無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

古文書入門講座:学

古文書入門講座:学

「都会生活から田舎暮らしへ|漢字が書けなーい」を拝読した。古文書入門講座でお勉強を始めたとの事だ。講座では「くずし字の旧漢字を読み解く」とのことだ。そして「旧漢字で書かれている古文書を現代文に書き直す」課題があるのだそうだ。その結果「古文書どころか、今の漢字が書けない」という事態に愕然としたとの事である。大いに納得する状況である。俺も退職以来、パソコンでブログを書く行為しかしておらず、元より覚えて...

... 続きを見る

「都会生活から田舎暮らしへ|漢字が書けなーい」を拝読した。古文書入門講座でお勉強を始めたとの事だ。
講座では「くずし字の旧漢字を読み解く」とのことだ。そして「旧漢字で書かれている古文書を現代文に書き直す」課題があるのだそうだ。その結果「古文書どころか、今の漢字が書けない」という事態に愕然としたとの事である。

大いに納得する状況である。俺も退職以来、パソコンでブログを書く行為しかしておらず、元より覚えていない漢字なんぞは、ドンドン忘れていく一方だ。過日、「コンピューターで使える日本語の漢字が6万字に増える」との聞いたが、まずは現在の1万字を学び直さねばならないということだ。
しかし、意味も無く漢字を学ぶということもつまらない。「漢字検定」受験を目標にするのも悪くはないが、歴史が好きな俺としては「古文書入門」というレールは美文である。ということで、調べてみた。 WikiPedia:言葉遊び
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当地野々市市では過日オープンした「学びの杜ののいちカレード(新・市立図書館)内」や市のサークルを眺めたが古文書入門講座は見当たらない。同様に、近隣市やカルチャーセンターでもなかったが「石川県/古文書解読講座」があった。また、「平成28年度石川県民大学校教養講座 はじめての古文書 ~古文書解読入門~」も。

また、受講料は少々高いが『NHK学園』では「はじめての古文書(受講期間 6か月、受講料27,500円)」や、基礎⇒応用⇒解読実践とステップアップする「古文書を読む」がある。(WikiPedia:学校法人日本放送協会学園)

他にも「○○生涯大学校」の類は多く、向学心さえあれば放送大学を受講する道もある。(WikiPedia:放送大学学園)

色々と望みは持つが、学習するに先立って、まずは視力をまともにしなければならないという引きに落ち着こう。
木簡字典・電子くずし字字典 [共通検索システム]
関連過去記事:石川県のテレビch. / 俳句or川柳
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
日本高校ダンス部選手権・ビッグクラスで大阪府立登美丘が準優勝
(日本高校ダンス部選手権・大会ホームページ)

SankeiNews YouTubeより

嬉しかった万歳

嬉しかった万歳

先日、左上腕骨を骨折してから2年ぶりに自分で換気口の掃除をした。 過去記事:左肩の骨折記念日、2年目骨折の治療にあたった医師は「手術してボルトで固定する」施術をしたがったが、間質性肺炎持ちで全身麻酔が面倒な事と、骨が飛び出す(開放骨折)までには至っていなかった状況などを加味して、手術により感染する可能性を伴うリスクを回避する意味で手術することは見合わせて、固定しただけでの自然治癒に任せる治療方法になっ...

... 続きを見る

先日、左上腕骨を骨折してから2年ぶりに自分で換気口の掃除をした。 過去記事:左肩の骨折記念日、2年目

骨折の治療にあたった医師は「手術してボルトで固定する」施術をしたがったが、間質性肺炎持ちで全身麻酔が面倒な事と、骨が飛び出す(開放骨折)までには至っていなかった状況などを加味して、手術により感染する可能性を伴うリスクを回避する意味で手術することは見合わせて、固定しただけでの自然治癒に任せる治療方法になった。
しかし、手術して正しい位置に骨を固定する事に比べれば、自然治癒は言わば成り行き任せである。凹凸がどのようにくっ付くかは神頼みということだ。特に、既に2日目に成った俺の場合は一部の骨で癒着が始まっていたということで、整復師が行うような「非観血的療法」的な治療は行われなかった。

ということで、治療開始の時点で「両腕が180度真上に上がらない」と申し渡されていた。
確かに昨年までは170度程度までしか万歳ができず、それでも医師に言わせれば上出来ということであった。
この治療にあたっては骨の癒着に合せて病院で整体を行ってくれる事を希望したのだが、「それには及ばす」という冷たい返事であった。それでも、日頃の腕の上げ下ろしが運動となっていたのだろう。
昨年(骨折後、1年経過時点)まではできなかった180度万歳ができるようになった。

昨年は高い所の掃除は業者に依頼して行ったが、今年はできそうだと思い行ったところ、大成功と相成った。
これからは高い場所の掃除ができるようになり、エアコン掃除も気分次第だ。間質性肺炎持ちとしては嬉しい。


Win10今年最後の実験

Win10今年最後の実験

【追記:2018/03/05】本記事を未だ閲覧の皆様へ。クリーンインストールし、アップグレードは完了してます。2017/12/11「Win10のUpdateは再々放置」して以来、12/13「定例Update」は済んだが、未だにv1703の儘也。それでも自動アップデートは頑張っており、v1703のOSビルドは2017/12/12公開の15063.786と最新也。昨日拝読した「やっちまった!! – 愚呑庵」に触発され、年内最後となるv1703⇒v1709Update作戦を敢行した。とは言っても...

... 続きを見る

【追記:2018/03/05】本記事を未だ閲覧の皆様へ。クリーンインストールし、アップグレードは完了してます。
2017/12/11「Win10のUpdateは再々放置」して以来、12/13「定例Update」は済んだが、未だにv1703の儘也。
それでも自動アップデートは頑張っており、v1703のOSビルドは2017/12/12公開の15063.786と最新也。
昨日拝読した「やっちまった!! – 愚呑庵」に触発され、年内最後となるv1703⇒v1709Update作戦を敢行した。
とは言っても「2017/12/11、Win10のUpdateは再々放置」の際にも行った「2017/09/28AOMEI Backupper Standardで取ったシステムバックアップ復元」を再度行っただけの事だ。
「バックアップ復元」後、自動と手動のアップデートや、MediaCreationToolによるアップデートを試みたが、結果としては、案の定ダメ。しかし、以前発生したエラーは無く、多少は真面に戻っているのだろうか。これで改めて、マイクロソフト様のお出まし待ち也。 v1709で新年をと思ったが、がっかり也。
本作業に伴い「2017/09/28AOMEI Backupper Standardで取ったシステムバックアップ」以前の物が無いか(?)と探したが無かった。なお、PC購入時点の「Windows 7のシステムバックアップ」はCDに収録していた。
なお、12/11に「自動アップデートが日々刻々v1709に更新作業をしたがる事」は停止の設定を行ったが停止できず、現在は設定を解除している。(関連過去記事:Win10の定例Update済)

関連過去記事:Windows 10の不調記録:続
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 これより、本日時点のバックアップを取る。
Windows 10で、システム修復ディスクを作成する方法-121ware.com
 Windows 10のバックアップ機能を用いて光ディスク(DVD又はBD-RE)へ
  1. 「システム修復ディスク Windwos 10 64ビット」 1/1枚(DBV)
  2. 「システムイメージ 2017/12/29 13:59」で開始し3/? 終えたが、前回同様にやたらと時間が掛かる(既に約2時間、前回は10時間以上掛かっている)。また、ディスクの残が無くなったので未了ながら中止
    ※向後「システムイメージ」を光ディスクにとる事は行わない事。の方法で外付けHDDに。
 Windows 10のバックアップ機能を用いてIO DATA外付けHDD(EC-PHU3)に「ファイルのバックアップ」をとった(15:55開始、17:15未了ながら中止)。向後、この作業は不必要と思える。関連過去記事:システムイメージ更新:纏

AOMEI Backupper Standard(HELP)を用いてIO DATA外付けHDD(EC-PHU3)に
①.「システムバックアップ」17:16始、18:28完了。フォルダー名(System Backup(1))
②.「ディスクバックアップ」と 「ファイルバックアップ」は巧くできなかった。代わりにBunBackupを試行し巧くいったが、自前ファイルの少ない俺はエクスフローラを用いて単純にコピーするほうが判り易くて良い。
③.外付けHDD以外に、BRにも②と同じデータをエクスフローラを用いて単純にコピーした。
向後は前andの作業をしなくとも、だけで良さそうだ。
ただし、このパソコンがダメになった場合に備えて「Windows 10 のダウンロード」から『MediaCreationTool』の「インストール メディア」を作成しておくべし。

一億人の昭和史:学

一億人の昭和史:学

「これが戦争! - 眺めのいい部屋から」を拝読し、『一億人の昭和史』という図書を思い出した『一億人の昭和史』とは(?)はこちらに紹介されているが、毎日新聞社が編集した膨大な写真情報誌である。本編15巻、別冊6冊を出版。その後、「世界史の中の一億人の昭和史」「別冊 一億人の昭和史」「日本の戦史」等のシリーズを出し、総点数は95点。現在はオークション等にも出品されており、全巻(15+α)揃えようとしたならばかなりの出...

... 続きを見る

これが戦争! - 眺めのいい部屋から」を拝読し、『一億人の昭和史』という図書を思い出した
『一億人の昭和史』とは(?)はこちらに紹介されているが、毎日新聞社が編集した膨大な写真情報誌である。
本編15巻、別冊6冊を出版。その後、「世界史の中の一億人の昭和史」「別冊 一億人の昭和史」「日本の戦史」等のシリーズを出し、総点数は95点。
現在はオークション等にも出品されており、全巻(15+α)揃えようとしたならばかなりの出費を覚悟する必要がある。
全国の図書館でも閲覧できる所は少ない。当市の図書館を探してみる所存なれど、ネット検索では無い。
CiNiiでヒットはあるが、全品があるのかは不明 (国立国会図書館デジタルコレクション)
1億人の平成史 平成の写真資料を募集します』とのこと。投稿締め切りは平成30(2018)年1月31日。

戦前・戦後の写真機が無い時代の昭和ですらあれだけの画像があつまったのだ。InstagramとかYouTubeとかのSNSに写真投稿するのが流行っている平成であれば凄まじい数の写真が集まり過ぎるのではないだろうか。
今上天皇が来年譲位することで幕を閉じる平成昭和の半分の期間とはいうものの、画像は集まるだろう。
とは言うものの、NHKをはじめとして事件・事故の写真を視聴者投稿する仕組みが作られ、投稿することで投稿者の著作権は移譲される仕掛けになっているから、著作権を放棄したくない人達では、今さら改まって『1億人の平成史』に応募しようと考えるする者は多くないのかも知れない。

いずれにしても、あのような画像の著作権がどうなるのかは興味深い。(著作権 | Instagramヘルプセンター)
『一億人の昭和史』は毎日新聞社又は出版社が著作権を有しているのだろうか。その為に、市場で見掛け無いのかも知れない。それ故に中古市場にも出回らず、ネット世界での複写物も出現しないのであろう。

親父は二度の徴兵で中国とインパール作戦に出兵したが、日本橋消防署の運転手をしていた関係からか、いずれも司令部付きとなり従軍記者紛いの写真が多かった。昔のアルバムで20冊近く有り「死ぬまでには図書館的な施設に寄贈する」と言っていた。しかし、「親父を火葬する前にアルバムを処分する」と公言して憚らなかった母が有言実行した。他の者が気づいた時には既に消え失せ、後の祭りであった事は未だに残念である。

今年も仕事納め

今年も仕事納め

仕事人時代であれば、今日は仕事納めである。仕事納めとは、公務員の御用納めを真似た事也。俺の過去記事によれば、昨年(2016)の今日は“PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)”なるものが流行っていた。一昨年(2015)は骨折して泣いていた。2014、2013とは、いかにもブログ初心者らしい纏めをしている。2012年は単身アパートから当地に「通い夫」帰宅する生活であったため、当時のブログは消え失せている。年末年始というか、大晦日に...

... 続きを見る

仕事人時代であれば、今日は仕事納めである。仕事納めとは、公務員の御用納めを真似た事也。
俺の過去記事によれば、昨年(2016)の今日は“PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)”なるものが流行っていた。
一昨年(2015)は骨折して泣いていた。20142013とは、いかにもブログ初心者らしい纏めをしている。
2012年は単身アパートから当地に「通い夫」帰宅する生活であったため、当時のブログは消え失せている。

年末年始というか、大晦日にも仕事をしている人は、「人口の3割」に及ぶという事を聞いたことがある。
どのような統計で「人口の3割」に成るのか不思議なのだが、仕事納めと言って酒を飲んでいる人は少ないだろう。

仕事人時代であれば、長期休暇明けにはウィルスが流行るとの事で年明け一番でパソコンの電源を投入する場合には注意するように御達示があった。自宅で暇な年寄は、尚更に危ないから、大幅に注意したい。
とは言うものの、新年の御挨拶とやらで、普段は疎遠な人からのe-mailやSNSが届くから事故の元になるのだ。
そんなこんなの中で「パソコンで使える漢字が増えた」なら、『こいつは誰?』と疑って掛からないと遺憾。
セキュリティ調査企業等から、「某企業からのe-mailがフィッシング詐欺のターゲートになっている」との開示がなされると、その某企業が慌ててユーザーに「私の名を騙るフィッシングメールが出回っている」との注意を呼び掛けるe-mailを送信することが多い。ところがユーザーにしてみれば「怪しいかもしれないe-mail」が届いただけの事であって、誠に紛らわしい。ターゲットとなった某企業は、騒動が治まるまでは沈黙して欲しいものだ。

この年末始(12/29~01/03)は如何にも詰まらない休日の並びで、期間も短い。寒さも相まって、帰郷したところで雪掻きしてトンボ帰りするだけで終わそうな日程だ。新幹線が走る前ならば「今年は帰らない」事になったかな...
吉幾三 - 津軽平野

大相撲は土俵の中で

大相撲は土俵の中で

呑兵衛あな@nonn50大相撲が国技というのなら、八角理事長と貴乃花親方で相撲をとって、勝った方の言うことをきくというのは如何だろうか。「神様の言う通り」で良いないの。どうでもいいけど、あの話題には飽き飽きしたね2017/12/27 17:55:39...

... 続きを見る


読めない字が増える

読めない字が増える

「コンピューターで使える日本語の漢字」がこれまでの1万字⇒6万字に増えるのと事だ。コンピューターで全漢字使用可に 6万字コード化 | NHKニュースPCで扱える漢字 6万文字に - ITmedia NEWSこれにより、戸籍や住民基本台帳等では日本語の漢字がすべて使用できるようになったということらしい。この作業は「IPA=情報処理推進機構」があたり、2017/12/22発行された文字コードの国際規格「ISO/IEC 10646」に反映されたとのこ...

... 続きを見る

「コンピューターで使える日本語の漢字」がこれまでの1万字⇒6万字に増えるのと事だ。

コンピューターで全漢字使用可に 6万字コード化 | NHKニュース
PCで扱える漢字 6万文字に - ITmedia NEWS
これにより、戸籍や住民基本台帳等では日本語の漢字がすべて使用できるようになったということらしい。
この作業は「IPA=情報処理推進機構」があたり、2017/12/22発行された文字コードの国際規格「ISO/IEC 10646」に反映されたとのことだ。(IPA 独立行政法人 情報処理推進機構サイト)IPA MJ文字情報検索システム(簡易版)
IPAでは、国際規格化に合わせた「IPAmj明朝フォント」やMJ文字情報一覧表などのバージョンアップを順次実施していくとのことだが、実利用に耐える物として何時・どのように提供されるのだろうか。思うには「1年は掛かる」。
2010年2月26日のプレス発表 IPAフォント新シリーズの公開:IPA
2017年12月25日のプレス発表 「文字情報基盤整備事業」で推進していた漢字6万文字の国際規格化が完了:IPA(戸籍等の業務で必要となる「変体仮名」は、国際規格の追補として2018年3月末迄に発行見込み)
IPAが提供するフォントは無料なのかもしれないが、携帯電話に収録されている物や文筆ソフトの漢字コードはどのように提供されるのだろうか。ガラケー利用者は間違いなく新しい漢字コードを利用することはできないだろう。
特に、年賀状ソフトに組み込まれた漢字フォントを使うためには、今後の年賀状ソフトのバージョンアップを待つしかないということだ。いずれにしても、来年の今頃まで待つしかないのだろう。(IPAフォントプロジェクト OSDN)
古い電子書籍で「これまでは漢字コードに無い為に、止むを得ず新漢字を用いた」漢字なんかはどうするの。

団塊世代では「」という漢字は「」(横棒に点が付く)と書くように名付けられた人が多いだろう。
しかし、当時のコンピュータ用漢字コード上の制約から役所のコンピュータには「」として登録され、最近になって漢字コードが増えたことから「」として登録され直されているだろう。この(横棒に点が付く)を使えなくなった人たちは、本件により復活するのだろうか。墓碑にはどちらを使うのだろうか。かく言う俺も変更することになるが.....さてどうしたものであろうか。
「渡辺」とか「斉藤」の漢字は、無理やり漢字コードを当てはめている人が多いだろうが、今度は真っ当な本来の漢字コードで表示できるようになる。しかし、年賀状等をやり取りしている間柄では、「正しい漢字」を知る由もない。相手から知らせが無い限りは、いつまでも古い漢字のままで、それが正しいと思っているだろう。一方、「渡辺」氏にしても代々それで通してきたことを変えるというのは如何にも力仕事のように見える。
「渡辺」・「斉藤」さんで変った漢字を用いる人は、今後は名刺を所持するようにしなければ。
とある時代からコンピュータで使える文字コードが増え、そのため以前は命名できなかった名前が増えたのだそうだ。いわゆる「キラキラネーム」というものだ。既に漢字コード化された姓名の者は問題無かろうが、現在の40歳代の人達の中には、今さら漢字コードで書かれたところで余計な混乱の元になる人も老いだろう。また、以前の国民年金の名前誤り的な事件が多発するのではないだろうか。
これまでは「環境依存文字(機種依存文字)」として各人のパソコン次第で表示された漢字や、「外字」として各人が作っていた漢字は、新漢字が公開された時点で各人のパソコンでの登録変更をする事になるのだろう。

介護の世界などで外国人による資格取得を阻む理由の一つが「日本人ですら知らない・読めない漢字」とのことだ。漢字のコンピュータ対応を図るよりも、英語の普及を促進する方がよろしいのではないだろうか。
この作業は2002年⇒2009年に亘る調査を経た結果とのことだが、NHKテレビの字幕ですら漢字を使わなくなってきている最近を観れば、無駄とも思える事である。
関連過去記事:正しい日本語を-片仮名 / ひらがなテロップは嫌い
 / NMの間違い
WikiPedia:文字コード文字化け / 大規模文字セット(MJ文字情報) / 常用漢字 / IPAフォント / 日本語フォントの比較 / フォント / Unicode / OpenType // よくある質問 | 文字情報基盤整備事業-IPA
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
また、騒動のタネ作りが好きな日本年金機構が郵送合戦を始めるそうだ。配達された人は名前をチェックだな。
これまで行政のコンピュータに登録されていた氏名は、漢字コードが増えることで登録変更するのだろうか。
マイナンバーの登録名や、マイナンバーカードの氏名記述は変更するだろうか。また、混乱の元ができた。
東京新聞:納付10年未満の47万人 年金受給の可能性通知:政治(TOKYO Web)日本年金機構

【追記:2018/04/10】IPAmj明朝フォント をインストールした。

風見鶏を楽しもう

風見鶏を楽しもう

年末から年始に掛けては大荒れの天候になるとの予報也。(野々市市の10日間天気(6時間ごと) - 日本気象協会)今日も北海道から東北・北陸では注意を呼びかけられているが、幸い当地では今のところ然程の脅威は感じない。気温は確かに低いように感じるが、冬至が過ぎたのだからこんなものだろう。むしろ、突風が脅威である。北海道などでも屋根が飛んだという事故の報道が聞こえている。ネットで提供される風に関する情報はなかなか...

... 続きを見る

年末から年始に掛けては大荒れの天候になるとの予報也。(野々市市の10日間天気(6時間ごと) - 日本気象協会)
今日も北海道から東北・北陸では注意を呼びかけられているが、幸い当地では今のところ然程の脅威は感じない。
気温は確かに低いように感じるが、冬至が過ぎたのだからこんなものだろう。
むしろ、突風が脅威である。北海道などでも屋根が飛んだという事故の報道が聞こえている。

ネットで提供される風に関する情報はなかなかに美しく、暇潰しに眺めていても面白い。
以前にも書いたが「windy」が好みである。その後「earth」というサイトを発見した。比較すれば「earth」の方がその名の通り地球的な規模で俯瞰できるので、北極からの風も知る事ができると思っている。
「windy」は10日間の天候を知る事ができるので重宝也。NHK等で風の流れを映すのはこれか(?)とも思う。
【参考】大気の流れを視覚的に確認できる「Windyty.com」 | シナプス・マガジン

 風に特化しなければ、類似したサイトがある。
炬燵に潜り込んで他所の場所の風向きを心配しているという暇潰しは如何な趣向だろう

立派なお笑い芸人?

立派なお笑い芸人?

芸人と一言でまとめても、最近は細分化されているようだ。WikiPedia:芸人より抜粋引用かつては俳優や舞踊家を含め、演芸や芸能に通じた専門的で職業的な演者一般を芸人と呼ぶことが一般的であった。この用法における芸人が扱う芸種は今日の落語から歌唱や演奏、演劇や歌劇や人形劇、舞踊、手品、傀儡、に至るまで多岐にわたっていた。近年の日本ではテレビ番組などの影響により、本来の意味での芸人全体を構成する一部であるお笑い...

... 続きを見る

芸人と一言でまとめても、最近は細分化されているようだ。
WikiPedia:芸人より抜粋引用
かつては俳優舞踊家を含め、演芸や芸能に通じた専門的で職業的な演者一般を芸人と呼ぶことが一般的であった。この用法における芸人が扱う芸種は今日の落語から歌唱演奏演劇歌劇人形劇舞踊手品傀儡、に至るまで多岐にわたっていた。近年の日本ではテレビ番組などの影響により、本来の意味での芸人全体を構成する一部であるお笑い演芸の更に一部にすぎないはずの「お笑いタレント」のみを指して芸人と呼ぶ用法が若年層を中心に一般化しつつある。
「堅気」の人に対して、「やくざ」や「芸人」とは1ランクも2ランクも下層として扱われていた時代があったそうな。
下層民である「芸人」の浮気を取り上げて騒ぎ立てるのは、やはり下層の瓦版屋であったと聞く。
その意味では、国技とか称してもて囃されるものの、瓦版屋のネタになる大相撲もその程度ということか。
芸人にも相撲取りにも増して、彼等を追いかけては飯のネタにしている不様な瓦版屋にだけは成るまいぞ。
今「日馬富士暴力事件に端を発して、貴乃花」の話題でヤット生存しているテレビ界は、あの話題が終結したらどうする? あの事件を面白くしようとするから騒ぎ立てているが、堅気のサラリーマン世界ならば「所属部署は違うが同郷同士の後輩が先輩に酒の席で殴られ、後輩の所属する上司が会社の頭上越しに警察沙汰にした」というだけの事だ。更に言えば「出身地が同じ先輩と後輩が人生観の話題で暴力沙汰に及んだ」事に、上司だろうと会社だろうと出しゃばる事は無い。「自分達または同郷の者達で決着すれば済む」ことだ。
そんな揉め事の収拾をする会社も上司達も出しゃばりという事だ。その間で伝達ケームするマスコミは何だい。
「親方は協会に対する背任」的な評価もあるが、親方の立場では内部告発が非難されるのか。
過去記事:大相撲問題は日本の縮図 / 殴打事件にみるTVの終焉 / 大相撲の成り行きは? / マスコミ助けのリオ五輪

俺の知る程度であっても、芸人の世界では売春や人身御供などは日常茶飯事であり、その程度の出来事で話題になる事は無かった。さすがに、殺されたとなればそれなりに話題になったかも知れないが....

芸人の細分を語る事はしないが、「お笑いタレント」なる職業は更に細分化されているようだ。どのように称するのが正しいのかは知らないが、自称・他称の「お笑い芸人」なる職業は何をしてもOKということらしい。
下らない話をして笑わせていた者が、売れてくると番組の司会をしたり、ドラマを演じるものになったりするようだ。そんな中から、突出した者はマスコミの上層部と親しくなり、更には政治屋とも交際する身分にまでなるようだ。
「あんな職業をさせるために育てたわけでは無い」と言われた時代もあったが、今では親が望んでいるらしい。
「10年後のトップは俺」さんま、タモリ、たけし「お笑いBIG3」の賞味期限|AERA dot
そのように、言わば出世の道が開かれるかも知れない職業の「お笑い芸人」今では希望者が殺到しているらしい。
俺の育った時代であれば、「お笑い芸人」になる子供は親に泣いて止められただろうが、今では親も勧めるとの事。

そのようにして目指す「お笑い芸人」の道は、それなりに険しいのだろう。テレビに出演できるようになった「お笑い芸人」は、この機会に自分が目立とうとし大きな声で話す。他の者を押しのけてでも目立ちたいが為に自然と大声になり、他の者が話していようともお構いなしに被ってでも各自勝手に話す。

この風潮は「お笑い芸人」の世界だけに限らず、堅気の者にまで蔓延している。要するに「自分ファースト」だ。
そして、各個々人に限らず、組織や企業・団体も同様であり、国家までもが自分の事しか考えていない。
宗教を信じ神仏に助けを求める人達は何を救って欲しいのだろう。人類の歴史や生き方は、「お笑い芸人」也。

年の瀬に川柳も

年の瀬に川柳も

「正月 ぐち川柳 - 徒然なか話」を拝読し、思わずニヤリである。【ぐち川柳】をネット検索したから、熊本の暮らしに役立つ生活情報サイト「くまにち すぱいす」が発信である。そう言えば「今年の川柳は?」と思い眺めたところ、相も変わらずのニヤリ也。こんなブログをグダグダ長々と書くよりも、川柳の方がスッキリとしているように思うのだが、川柳には『お題』があるから内容の落とし込みが良いのだろう。俺の頭では、俳句や連歌...

... 続きを見る

正月 ぐち川柳 - 徒然なか話」を拝読し、思わずニヤリである。
【ぐち川柳】をネット検索したから、熊本の暮らしに役立つ生活情報サイト「くまにち すぱいす」が発信である。
そう言えば「今年の川柳は?」と思い眺めたところ、相も変わらずのニヤリ也。

こんなブログをグダグダ長々と書くよりも、川柳の方がスッキリとしているように思うのだが、川柳には『お題』があるから内容の落とし込みが良いのだろう。俺の頭では、俳句連歌は面倒也。都々逸も悪くはない。
関連過去記事:俳句or川柳
偶には訳の分からん一句を。 『カンカンと防火を知らせるクリスマスの夜』ごくろうさま(川柳帖)

Facebookのグループでも作ってみようかしらん。そのグループ名は『たそがれ公園』。話題のテーマ不定。
町内会の片隅にある公園のベンチで、缶ビールと渇き物を摘みにしながら取り留めの無い会話をするイメージ。