無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

ワクチン接種ガイド:学

ワクチン接種ガイド:学

厚生労働省が、新型コロナワクチン接種に伴う高齢者向けガイドを公開した。新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材|厚生労働省新型コロナワクチン接種のお知らせ(65歳以上の方へ)(PDF)接種後の注意点(ファイザー社のワクチン版)(PDF)血をサラサラにする薬を飲まれている方へ(PDF)アナフィラキシー - 日本医師会(PDF)過去記事:ワクチンの予診票が公開 / 抗体検査の病院を探す / コロナワクチンナビ:学 / 新型コロナ...

... 続きを見る

IMAP4とPOP:学

IMAP4とPOP:学

Windows 10に標準添付されている「メール」アプリでは、GmaillやOutlook.comのフリーメールサービスは受信の同期が取れて便利である。しかし、フリーメールサービスの中のYahoo!メールは、俺の環境では同期が取れていない。俺はメインのメールアプリとしてはThunderbirdを利用しているので、標準添付の「メール」アプリが動かなくとも困らないが、着信を知らせてくれるのは便利と思う。GmaillやOutlookの組み入れは簡単なのだが、Y...

... 続きを見る

Windows 10に標準添付されている「メール」アプリでは、GmaillやOutlook.comフリーメールサービスは受信の同期が取れて便利である。しかし、フリーメールサービスの中のYahoo!メールは、俺の環境では同期が取れていない。
俺はメインのメールアプリとしてはThunderbirdを利用しているので、標準添付の「メール」アプリが動かなくとも困らないが、着信を知らせてくれるのは便利と思う。GmaillやOutlookの組み入れは簡単なのだが、Yahoo!メールの作業は面倒だ。
ネット世界に首を突っ込んだ頃には、「スソノ.com」という静岡県の無料レンタルサーバを借り。メールアドレスが1つ付いてきた。当時はどこにサーバが在るのか判らないフリーメールを胡散臭く思っていたが、最近のように表計算データまでもがクライアントとなるのであればフリーメールでも問題無かろう。

とは言うものの、Yahoo!メールは当時から独自路線だったように思う。というか、当時は米Yahoo!だったのだろう。しかし、1999年からははYahoo! JAPANが提供している。とは言うものの、何故かWindowsとは組み合わせが悪いと見る。
単純に俺の理解不足のせいかも知れないが、「メール」アプリにYahoo!メールを組み入れようとしても、下図のエラーでダメなのだ。
20210404160121

GmaillやOutlook.comであれば「メール」アプリに組み込む際には名札があり、示される手順に従えば殊更に考えずとも完了するが、Yahoo!メール用の名札は無く手動で行わなければならない。主導の手順を解説するサイト記事は多いが組み込めていない。その原因は、POP/IMAPの設定ミスだと考えている。

Yahoo!メールはPOP/IMAPの両方に対応している。
俺のメール感覚としては、Internet Message Access Protocol(IMAP、アイマップ)は、『メールサーバ上の電子メールにアクセスし操作する』という事から、自分宛の手紙が手元無いことになるため使いたくなかった。
一方のPOP は、『ユーザが利用中のサーバからクライアントにメールをダウンロードし、ダウンロードがすんだメールはサーバから削除することを標準的な利用形態とする』ため、プライバシ保護の観点から良しとしていた。

しかし、最近の様にスマホ時代になると、パソコンのHDDに保管するような感覚ではメールを扱わなくなり、Webメールや複数のコンピュータから同一アカウントのメールを読む場合に、メールの未読状態等の属性やメールフォルダの構成等が一元的に管理できる利点があるということでIMAPの出番となっている。また、IMAPも進化して、現在IMAPと呼ぶときにはIMAP4を指すことが通常である。

いずれにしてもPOP/IMAPの両方に対応しているYahoo!メールを「メール」アプリに組み込めないのが癪のタネであるが..二十認証としているため、PWの入れ方
なお、「4月2日に、「Yahoo!JAPAN ID利用停止のお知らせ」との件名が書かれたメールが届いていましたが・・・- 花咲爺やの気まぐれ通信」のような出来事もあるとの事。クワバラ
🔰

禁煙始め2,000日

禁煙始め2,000日

仕事人時代は勤務先の行う人間ドッグを毎年受けていた。退職してからは持病の糖尿病などの定例診察を受けていたので気にも掛けていなかったのだが、2015年になりだいぶ間が空いたと考え、市の健康診断とやらを初体験した。2015/09/24の健康診断の結果、肺の再検査を奨められ2015/10/16金沢医療センターを受診し肺の検査の結果、間質性肺炎という病名がついた。即刻、買ったばかりのタバコを捨てて禁煙。てなことで、禁煙始め2,000...

... 続きを見る

仕事人時代は勤務先の行う人間ドッグを毎年受けていた。
退職してからは持病の糖尿病などの定例診察を受けていたので気にも掛けていなかったのだが、2015年になりだいぶ間が空いたと考え、市の健康診断とやらを初体験した。
2015/09/24の健康診断結果、肺の再検査を奨められ2015/10/16金沢医療センターを受診し肺の検査の結果、間質性肺炎という病名がついた。即刻、買ったばかりのタバコを捨てて禁煙。てなことで、禁煙始め2,000日である。