無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

証明書の名前が無効

証明書の名前が無効

先ほどメールソフトのMozilla Thunderbird(64bit版)v78.4.0にアクセスしたところ、10/14にアップデートしたばかりのセキュリティソフトのカスペルスキー2021に「outlook.office365.com」なるメールサーバーURLが接続拒否された。調べたらOfficeサポートに掲載有り。Outlook.com・Hotmail.com・Live.com・Microsoft 365用のサーバーである事が判った。マイクロソフトにて、「Outlook」等と「Microsoft 365」との関係を弄ったのか...

... 続きを見る

先ほどメールソフトのMozilla Thunderbird(64bit版)v78.4.0にアクセスしたところ、10/14にアップデートしたばかりのセキュリティソフトのカスペルスキー2021に「outlook.office365.com」なるメールサーバーURLが接続拒否された。調べたらOfficeサポートに掲載有り。
Outlook.com・Hotmail.com・Live.com・Microsoft 365用のサーバーである事が判った。マイクロソフトにて、「Outlook」等と「Microsoft 365」との関係を弄ったのかしらん...と独断。
Outlook 向けの POP および IMAP のメール設定 - Office サポート
ならばということで、カスペルスキーの除外リストに追加した。
カスペルスキーで「暗号化された接続が確立・・・」証明書の名前が無効と表示された場合の対処法 | With feeling like it
20190913201537
過去記事:マイニングの遮断を行う / カスペルスキー21にUp
.SSL化(https)のサーバ証明書の有効期限が1年サイクルで更新しなければならない(法律)

ブラウザからの警告

ブラウザからの警告

最近のWebブラウザは賢くなって、自分が蓄積したデータベースを元にして警告を発するようになった。下図は、先日Firefoxから発せられた警告である。他のChromeやMicrosoft Edgeでも表示画面は違うらしいが、同様の内容の警告が出るようだ。ちなみに下図は、巷のどこにでも有りそうな某ブログを訪問しようとした際に出た。どのような基準で有害なサイトとの判定に至るのかは知る由も無い。-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・...

... 続きを見る

最近のWebブラウザは賢くなって、自分が蓄積したデータベースを元にして警告を発するようになった。
下図は、先日Firefoxから発せられた警告である。他のChromeやMicrosoft Edgeでも表示画面は違うらしいが、同様の内容の警告が出るようだ。

ちなみに下図は、巷のどこにでも有りそうな某ブログを訪問しようとした際に出た。
どのような基準で有害なサイトとの判定に至るのかは知る由も無い。
20201030093147

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
「ユーザーに無断でアクセス記録のクッキーを収集する」事を禁ずる法律ができる(できた?)。
同法律では、「ネットサーフィンするユーザーがネット上で行った記録を、ユーザーに無断で、(有償・無償を問わず)他社に渡す」事も禁止される。
これに対抗する為と思われる以下の「同意を求める表示」を行うサイトが増えてきた。
この方法が、「ユーザーに無断で..〇〇する事を禁止する」事に対して、「ユーザーの同意を得た」とされる事になるのか否かの法的な解釈は知らないが、少なくともユーザーは些少なりとも意思表示をしている事になるのであろう。


20201030093158

 以下の方法は、 「同意を求める表示」と見るか(?)は誠に紛らわしいが、「もっと見る」や「次のページへ」ボタンを押下することで、「ユーザーは、隠れている内容を見るという意思表示」をしていると法解釈される事は間違いない。進んだ先が危なかったとしても、ユーザーが選んだ事であり、ユーザーの責任である。手術前の同意書と同様である。未来に不都合が生じたとしても、自分が選んだ事..と言われる。


20201030093155





20201030093152



「コメント投稿時にパスワード入力」を求める的な仕掛けを施しているレンタルブログ等を多見する。
このlivedoorブログでも提供されており、使うか否かは利用者の勝手である。利用者としてはスパムコメント防止用として喜んで使っている人が多いであろう。少なくとも俺は使っている。しかし、サービスを提供しているlivedoorにしてみれば情報収集できる絶好の機会であろう。
「パスワード入力しなければコメントできない」という仕掛けは簡単な方で、「某ブログにユーザー登録していなければコメントできない」という仕掛けはいやらしい。某時刻に某IDユーザーが訪問し、〇〇的なコメントをした」事がデータベースできる。それにより、某IDユーザーの嗜好・思考が筒抜けとなり、仕掛けの内容によってはその内容を転売しても差し支えないということになる。
特に、Googleの情報収集用「reCAPTCHA」が有るサイトは要注意と考える。「拍手」や「気持ち玉」ボタンも、同様の使いかたが可能だそうだ。クッキーさえ判明すれば、どこの誰かが、いつどこでどんなことをしているのかは即座に判る。システムを跨いででも判る。増してや、メールアドレスでも入手できれば、氏名・住所程度は知る事ができる。
20191005143118

20191005143116

ちなみに、「ガラケーはクッキーを発しない」。当然、企業等は情報収集することはできない。
これが、ガラケーを社会的に抹殺しようとする背景であろうと考えている。スマホはパソコンと同様+GPSで行動履歴迄が詳らかになる。菅首相が携帯料金の値下げを画策する理由の一つなのかも知れない。

クッキーとは、顔パスのような物である。一見さん御断りの店では、顔を覚えてもらうと共に素性を明らかにする。しかし、店側が良心的であるとは限らないし、客が申告した素性が正確とは限らない。
警告を発するようになった最近のWebブラウザは、「クッキーを記憶させない・相手に渡さない」設定もできるが、その機能が必ずしも巧く機能しているわけではないようだ。
Firefoxの不具合:原因? / FirefoxでAmazonに× / Chromeのクッキー対応 / 個人情報保護法改正案:考
過去記事:ネット世界の生き残り / お気に入りの再整理 / Google Analytics話題 / Cookie等規制だって?
関連過去記事:goo blogはせこい / FC2のスマホアクセス / CAPTCHAを敬遠しよう / livedoorブログのjQuery / ネット上の行動は筒抜 / 拍手ボタンを削除、もとい / 「いいね」の意味は / 「拍手コメント」が延命中 / スパムコメント:学 / robots.txt:学
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

20/10月、人気記事メモ

20/10月、人気記事メモ

2020年10月1日 - 2020年10月30日の人気記事 1. 2020-08-23 v2004が降臨しない件:考 3,051 2. 2018-10-23 ★SSL / TLS 設定方法 381 3. 2020-03-20 ★SSL / TLS 設定方法:2 352 4. 2020-07-19 SSL / TLS設定チェック 319 5. 2020-10-02 10/02、Win10 Op更新 200 6. ...

... 続きを見る



2020年10月1日 - 2020年10月30日人気記事








1. 2020-08-23 v2004が降臨しない件:考 3,051
2. 2018-10-23 ★SSL / TLS 設定方法 381
3. 2020-03-20 ★SSL / TLS 設定方法:2 352
4. 2020-07-19 SSL / TLS設定チェック 319
5. 2020-10-02 10/02、Win10 Op更新 200
6. 2019-07-24 「更新の履歴」が消えた 198
7. 2020-10-24 老人ホームの入居希望 198
8. 2020-08-18 Firefoxの不具合 186
9. 2019-04-12 夫婦で御風呂に 175
10. 2018-10-23 ChromeのTLS設定方法? 158
11. 2020-04-18 IE 11を復活させた 151
12.2020-10-1410/14、Win10 更新137

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
月が改まればゼロクリアされてしまう「月別の人気記事」に今月は、『Windows 10 May 2020 Update(v2004)に成らない事の何故?』がダントツ1位を占めていたので大いに関心を持ってメモ。
『October 2020 Update(v20H2)』の公開が近づいている(公開済)にも関わらず、未だにv2004に成らない環境が多い景色が見える。また、SSL / TLS設定に関係する記事に人気が有るようだ。がんばってね

10/30、Win10 Op更新

10/30、Win10 Op更新

10/30、Windows 10 v20H2のオプション更新あり(KB4580364)。再起動を含め、自動更新の所要時間は15分程度。これにより、Windows 10のv20H2 OSビルドは 19042.572⇒19042.xxx。(確認するのを忘れた)20/10/21にv20H2にグレードアップして以来、初めての更新である。KB4564002関連の日本語・中国語のMicrosoft-IMEの不具合修正は未対応とのこと。次の定例バッチは、11/11。(関連記事:Win10、v20H2情報) その後、改めて「Windows Update...

... 続きを見る

10/30、Windows 10 v20H2のオプション更新あり(KB4580364)。


20201030092956



再起動を含め、自動更新の所要時間は15分程度。
これにより、Windows 10のv20H2 OSビルドは 19042.572⇒19042.xxx。(確認するのを忘れた)
20/10/21にv20H2にグレードアップして以来、初めての更新である。
KB4564002関連の日本語・中国語のMicrosoft-IMEの不具合修正は未対応とのこと。
次の定例バッチは、11/11。(関連記事:Win10、v20H2情報)

その後、改めて「Windows Update」を見たら、+更新あり。(KB4580419)。
※v2009用との表記が手抜き也。


20201030092953


再起動を含め、自動更新の所要時間は5分程度。
これにより、Windows 10のv20H2 OSビルドは 19042.xxx⇒19042.610也。
Windows Update種類 からすれば、予期しない曜日にオプション更新が有るのは何だ


<<本日公開に関する記事>>
<<本日公開に関する不具合は>>

Chromium Edgeがv86.0.622.58になった。

Web版 Office:学

Web版 Office:学

下記の記事で、無料のマイクロソフト製のOfficeソフトが有ることを知った。Webブラウザーで使える「クラウド版」Office。いわゆる「オンラインスプレッドシート」の類で、有料・無料が有るとの事。【Office無料版とは?】Word、Excelが使える 共同編集もできる「Web版 Office」がダウンロード不要でおすすめ! - 特選街web「Microsoft Office」は仕事人経験者であれば1度は触れたことがあるであろう、文書・表計算・プレゼン資料な...

... 続きを見る

下記の記事で、無料のマイクロソフト製のOfficeソフトが有ることを知った。Webブラウザーで使える「クラウド版」Office。いわゆる「オンラインスプレッドシート」の類で、有料・無料が有るとの事。
【Office無料版とは?】Word、Excelが使える 共同編集もできる「Web版 Office」がダウンロード不要でおすすめ! - 特選街web
Microsoft Office」は仕事人経験者であれば1度は触れたことがあるであろう、文書・表計算・プレゼン資料などを作成できるアプリだ。バージョン履歴があり、最近「Microsoft Office 2010」がサポート切れになった。続く系列バージョンでの有料版では、Microsoft 365 Personal、Office Home & Business 2019、Office Personal 2019が続き、買い切りのパッケージ版とか、1ヵ月や1年単位で利用できるサブスクリプション版がある。俺的には、パソコンに装備されていた「Microsoft Office 2010」のサポート終了が見えた頃にはアンインストールし、「Microsoft Office」の柵から離脱した。仕事などで共有しなければならないのであれば止むを得ないが、退職者がメンテナンスしながら使わなければならないほどの代物ではない。ということで、無料の「LibreOffice」で間に合っている。

無料版Web版Officeでは、Word・Excel・PowerPoint・Outlook・OneNoteが利用できるというから、有料版に遜色は無いと見る。

俺的には、オンラインスプレッドシートはブライバシー的に好みではないのだが、最近のようにオンラインで仕事をする事を求められる社会となれば望ましい機能という見方をする人も多いのかもしれない。Microsoft OneDriveを経由すれば、別のパソコンで作成したオフィス文書の読み込みもできる。

Googleにも類似したアプリとして「Google ドキュメント」が有り、文書・スプレッドシート・プレゼンテーション・図形編集の4つの機能が提供されている。調べてはいないが、「G Suite(ジー・スイート)」とか「Google ドライブ」とかにより提供される機能が異なるとかであるが、マイクロソフトの製品と同様に、有料vs無料の区別が分かりにくいので触らないことにしている。

無料版Web版Officeを利用する方法は、以下の3つがあるとのこと。
いずれも「Microsoft アカウント」がログインしていることが前提だが、Windows利用者はOKだろう。

Microsoft Office 公式サイトの「Office.com」から起動する



「Edge」のツールバーから起動する。
起動に必要となるアドイン(Office - Microsoft Edge Addons)をインストールする。
参考:ブラウザーで Office ファイルへクイック アクセス - Office サポート
※アドインをインストールした。しかし、利用可能な状態にはしていない。

「OneDrive」から起動する。

Evernote無料プランの『ベーシック』は月毎のアップロード容量制限(サービスを利用するにあたっての保存容量そのものに制限はない)が60MBとされ、利用可能な台数は2台まで。
Microsoft OneNoteに乗り替えようかしらん
【21/04/09追記】
OneDrive(デスクトップ版)※関連記事:OneDriveの削除思案 / OneDriveの種類は?
 Add to OneDrive 「OneDrive」の[ファイルにショートカットを追加]機能
Microsoft、「OneDrive」の64bit版をパブリックプレビュー - 窓の杜(21/04/09)
OneDrive sync 64-bit for Windows now in public preview - Microsoft Tech Community
64bit版にした
Evernote、10月からウェブ版も利用端末数としてカウントする仕様になりユーザー困惑【やじうまWatch】 - INTERNET Watch(20/10/28)

過去記事:消える「Office 2010」 / Office 2010削除 / Office 2010から乗り換え / OneDriveの削除思案 / オフィスソフト変更を思案 /

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
マイクロソフトのアンケート作成ツール「Microsoft Forms」、個人で利用可能に - ねとらぼ(20/10/16)


モナ・リザが大笑い

モナ・リザが大笑い

レオナルド・ダ・ヴィンチさんは頭が良かったらしい。※1452/04/15 - 1519/05/02(ユリウス暦)イタリアのルネサンス期を代表する芸術家という肩書以外にも音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に顕著な業績と手稿をのこしたとの事。無知な俺的には、解剖学と科学に関わった事柄そしてダ・ヴィンチ・コード 以外は、絵画の名声程度し...

... 続きを見る

レオナルド・ダ・ヴィンチさんは頭が良かったらしい。※1452/04/15 - 1519/05/02(ユリウス暦)
イタリアのルネサンス期を代表する芸術家という肩書以外にも音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に顕著な業績と手稿をのこしたとの事。無知な俺的には、解剖学と科学に関わった事柄そしてダ・ヴィンチ・コード 以外は、絵画の名声程度しか知らない。というか、絵画は「モナ・リザ」しか知らない。
フルネームはレオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ (Leonardo di ser Piero da Vinci) 。「ダ・ヴィンチ」とはヴィンチ村出身であることを意味しており、個人名の略称としては「レオナルド」を用いるのが適切である。
「モナ・リザ」の絵には秘密が有るとか無いとか...それを探求する人達がいて、それを執拗に報ずる人達がいる。レオナルドが没してから5世紀が経つというのに御苦労なことだ。
新発見があり、それに伴って解釈論が変わろうとも変わるまい共とも、縁もゆかりもない者どもが論じたところで何になるのであろうか。

ピラミッドを探している商売の人達を考古学者と呼ぶらしいが、俺的には墓荒らしと言いたい。
遥かなる過去に生きた人たちの墓を暴いて歴史の解釈が変わったとしても何なのであろうか。
預言者としてナザレのイエスが生まれ、後にキリスト教が広まったが、キリスト教の前にも後にも宗教はあった。ピラミッドを探し回らずとも、バチカンの図書館の片隅にはシバの女王のことやナバテア王国更には旧約聖書の謎解きが書かれた図書が転がっているのではあるまいか。
人類がなぜ生まれ存在するのかを探求する手段としては宇宙に目を向ける人達も多い。
ピラミッドを探す人や「モナ・リザ」の絵の秘密を追いかける人も、やり方は違っても同じなのかも。
山本有三の小説「路傍の石」は、自分が生存している理由を探訪するとも解釈されるそうだ。
無神論者の俺的に考えるには、俺が生存している理由は無い。生物学的に考えれば、「子孫を残す為」と答えるが、それには失敗しているので偉そうには言えなくなってしまった。

モナ・リザの絵に秘密を探し、エジプト王族の墓を暴き、宇宙に目を向けて。
自分の生きている訳を求める人達は、生きる目的を求める意欲があるのかも知れない。
でも、モナ・リザは大笑いしているに違いない。私の秘密を知って....どうするの

光回線か?:考

光回線か?:考

10/27の17時半頃、NTTファイナンスを名乗る男より電話有り。声から察するには20歳代末~30歳位か。「こちらはNTTファイナンスです」と曰く、続けて「責任者か?」とのこと。「この電話は、光回線か?」とのことで、「判らん」と答えたら再び「責任者か?」と重ねる。「俺が責任者だが、光回線とは何だ」と逆質問。「電話機の傍にモデムという箱が付いているか?」とのこと。「ついていない」と答えたら、「それなら光回線ではない」の...

... 続きを見る

10/27の17時半頃、NTTファイナンスを名乗る男より電話有り。声から察するには20歳代末~30歳位か。
「こちらはNTTファイナンスです」と曰く、続けて「責任者か?」とのこと。
「この電話は、光回線か?」とのことで、「判らん」と答えたら再び「責任者か?」と重ねる。
「俺が責任者だが、光回線とは何だ」と逆質問。「電話機の傍にモデムという箱が付いているか?」とのこと。「ついていない」と答えたら、「それなら光回線ではない」の言葉を残してガチャン。
NTTファイナンスが発する質問・調査にしては、同社の業務とは懸け離れていると考えた。
いずれにしても、あんなに上から目線で言われる筋ではあるまい。
光回線とか、他の回線とかは、NTTのグループ企業ならば、利用者に問い合わせずとも知り得るだろう。
ADSLが消えるとのことと、何かの関連があるのだろうか (過去記事:終のプロバイダ選び:考)
あるいは最近頻繁な「ガラケーをスマホに」勧誘の一環だろうか
光回線か否かを知ったところで、何らかの詐欺行為に繋がるとは考えられないが、気持ちが良くない。

Flash Player削除パッチ

Flash Player削除パッチ

2020年12月31日でサポート終了する「Adobe Flash Player」は、Adobe社自身がアンインストールを勧める告知をしていた。併せて主力Webブラウザでは利用できないように標準化されている。俺は、旧Edge・IE 11 共に、更には2017/07/27でAdobe Flash Playerを以下の方法でアンインストール済み也。Adobe Flash Playerの無効化の方法Flash Player のクリーンインストールFlash Player のアンインストール | WindowsFlash Player をアン...

... 続きを見る

2020年12月31日でサポート終了する「Adobe Flash Player」は、Adobe社自身がアンインストールを勧める告知をしていた。併せて主力Webブラウザでは利用できないように標準化されている。俺は、旧Edge・IE 11 共に、更には2017/07/27でAdobe Flash Playerを以下の方法でアンインストール済み也。
Adobe Flash Playerの無効化の方法
関連過去記事:Adobe Acrobat DC:疑 / Flash Playerが消える / Adobe Flash Player:考 / Adobe Acrobat DC:学 / 08/18.旧Edge-IEの行方

それにも関わらず、コントロールパネル⇒(大きいアイコンで表示)すると、左上に「Flash Player(32ヒット)」のアイコンが表示される。俺の環境は15/08/05にWindows 7⇒Windows 10にアップデートしたパソコンであり、表示される「Flash Player(32ヒット)」のアイコンはWindows 7の抜け殻と推察している。しかし、確証が無く、除去する方法も見当たらないままに、現在に至る。可能なら除去したい。


20201028132945


ここに10月27日、MicrosoftからOSにインストールされている「Adobe Flash
Player」を削除するWindows向けの更新プログラム「KB4577586」が公開された。
「Adobe Flash Player」をOSから削除するパッチ、“Microsoft Update カタログ”で公開 - 窓の杜(20/10/28)
「KB4577586」は今のところ“Microsoft Update
カタログ”での配布のみとなっている。あくまでテストを目的としており、必要がなければまだ適用しなくてよい。
“Windows Server
Update Service(WSUS)”での提供は2021年初頭になる
という。
Microsoft Update
カタログで「KB4577586」を見ると、Windows 8.1や、Windows 10でもv1507~v2004が32ビット・64ビット別にDLLできる。
しかし、俺の環境で見た場合、「旧環境のWindows 7」や「現環境のWindows 10 v20H2」用の物が判らない...おそらく無い。
「2021年初頭にはWindows Server Update Service(WSUS)で提供されるとの事だが、(WSUS)と称するものがチンプンカンプンである。要するに「Windows Update」とは別物なのだろうか
などと考えたところで、俺の環境に適用できる「KB4577586」は無いから、放置する以外にない。
【要するに】Adobe Flash
Playerは20/12/31でサポート終了となり、21/01にMicrosoft Edge (Chromium / Legacy)やInternet Explorer 11で削除または無効化される。KB4577586はそれを待たずに早急にFlashを削除したい場合に利用する。Windows 10 v20H2用の物が無い理由は不明也。
関連記事:Flash Player削除パッチ / Flash Playerの面影
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
11/12、Windows 10 v20H2定例の11月累積更新後、愚呑さんより御教授いただき、「Flash Player(32ヒット)」のアイコンが消えた。5年以来の性悪女と、やっと手を切れた気分也。


20201112115512

関連記事:Flash Player削除パッチ / Flash Player削除パッチ2 / Flash Player撲滅作戦 / Flash Player撲滅作戦2

お気に入りの再整理

お気に入りの再整理

以前「お気に入りの整理完了」にてhttps化してください。2020年末には、httpsではないURLのRSSまたはブックマークは抹消します。と書きました。その後「混合フォームの撲滅を」等でhttps化する事を御奨めしてきましたが、「やらない人はやらない」のだ...という事を再認識しました。近日にはWindows 10のバージョンアップが公開され、新Webブラウザのセキュリティが一新される。しかし、それすらも行わない人たちが多いのであろ...

... 続きを見る

以前「お気に入りの整理完了」にて
https化してください。
2020年末には、httpsではないURLのRSSまたはブックマークは抹消します。


と書きました。その後「混合フォームの撲滅を」等でhttps化する事を御奨めしてきましたが、
「やらない人はやらない」のだ...という事を再認識しました。

近日にはWindows 10のバージョンアップが公開され、新Webブラウザのセキュリティが一新される。
しかし、それすらも行わない人たちが多いのであろう。
ならば、「身に降る火の粉を払う事は早い方が良い」と独断しました。
はてなブログ・livedoorブログ・FC2ブログ等は同じSSL/TLS証明書の認証局(Let's Encrypt )を用いている。
来年2021/01/11からは、(Let's Encrypt )を用いてhttps化しているブログ等に「Android7.1以前のデバイスでアクセスした場合は証明書エラー」になり閲覧できなくなる。httpsでないサイトは発生しない。
関連過去記事:複数Googleアカウント / 情報収集/Let's Encrypt - 無無無庵@Wiki
https化していないサイトは危険と見られ近寄り難くなり、https化する事で古いスマホでは閲覧できなくなる。はてさて、世の中は巧くいかない。https化の勧誘をした事を少しだけ後悔するが、未実施のサイトは危険也。


ということで、
「2020年末には」と考えていた『httpsではないURLのRSSまたはブックマークは抹消』する事について、10月末日を以って繰り上げて実行する事にしました。
今後、URLが変わった・変わる予定の人がいたら、掲示板で教えていただければ幸いです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 livedoorブログで自分のブログをhttps化する方法


 FC2ブログで自分のブログをhttps化する方法
 


はてなブログをhttps化する方法


Seesaaブログをhttps化する方法
 

当初掲載:20/10/17、最終掲載:20/10/28

(更新の履歴)が消えた-2

(更新の履歴)が消えた-2

(2019/07/24)「更新の履歴」が消えた事象は、(20/03/11)「更新の履歴」消滅対策を行って以来発生していなかったが、(20/10/21)に「October 2020 Update」(v20H2)にしてから再発している。ということで20/10/28(更新の履歴)が消えた-2を新調。「Windows(R)Update」更新履歴を確認する方法<Windows 10>【動画手順付き】|dynabook公式Windows 10の Update画面から「更新の履歴を表示する」 を実行しても、一部のカティゴリが表示さ...

... 続きを見る

(2019/07/24)「更新の履歴」が消えた事象は、(20/03/11)「更新の履歴」消滅対策を行って以来発生していなかったが、(20/10/21)に「October 2020 Update」(v20H2)にしてから再発している。ということで20/10/28(更新の履歴)が消えた-2を新調。
「Windows(R)Update」更新履歴を確認する方法<Windows 10>【動画手順付き】|dynabook公式
Windows 10の Update画面から「更新の履歴を表示する」 を実行しても、一部のカティゴリが表示されない。本来であれば(これまでは)、最上部に「機能更新プログラム」のカティコリから表示されるのだが、それが表示されず2番目のカティゴリである「品質更新プログラム」から表示される。
これは、以前に発見した事と同様であり、気に掛ける内容では無いが、メモ。

(19/07/24)「更新の履歴」が消えた    (20/10/27)本記事執筆時


20201027100012
    
20201027091448

なお、記録が残っている履歴で、古いタイムスタンプは2020/05/28である。
これは、「Windows 10 May 2020 Update」v2004にアップグーレドした日である。
書出続編03(v1709)⇒04(v1803)⇒05(v1809)⇒06(v1903)⇒07(v1909)⇒08(v2004)⇒09(20H2)
<<参考>>
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
以下、(2019/07/24)「更新の履歴」が消えたの【追記】より転載。
なお、前回の本事象は、(20/03/11)「更新の履歴」消滅対策を行って以来発生しなくなったため記録を止めていたが、本記事以降に特記事項が発生した場合は本記事に追記する。
本不具合は、旧「ストレージ センサー」⇒改名「記憶域」と呼ぶ機能に関連があるのでは(?)と推測。
(過去記事:ストレージセンサー:学)

(2019/07/24)【追記】より転載分
  1. 本記事を未だ閲覧の皆様へ。2019/11/13、Win10 v1909に成った事で解決してます。
  2. 再発しています。関連記事:Win 10の設定画面?
    ※この件は多数発生しており、更にはマイクロソフトも認知している出来事とのこと。
  3. 追記2020/02/02時点、「更新の履歴」が消える現象が多発している。多発というよりも、履歴は99%消えてしまっている。邪推するには2020/01/29、Win10 更新頃からか?
  4. 追記2020/02/21。(2020/02/17)KB4524244情報のとおり、KB4524244をアンインストールした後、本記事の「更新の履歴」が消える事象は発生していない、すなわち、2020/02/17以降の更新履歴はkeepされている。
    2020/02/24。これまで「2020/02/17以降の更新履歴はkeep」されていたが、02/24、消えた。
  5. この記事に関する続編は、その後(2020/03/02-)の実験「更新の履歴」消滅対策にて
  6. 05/13、Win10 更新を以って、「更新の履歴」消滅に関しては記録する事を取り止める。

Microsoft、Windows 10の重大な不具合を修正しまくる - ソフトアンテナブログ(21/01/18)
KB4524244
によって導入された不具合がKB4598479にて修正された。また「chkdsk /f」を実行後ファイルシステムにダメージを与える不具合はKB4598229で修正された。