無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

スクリーンショット注意

スクリーンショット注意

以前「ブログの書き方思案」として以下の記事を書いた。ブログ等を書く場合、元となる記事がどんな内容であったのかを書かなければ続きが見えない場合がある。俺のブログで巷の出来事に関する自分の考えを書くような場合、元になるニュース記事を引用するようにしてきた。“引用”するか、“転載”するかにより、著作権の扱いが違うらしい。この度(02/13)、文化庁の文化審議会著作権分科会で「インターネット上にある漫画や写真、論文...

... 続きを見る

以前「ブログの書き方思案」として以下の記事を書いた。
ブログ等を書く場合、元となる記事がどんな内容であったのかを書かなければ続きが見えない場合がある。俺のブログで巷の出来事に関する自分の考えを書くような場合、元になるニュース記事を引用するようにしてきた。“引用”するか、“転載”するかにより、著作権の扱いが違うらしい。
この度(02/13)、文化庁の文化審議会著作権分科会で「インターネット上にある漫画や写真、論文などあらゆるコンテンツをダウンロードすることを全面的に違法とする方針」が了承されたとの事で、開会中の国会で著作権法の改正案が通れば2020年から施行となる見込みとの事也。
著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定:朝日新聞デジタル
  1. これまでは音楽と映像に限って違法だった。
  2. 小説や雑誌、写真、論文、コンピュータープログラム等あらゆるネット上のコンテンツに拡大される。
  3. 個人のブログやツイッターの画面であっても、一部に権利者の許可なくアニメの絵やイラスト、写真などを載せている場合は、ダウンロードすると違法となる。
  4. メモ代わりにパソコンやスマートフォンなどの端末で著作権を侵害した画面を撮影して保存する「スクリーンショット」もダウンロードに含まれる。
この記事を読んでも、どうなればマズイのか(?)さっぱり判らない。このまま法律になれば意味不明也。
以前、「京都大学がホームページに歌詞の一部を掲載」したことについて著作権に関する出来事があった。結局は“引用”したというJASRAC(日本音楽著作権協会)の解釈で一件落着したらしい。
個人の顔写真について国家が顔写真を収集しているらしいが、あの写真に関する個人情報の扱いは
国家が収集した俺の顔写真がネットに漏洩し、それを俺がダウンロードして自分のブログで使ったら違反
過去記事:ブログ記事の中身 / 一億人の昭和史:学 / 写真のネット掲載は注意 / ブログの書き方思案(2) / バスワードに気を付けて / 顔写真の公開は止そう / 孫の写真を掲載する事 / 著作権に要注意だな
そもそもが自分用の忘備録としているこのブログでは、著作権法には抵触しないように気配りしているつもりなのだが、著作権法が変わったら更に注意が必要ということになる。
この記事のように「朝日新聞の記事を引用している(つもり)」であっても、もしかしたら違法なのかも

ブログでネットに一般公開するから著作権法への抵触を気遣わなければならないのだから、自分専用のクリッピングとして「Microsoft OneNote」「Evernote」「Pocket」といったツールを用いる方法もある。