無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

現金は持ちたくない

現金は持ちたくない

内閣府がクレジットカード利用に関する世論調査結果を発表した。(発表資料はPDF)クレジットカード、「積極利用したくない」57%:朝日新聞デジタル「クレジットカードを積極的に利用したいか」との質問に対し、「そう思わない」との回答は57・9%で、「そう思う」39・8%を大きく上回った。なるほどとも思うが、俺は“クレジットカード利用歓迎派”である。コインを数えるには、視力が悪いので鬱陶しい。しかし、クレジット...

... 続きを見る

内閣府がクレジットカード利用に関する世論調査結果を発表した。(発表資料はPDF)
クレジットカード、「積極利用したくない」57%:朝日新聞デジタル
「クレジットカードを積極的に利用したいか」との質問に対し、「そう思わない」との回答は57・9%で、「そう思う」39・8%を大きく上回った。
なるほどとも思うが、俺は“クレジットカード利用歓迎派”である。コインを数えるには、視力が悪いので鬱陶しい。
しかし、クレジットカードの支払いは後払いとなることから、死後に請求が来る事の無いように、“プリペイド(前払い)方式”の電子マネーである楽天Edyを利用することにしている。 まさか、借金を踏み倒して死ぬわけにもいくまい。
だが、楽天Edyを利用できる場所(店舗)が少ないことや、ネット通販等を利用した場合は、やはりクレジットカードを利用しなければならない状態だ。 金の置き場所を工夫しているのは、年寄りばかりではないだろう。
俺の場合は工夫するほどの金を持ち合わせていないが、定期預金が満期になったら普通預金的な口座(俺が生前に指定した者は、俺の死後、遺産相続前に引き出せる口座?)に切り替えて下ろしやすくする所存也。
ゼロ金利の中で銀行に定期預金してもしょうがないし、死亡時には遺族が使えるようにするまでが面倒だ。
タンス貯金という手もあるが、それではクレジットカードが使えないというジレンマも起こる。

上記アンケート結果のとおり、日本人は現金払いが好きなようだが、国外では現金払いは嫌われるとのことだ。
偽札である場合に備えての対応と聞く。偽札の疑いを抱かずとも現金を使える平和ボケした日本に慣れた結果か

また、クレジットカードを所持し、利用できるということは、その人物の社会的な信用度を表していると言える。
信用調査会社のブラックリストに乗って、クレジットカードはおろか、サラ金も利用できない者もいるのだから。
東京新聞:覚えない請求、確認を カード情報売買 闇サイトで横行

関連過去記事:定期預金は箪笥預金に?