無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

ユーザータグ-ON

ユーザータグ-ON

関連記事:ユーザータグ-ON / ユーザータグ-Off / 以下、試験1.『タグをリンクにする』はオン試験文書。リンクで無無無庵2。タグでHP作成。試験文書。リンクで<a href="https://nono634.blog.fc2.com/">無無無庵2</a>。タグで<a href="https://blog.fc2.com/tag/HP%E4%BD%9C%E6%88%90" class="tagword">HP作成</a>。『ユーザータグ』を用いる際に『タグをリンクにする』をオンにした場合、画面表示の(リン...

... 続きを見る

関連記事:ユーザータグ-ON / ユーザータグ-Off /

以下、試験
1.『タグをリンクにする』はオン
試験文書。リンクで無無無庵2。タグでHP作成
試験文書。リンクで<a href="https://nono634.blog.fc2.com/">無無無庵2</a>。タグで<a href="https://blog.fc2.com/tag/HP%E4%BD%9C%E6%88%90" class="tagword">HP作成</a>。

『ユーザータグ』を用いる際に『タグをリンクにする』をオンにした場合、画面表示の(リンク)テキスト下部が破線で表示される共有テンプレート「beige_sakura-black]での表示は下図のとおり。(「森のHARMONY:紫波町一斉ゴミ拾い」の方が識別し易い)
20210405121318

ユーザータグ-Off

ユーザータグ-Off

「森のHARMONY:紫波町一斉ゴミ拾い」を拝読し、面白い事に気が付いた。『ユーザータグ』を用いる際に『タグをリンクにする』をオンにした場合、画面表示の(リンク)テキスト下部が破線で表示される。テンプレートは共有の「beige_sakura-black]となっている。このテンプレートはHTML5で非推奨の「document.write, document.writeln」が含まれており、一部実行されない可能性があります。Chako [beigeheart] ...

... 続きを見る

「森のHARMONY:紫波町一斉ゴミ拾い」を拝読し、面白い事に気が付いた。
『ユーザータグ』を用いる際に『タグをリンクにする』をオンにした場合、画面表示の(リンク)テキスト下部が破線で表示される。テンプレートは共有の「beige_sakura-black]となっている。
このテンプレートはHTML5で非推奨の「document.write, document.writeln」が含まれており、一部実行されない可能性があります。
Chako [beigeheart] 他の作品

関連記事:ユーザータグ-ON / ユーザータグ-Off /
以下、試験
1.『タグをリンクにする』はオフ
試験文書。リンクで無無無庵2。タグでHP作成。
試験文書。リンクで<a href="https://nono634.blog.fc2.com/">無無無庵2</a>。タグでHP作成。

本件についてググったところ以下の記事を見つけ、「simple_white_resp」なる共有テンプレートでも採用されていた様子也。同テンプレート名では既に存在しないが、類似名称のテンプレートは有る(simple_white_A2/ 等)。但し、作者はマチマチである。
それより推測するには[ beige_sakura-black ] のCSS内の以下が制御している。
/*テキスト内のタグ*/
.entry_text a.tagword {
    color : #FFA;
    border-bottom: 1px dotted #C2A858;
}
.entry_text a:hover.tagword {
    color : #C2A858;
    border-bottom: 1px dotted #C2A858;
    text-decoration : none;
}
/*タグリスト*/
ul.tag_state {
    margin : 0;
    padding : 5px 0 0px 20px;
    list-style-type : none;
    text-align : left;
}
ul.tag_state li {
    display : inline;
}
「FC2ブログ tagword」をキーワードに検索、以下、参考記事
本件について、質問した。04/05 夕、回答を頂戴した。以下に引用
.con_body .tagword {
  display: inline-block;
  line-height: 1.2;
  border-bottom: 1px dashed #ff0000;
}

ノートvsデスクトップ

ノートvsデスクトップ

パソコンの形(?)で日本人が「ノートパソコン」と呼ぶ物は、英語圏では「ラップトップ」(Laptop, laptop computer)と呼ぶらしい。英語圏で「ノートパソコン」と片仮名を並べても通じない。WikiPedia:ノートパソコンより引用「ノートパソコン」との呼称は和製英語であり、世界的にはノートブック (Notebook, Notebook computer)と呼ばれている。ラップトップ (Laptop, Laptop computer)と呼ばれるカテゴリ(の一部)で、概ね3 kg未...

... 続きを見る

パソコンの形(?)で日本人が「ノートパソコン」と呼ぶ物は、英語圏では「ラップトップ」(Laptop, laptop computer)と呼ぶらしい。英語圏で「ノートパソコン」と片仮名を並べても通じない。
WikiPedia:ノートパソコンより引用
「ノートパソコン」との呼称は和製英語であり、世界的にはノートブック (Notebook, Notebook computer)と呼ばれている。ラップトップ (Laptop, Laptop computer)と呼ばれるカテゴリ(の一部)で、概ね3 kg未満でブリーフケースに収まるサイズのラップトップがノートブックと呼ばれている(さらに薄型軽量のものはウルトラブック (Ultrabook)と呼ばれる)。日本では「ラップトップパソコン」より小型軽量なパソコンを指して、あるいはラップトップに相当する製品を全てノートパソコンと呼ぶことが多い。
「ノートパソコン」に対する形(?)では「デスクトップパソコン」が一般的なに認識だが、他にも有るらしい。しかし、ブログ書きの60歳過ぎの人にとっては「ノートPC」と「デスクトップPC」であろう。
WikiPedia:デスクトップパソコンより引用
デスクトップパソコン(desktop personal computer)は、主に机の上に備え置いて使用する用途で作られ、移動して使うことを前提とはしていないパーソナルコンピュータの事である。パーソナルコンピュータの筐体は黎明期より机の上へ据え置くスタイルが主流であったが、ノートパソコンの前身であるラップトップパソコンが普及を始めた1980年代中頃から、その対語として用いられるようになった。
初期には横型の筐体のものをデスクトップ、縦型の筐体のものをタワー(ミニタワー、マイクロタワー)と呼び、横型の場合はその上にCRT(ブラウン管)ディスプレイをのせて使用していた。
自作パソコンは専らタワー型デスクトップPCということになるらく、パソコンのマザーボードやそれに付随する部品を格納するためのPCケース(ピーシーケース、英語:computer case)という市場もある。ノートパソコンとMacintoshは自作不可能とのこと也。
🙂
俳諧先のブロガさんがパソコンを買ったとのことで、初体験のWindows 10に挑戦との記事也。買ったのはデスクトップPCとの事。Uターン組のブロガさんは故郷に新居を求めたらしいが、デスクトップPCを買ったのなら、自室の机に置くのであろう。

寒冷地+豪雪地帯の石川県を終の棲家とした俺は、神奈川県は鎌倉から転居するにあたり、コタツで弄る場面を考えてそれまで使っていたデスクトップPCを処分してノートPCに切り替えた。ノートPCであれば、老人ホームに移る場合でも手間無しと考えた。
しかし、あれから彼是10年が経ち、そろそろパソコンの買い替えも考えるようになってきた。そして、買い替えるとすれば老人ホームに移る景色は更に色濃く見える。
ブロガさんのように孫がいれば、皆で画面を囲む事を考えてデスクトップPCだが。
🔰
はじめてのWindows10」のキーワードで検索するとそれなりにヒットする。
はじめてという時にはWebを見ながらよりは本を見ながらの方が判り易いかも知れない。とは言うものの、今新しく買ったWindowsパソコンであれば、どのバージョンが付いてくるのだろう。本を買い求めるにしてもバージョンにより説明用の画面内容が異なるだろうから判り難いかも知れない。

現在サポート対象のWindows10の最も古いのは、Windows 10 November 2019 Update(v1909)である。しかし、2021年5月11日がサポート期限である事に注意也。
以降v2004と続き、現行最新版はv20H2(Windows 10 October 2020 Update)である。これらの現在のサポート対象のWindows10では操作画面の大きな差異は無いと認識しているが、初体験で迷う場面は微々たる事であるから、自分のパソコンのバージョンを知る事が大事と考える。

買ったパソコン次第で、古いバージョンのWindows10が入っているかも知れないので要注意。2019年05月21日リリースのv1903(May 2019 Update)はサポート期間が終了している。すなわち、買ったパソコンがその日(2019/05/21)以前に売り出されていれば、古いWindows10が入っていることであろう。過去記事:ブロートウェア駆逐:考 / ディスプレイのサイズ:考 /