道の連携とアナウンサーのシナリオが一致しない。
何を報道したいのか?? が判らない。 レポーターに至っては、言葉すら発していない有り様だ。

あのような状態では、予想されている首都大地震が発生した場合には、報道にならないだろう。
全国的な地震にも関わらず、首都圏に特化したような内容の報道は如何なものであろうか。
"津波の襲来が無い" ということで、"地震関係の報道は一段落" ということではあるまい。
首都圏に特化して報ずる姿勢なのであれば、せめて予てより噂の箱根の状況程度は触れるべきではないか。

NHKでは一般放送の中断に続けて、一般ニュースの時間帯を割いてこの地震に関する首都圏の情報を報ずることに終始した。その為、一般ニュースなら行われたであろう口永良部島の噴火については触れられることが無かった。
「状況に変化が無い」 と言えばそれっきりだが、首都圏の地震だけが大ごとではあるまい。

そんなNHKは、一般ニュースを中止して、"NHKスペシャル" を報じた。 予定通りに流すほどのことだったのか。
「豊かさを求めて」 とタイトルされた番組内容は、"アベノミクスの宣伝" と見るのは読み過ぎだろうか。
"安倍政権の言葉を信じていれば、10年後には豊かな未来になる" という教宣を報ずるのは今だということか。

地震が多発する首都圏・太平洋側から逃げ出すならば今の内...北陸は静か....今のところは
蛇足 東京都一択!? 「首都圏」に含まれる都道府県 - 「埼玉は入らない」の声も | マイナビニュース
日本国では、首都として明記された地域は無い。 当然、東京都は23区であろうとも、首都では無い。
それにも関わらず、東京付近に住む田舎者は首都圏の大都会を自慢する。 なぜか、報道も右倣えである。

山小屋のノート

山小屋のノート

昭和40年代に俺が知る山小屋は無人の物が多かった。 連山や連峰と呼ばれる山を数日かけて縦走するような場合は、テント泊が多かったが、コースを選んで運が良ければ山小屋に泊まることができた。そのような山小屋は無骨ながらも積雪などで倒壊することが無いように、とにかく頑丈だった。扉を開けることもかなりの力仕事であったが、風に飛ばされる事を思えば致し方ないことだ。小屋の中に入ると真っ先に、その晩お世話なる事に感...

... 続きを見る

昭和40年代に俺が知る山小屋は無人の物が多かった。 連山や連峰と呼ばれる山を数日かけて縦走するような場合は、テント泊が多かったが、コースを選んで運が良ければ山小屋に泊まることができた。

そのような山小屋は無骨ながらも積雪などで倒壊することが無いように、とにかく頑丈だった。
扉を開けることもかなりの力仕事であったが、風に飛ばされる事を思えば致し方ないことだ。
小屋の中に入ると真っ先に、その晩お世話なる事に感謝を込めて小屋を掃除する。 そして水場を探す。
水場が小屋の傍に有れば良いが、遠い場合はそれだけで大仕事になってしまう。 たいがいは程近い。
テント泊の場合と違い、山小屋泊の場合は明るい時間内に夕食の支度を終えるように努めていた。

夕食の支度が済んだ頃には陽が暮れはじめ、つるべ落としに暗くなる山の中で麓から持参したウィスキーを飲みながらの夕食だ。 夕食と共に "山小屋のノート" を読みながら盛り上がる。
ノートは、持ち帰ろうという不届き者が出ない限りは、殆どの山小屋に置かれていた。 おそらく小屋を管理する行政機関が置いていたのだろう。 ノートには、管理者に対する感謝や苦情も見受けられた。
そんな内容よりも、最も多い書き込みは "自分の事" だった。

自分の登山経験や人生観など、雑多な内容が書かれた書かれたノートは、現在ならばブログの世界に酷似する。
中には、その日 山小屋に泊まったのは執筆者ひとりだけだったのだろうと思わせるような...暇に任せた長文もあった。 登山する時間の中で、浮かんでくる考えをひたすら書き留めたような内容もあった。
中には、自殺をほのめかすような内容もあったが、その者の生死を知るすべもない。
山ガールが珍しかった当時に、女性の筆跡を見つけることがあれば、大いに盛り上がった。

現在の山小屋は、当時のそれに比べれば "ホテル" と呼んでも言い過ぎではあるまい。
すっかり出来上がった夕食を馳走になれ、冷えたビールですら提供される。 翌日は朝食は勿論、昼弁当も提供される。 無論、金を支払った結果ということだが、金がすべてではあるまい。

"山小屋のノート" を通じて、知らない者同士がなんとなく気心を知ったようなつもりになれるのは嬉しかった。
「便所を掃除しました」 とノートに書き込める事が嬉しかった。 山登りとはそんなものというのが俺のノートさ。

このブログはリンクフリー

このブログはリンクフリー

"リンクフリー" という言葉を覚えた。そういえば、田舎の行政が作ったサイトや、小さな企業のサイトでは 「リンクする場合は、御一報ください」 とのことわり書きを見受けた事が有った。 また、自サイトの集客を目指しているような場合は、「どのページでもリンクフリー」 とか 「リンク大歓迎」 との事を思い出した。WikiPedia:リンクフリーより引用抜粋リンクフリー(和製英語:link free)は、ウェブサイトにおいて 「断り無し...

... 続きを見る

"リンクフリー" という言葉を覚えた。
そういえば、田舎の行政が作ったサイトや、小さな企業のサイトでは 「リンクする場合は、御一報ください」 とのことわり書きを見受けた事が有った。 また、自サイトの集客を目指しているような場合は、「どのページでもリンクフリー」 とか 「リンク大歓迎」 との事を思い出した。
WikiPedia:リンクフリーより引用抜粋
リンクフリー(和製英語:link free)は、ウェブサイトにおいて 「断り無しでリンクして構わない」 という意味を表す和製英語。 日本のインターネット社会で作られ日本でのみ通じる概念である。
これには、「リンクを貼るには、リンク先のサイト管理者に対して許可を取るべきだ」 という考えが前提にあるが、この前提はハイパーテキストによる情報の結合・情報資源の共有という Web の理念からは程遠い。
よって、記述のあるなしに拘らず、すべてのウェブページはリンクフリーであると言える。
法的な面では、ウェブページに対してリンクを張ることに許可が必要であるとする考えは、リンクという技術要素そのものに絞って言えば誤りである。 そもそも、ウェブページおよびそこに記載される内容はすべて、Web上に公開されている情報であり、リンクはその公開されている情報を参照するという行為の一手段にすぎない。
したがって、リンクに許可を求めるという行為そのものには、少なくとも法的根拠が存在しない。
「法的根拠が無くとも、リンクを張る前にサイト管理者に許諾を得るべき」 と主張する者もいるが、リンクを張ることでインターネット上の知を豊かにするという本来のWebの理念からは外れた主張である。
という、如何にもサッパリとした内容になっている。
しかし、"日本でのみ通じる概念" とは言うものの "事前承諾を求める" サイトが存在する以上は、従うべきだろう。


インターネットの常識的なことを知る事も無いままに、独学でサイト(ホームページ) を作ったのを手始めに、途中からはXOOPSという ある意味 "オタク" の世界に入った俺は、リンク(ハイパーリンク) する事が当ったり前であった。
むしろ、"リンクしてやるからありがたく思え" という考えであったろう。 サイトを作るというよりも、リンクブックを作る方が重大事であった。 巷の検索エンジンで探すよりは、自分用のリンクブックを用いた方が早いということだ。

サイトの構築を止めブログだけを利用してしている現在でも、はてなブックマークを利用するとともに、頻繁に利用するサイトはブログ内にブックマークを設置している。 はてなブックマークとリンクフリーの概念は異なるのかも..

ちなみに、俺が管理するサイトは、このブログ and Wik 共々、リンクフリーである。
記事や写真の引用も、リンク同様に何でもどうぞということだ。
リンクされても、引用されても、こちらから苦情する事になるような記事は、ネットには掲載しないことにしている。リンクしてやろうという奇特な方は、ドンドンとリンクして欲しい。 いないだろうがね
本件で思い付き、このブログ内に 「リンクフリー」 の旨を掲載した。

関連過去記事
ブログ徘徊を楽しむ
トラックバックを歓迎
ホームページ開設に掛かる壱考察
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【追記】 IPアドレスについて
最近は、ネットネームすら名乗らないでコメント付けする者がいる。 そんなコメントは怪しげな呪い言葉が多い。
当人は 「名無しのごんべい」 のつもりだろうが、このブログには【アクセス解析】を設置しているので追尾可能だ。
IPアドレスは管理人がその気になりさえすればすぐに知ることができるが、面倒なのでなかなかその気に成れない。
しかし、自分自身で 自分のIPアドレスを知っておくのも何かの時には便利である。
以下に説明サイトと、IPアドレスの情報を知れるサイトを記載する
今どきは嫌がらせめいたコメントもあるから、アクセス解析を設置することはお薦めだ。
アクセス解析は色々と無料で提供されているが、俺はアチコチのレンタルに会員登録したくないので、他のツールを含めて【忍者ツールズ】を一元的に利用している。この会社では 「簡単設置でアクセス制限・拒否が設定できる無料ツール忍者バリアー」 も提供している。迷惑な訪問者は、これを稼働させればこのブログを表示させることができなくなる...とは言うものの、訪問者が少ないから今のところ拒否設定は1人だけだ。
自分の管理するブログやホームページ・掲示板は、自分で管理する法的な義務が課せられている。
これは、レンタルしているブログ等でも同様である。 また、レンタルしている会社側でも 貸し出しているブログ等に "不適切な掲載" が有り罪に問われた場合は、罪が及ぶ場合が有る。 したがって、"不適切な掲載" が有ると見受けられるブログ等は 事故防止の意味から事前に(問答無用で) レンタルを解除されることになる。

"不適切な掲載" は、ブログ等管理人が書いた記事に限らず、コメントに対しても適用される。
と言う訳で、ブログ等を管理する者は、不適切な記事等を掲載しないことは当然であるが、"不適切なコメント" は管理者の責任において適切に削除するなどの管理を行わなければならない。
スマートフォン版ブログにアクセス解析ツールの解析タグを設置する - livedoor Blog ヘルプセンター

やはり貴方は...

やはり貴方は...

喧々諤々と議論をしていた二人、最後にいわくA 「それじゃ~まるっきり、俺がバカみたいじゃないか」B 「それじゃ~まるっきり、おまえが賢いみたいじゃないか」...

... 続きを見る

喧々諤々と議論をしていた二人、最後にいわく

A 「それじゃ~まるっきり、俺がバカみたいじゃないか」

B 「それじゃ~まるっきり、おまえが賢いみたいじゃないか」

FIFAの不祥事に思う

FIFAの不祥事に思う

FIFA、9大会で汚職…放送権受注で : スポーツ : 読売新聞国際サッカー連盟 (FIFA) の首脳陣の中に、放送権や開催地決定に関して企業から多額の賄賂を受け取っていたとして、アメリカ司法当局が明らかにしたとのことだ。サッカーに限らず、同様の不正行為が無いことは無いだろう。国際オリンピック委員会 (IOC) 等に飛び火しなければ良いが..スポーツは神聖だ..云々と言うが、宗教と同様に、神聖なものほど金儲けのネタにな...

... 続きを見る

FIFA、9大会で汚職…放送権受注で : スポーツ : 読売新聞
国際サッカー連盟 (FIFA) の首脳陣の中に、放送権や開催地決定に関して企業から多額の賄賂を受け取っていたとして、アメリカ司法当局が明らかにしたとのことだ。

サッカーに限らず、同様の不正行為が無いことは無いだろう。
国際オリンピック委員会 (IOC) 等に飛び火しなければ良いが..
スポーツは神聖だ..云々と言うが、宗教と同様に、神聖なものほど金儲けのネタになり、政治に利用される。

神聖とされるスポーツだが、金儲けになると判れば "スポーツ" だけではなく "スポーツビジネス" を行う者は絶えない。 FIFA は、"スポーツビジネス" には素人だったということだろう。
古代より、"八百長" や "勝ち負け賭博" があったことは知られている。 人生は、欲と二人連れ也。
スポーツに取り立てた関心の無い俺には、FIFAの汚職は極めて当たり前のことであり、騒ぐほどの事では無い。
国際的なスポーツの開催国となる事で、観光客の増加などから、開催しても余りある金が開催国には入るという。
それだから、オリンピックは大々的な誘致活動を行うということだ。 俺は、裏金の存在を疑わない。
甲子園での高校野球のように開催地を固定するとか、せめて数ヶ所に固定するとかの方法を取ればよかろうとも思うのだが、それでは開催国として儲ける国が限定されるから他国は嫌なのだろう。 また、 "スポーツビジネス" を行う者には甘みが無いということだ。 競技するスポーツ選手としては、どこだって良いと思うのだが..
政治家の○○サミットだって、似たような内情であろう。 和食が食いたくなったら、日本でやるということだ。

これを機会に "スポーツビジネス" を行う者達の粛清を行うとともに、組織そのものの見直しが必要なのだろうか。
だが、"スポーツ選手"にとっては、この騒動は無縁であろう。 アマチュアは勿論、ブロのアスリートでも無縁だろう。
"スポーツビジネス" の騒動を気にすること無く、鍛錬に励み、実力を発揮して欲しいものだ。

マイナンバーと電子カルテ

マイナンバーと電子カルテ

マイナンバー利用し医療情報をまとめて管理へMBSニュース政府が導入する国民管理システムは、構築に金が掛かるだけで役に立たないと思っている。 ※マイナンバーしかし、本日の安倍総理の発表では、「病院での診察の結果や薬の処方などの医療情報をまとめて管理する仕組みを2020年までに導入する」とのことだ。 要するに、電子カルテを全国の病院で見られるようになるということか?併せて、健康保険証としても使えるようにすると...

... 続きを見る

マイナンバー利用し医療情報をまとめて管理へMBSニュース
政府が導入する国民管理システムは、構築に金が掛かるだけで役に立たないと思っている。 マイナンバー
しかし、本日の安倍総理の発表では、「病院での診察の結果や薬の処方などの医療情報をまとめて管理する仕組みを2020年までに導入する」とのことだ。 要するに、電子カルテを全国の病院で見られるようになるということか?
併せて、健康保険証としても使えるようにするとのことだ。 それだけでも、やっと先進国並みになるということか

高い金を使って構築するのだから、税務署の脱税対策に用いるだけでは無駄とも言えるが、電子カルテが本格運用される事は望ましい。 しかし、健康保険証としてマイナンバーカードを病院通いの都度携帯しなければならないのは、物騒な面が多いだろう。 ボケ老人が紛失したら、国民年金からすべてがバレバレになってしまう。

そもそも日本での電子カルテ化構想は(WikiPediaより抜粋引用)、遅れに遅れている。
2001年12月、e-Japan構想の一環として厚生労働省が策定した「保健医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」において、「2006年度までに全国の400床以上の病院および全診療所の6割以上に電子カルテシステムの普及を図ること」が目標として掲げられた。
この度、来年(2016) 1月には運用開始されるマイナンバー制度を見据えた上で不評を払拭しようとするかのごとく、また「安全保障関連法案」の審議真っ最中に安倍総理自身が発表するのは、国民に対する甘い餌のつもりなのか

既に大幅に遅延している電子カルテの導入は、安倍政権が変わる事で、またまたズレ込むかもしれない。
しかし、引かれたレールに走らせる電車の数を増やすだけの事だから、実現されることを望みたい。

関連過去記事
マイナンバー施行迄1年か
「マイナちゃん」ねぇ~
「助けてくれ」徘徊老人より
マイナンバー法案

野党は所詮野党だね

野党は所詮野党だね

俺は、現在行われている「安全保障関連法案」は無用と考えている。更に、安倍総理の国会答弁ぶりはいつもに増して腹立たしさを覚えている。しかし、そんな俺でも、野党が行っている以下のような言動はよろしく無いと考える。安倍総理の独善的な答弁は鼻持ちならないが、辻元議員の前置きの長い笑えない一人漫才はいらだちを覚える。辻元氏、久々の「ソーリ節」 首相、いらだち隠さぬ一言:朝日新聞デジタル安保法案めぐる外相答弁...

... 続きを見る

俺は、現在行われている「安全保障関連法案」は無用と考えている。
更に、安倍総理の国会答弁ぶりはいつもに増して腹立たしさを覚えている。
しかし、そんな俺でも、野党が行っている以下のような言動はよろしく無いと考える。
安倍総理の独善的な答弁は鼻持ちならないが、辻元議員の前置きの長い笑えない一人漫才はいらだちを覚える。
辻元氏、久々の「ソーリ節」 首相、いらだち隠さぬ一言:朝日新聞デジタル
安保法案めぐる外相答弁に反発 野党側委員ら退席:朝日新聞デジタル

特別委員会において、本来の討議を行わず(行えず?) 、上げ足を取るような言動しかできないのは政治家にあるまじき行動である。 と鯱立ちしてみたところで、いつもの野党のやり方と言われればそれっきりなのだが...
しかし、この度審議されている内容は "いつもの" やり方で御茶を濁した結果、多数決で押し切られて、「頑張った」 と触れ回りお涙頂戴で済む事では無い。 もっと真面目にやれ


安倍総理が力説するような危機が迫っているとは考えないが、仮に危機が有り防衛しなければならないのであればアメリカの傘の下で安全保障に頼ることなく、自国防衛を行う覚悟の元で軍備を図ればよい。
当然、安全保障条約は破棄することになる。 と言っても、富国強兵を図らなければ兵隊がいないってか

自動車を輸出することにばかり力を入れても、食料自給率と共に出生率が下がる一方の日本に何ができる

マーフィーの法則vs川柳

マーフィーの法則vs川柳

「マーフィーの法則 ~電車・バス編~ ロマンスグレーの独り言」 を拝読した。そういえば有ったね~と、懐かしく思い出す。WikiPedia:マーフィーの法則より抜粋引用マーフィーの法則(英: Murphy's law)とは、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである(それが事実かどうかは別)。多くはユーモアの類で笑えるものであるが、中には重要な教訓を含むものもある。現代で言えば、「サラリー...

... 続きを見る

マーフィーの法則 ~電車・バス編~ ロマンスグレーの独り言」 を拝読した。
そういえば有ったね~と、懐かしく思い出す。
WikiPedia:マーフィーの法則より抜粋引用
マーフィーの法則(英: Murphy's law)とは、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである(それが事実かどうかは別)。
多くはユーモアの類で笑えるものであるが、中には重要な教訓を含むものもある。


現代で言えば、「サラリーマン川柳」 や 「シラバー川柳」 等に通じるのかも知れないが、日本の言葉遊び的な物とは一線を画しているようだ。 日本の言葉遊びには、日本なりの下地が有ったのかも知れない。
今年も、第一生命保険株式会社が主催する 「第28回サラリーマン川柳ベスト10」 が発表されたが、はじまった頃の27年前のようなスピリッツは感じられない。

改めて、「マーフィーの法則」 を読むと、川柳などとは異なるユーモアが散りばめられていることを知る。
具体的な表記は、上記ブログを読んで笑いたい。 また、向後の追加記述を期待したい。
川柳帳」と名付けた俺の雑記も、少しは中身を増やしたいものだが、最近のボケ頭ではなかなか浮かばない

関連過去記事
まだ「サラリーマン川柳」
俳句or川柳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
電子書籍の読書がはかどり、今はアレクサンドル・デュマの 「モンテ・クリスト伯」 を読んでいる。
山内義雄氏訳の岩波文庫全7巻である。



以前に読んだ物とは訳者が異なるのかも知れないが、原作がデュマなだけに、会話の機微が楽しい。
マーフィーの法則も、あのような会話・人付き合い・社会環境の中から生まれてきた言葉なのだろうか。