無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

ワクチン接種-私の場合

ワクチン接種-私の場合

COVID-19ワクチンを打つか(?)という命題についての私の考えである。政府のアナウンスによれば、04/12から高齢者向けにCOVID-19ワクチンの接種が始まるとの事。また、当市野々市市の場合「新型コロナワクチンの接種について - 野々市市ホームページ(2021年3月23日更新)」のとおり、接種券の送付は「75歳以上の人 :4月20日 / 65歳から74歳までの人 :4月23日」に発送予定とのことである。私は、これに応募する考えは無い。しかし、次...

... 続きを見る

COVID-19ワクチンを打つか(?)という命題についての私の考えである。
政府のアナウンスによれば、04/12から高齢者向けにCOVID-19ワクチンの接種が始まるとの事。また、当市野々市市の場合「新型コロナワクチンの接種について - 野々市市ホームページ(2021年3月23日更新)」のとおり、接種券の送付は「75歳以上の人 :4月20日 / 65歳から74歳までの人 :4月23日」に発送予定とのことである。
私は、これに応募する考えは無い。しかし、次の機会が巡れば打つかもしれない。

私は以前よりワクチンを打つことは避けてきた。インフルンザにしろ、ギラン・バレー症候群などの副作用が嫌だからである。2014年12月には殊勝な考えを起こして肺炎球菌ワクチン接種を受けたが、(それが原因ではないだろうが)翌年の2015年には間質性肺炎の診断を受けた。要は、ワクチン食わず嫌いかも、

何だかんだと言っても、これから行われる予定の高齢者を対象とした接種券の送付に応募したところで(更には、悪運強く、打つ対象とされた場合)、実際に打たれるのは5月の連休明けになるとの事だ。その効果が表れるかもしれないのは2ヶ月さきなのだろうか。先行接種を受けたところで、メリットが有るのだろうか。
運悪く、予約できなかった場合は..どうなるのだろうか⁉️。接種券に応募しなかった場合は、高齢者以外の人達が打ち終わった後の順番になるのであろう。それは、2021年内には回ってこないであろうと見る。

場合によってはワクチン接種の対象者から外される可能性もあるかもしれないが、その時はその時である。ワクチンの効果も、副作用も、永続性についても、推測の域を出ない現在、慌てて打ちたくはない。1巡する頃には推測の域から実態がみえてくるだろうから、それから考えても遅くはない。その時は打つかも。
また、ワクチンに効果があれば、接種した人達は感染しないことになり、その分だけ病床使用率・重症病床使用率が下がる事になる。となれば、私が感染したとしても、現在よりは真っ当な治療を受けられるだろうと踏んでいる。
😔
まあ、何だかんだと言っても、簡単に言えば女将と一蓮托生となる気でいる。
各種のアレルギー持ちの女将は、当人は打ちたい気持ちはあるようだが、副作用が懸念されるため打てないと見ている。ならば、私が一人で打ったところで詰まらない..という事だ。COVID-19肺炎で死に、お国に火葬してもらうのも一興である。

過去記事:予防接種を奨めるが? / インフルエンザ予防接種:考 / ワクチン接種は要注意 / 新インフルエンザワクチン / 肺炎ワクチン接種した / 医薬品副作用被害救済 / 新型コロナが死因の葬儀 / ワクチンの予防接種は /
過去記事:ワクチンの予診票が公開 / 抗体検査の病院を探す / コロナワクチンナビ:学 / ワクチン接種ガイド:学

ワクチン教

ワクチン教

04/09、石川県では新たに22人が感染していることが確認された。内4人が小松市民病院の医療従事者や職員で内3人は1回目のワクチンの接種を終えていたとのこと。新型コロナ 新たに22人感染1人死亡 クラスターも発生|NHK 石川県のニュース石川県は新たに22人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、このうち1人の死亡が確認されたと発表しました。 また、県内の職場で新… 東京都内では、1回目の接種を終えた...

... 続きを見る

04/09、石川県では新たに22人が感染していることが確認された。内4人が小松市民病院の医療従事者や職員で内3人は1回目のワクチンの接種を終えていたとのこと。
東京都内では、1回目の接種を終えた人は対象となる医療従事者などの16%余りです。一方、来週から高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりますが、東京・台東区では、医療従事者への接種はまだ行われていません。来週から高齢者を対象にしたワクチン接種が都内の一部の自治体で始まりますが、台東区では、区内の医療機関の医師や看護師などへのワクチンが届いておらず、1人も接種できていないということです。

🤬
政府のアナウンスによれば、04/12から高齢者向けにCOVID-19ワクチンの接種が始まるとの事。当県の珠洲市には04/08に975回分が到着し、県内では最も早く04/13から始まる予定とNHKローカルが報じていた。
石川県内の高齢者は33万人あまりとのことだが、先行接種する予定の医療関係者ですら行き渡らない現状の中で、政府のアナウンスのとおりにワクチンが入荷し、接種が進むのだろうかは甚だ疑問である。
それであっても、世の中にはワクチンさえ打てば鉄腕アトムに成れると信じている人々が多いようだ。とは言うものの、毎日のようにNHKニュースやワイドショーの教宣を受けていれば、そのように信じたい気持ちを理解できなくも無い。いずれにしても、これから数日のテレビには打った高齢者達が取り上げられ「痛くない」「簡単だ」とかの言葉が報じられるのであろう。

それにしても、ワクチンさえ打てば鉄腕アトムに成れるという教宣はどこから出現したのだろうか。信じる者は救われるということだろうか。アストラゼネカ製ワクチンは副作用があるとのことで、西欧でも接種を取り止めた国が多かったが、「打つリスクよりも、打たないリスク」との理屈で打つことに傾いたそうだ。そのアストラゼネカ製ワクチンは日本でも第一三共が作る事は報じられていたが(国産ワクチンの臨床試験/某町医者の名回答)、熊本のKMバイオロジクスでも生産開始=9000万回分以上が国内産になるとの事だ。

ワクチンの効果があるとしても、最終的には治療方法が確立されなければ死人の数は減るまい。某所・某所の医師の個人的ヒラメキで治療に成功したとしても、そのヒラメキが他の医師に伝わるのには時間が掛かり、その間にも病人は生死を彷徨うことになる。ワクチンの必要性はあるが、併せて治療法が確立されなければ現状は打破てきまい。

昨年は「医療崩壊」の言葉で、今年も色々な言葉になりながら、同様の状況が続いている。COVID-19が日本上陸する以前から、日本は感染症には手緩い。感染症に限らず、儲かる医療は持てはやされるが、儲からない医療は切り捨てられてた。要するに、元々が「医療崩壊」としているのだ。医療崩壊に限らず、やる事が中途半端な国である。
昨年の今頃は「新型コロナウィルス」と騒ぎ立て解決できずに継続している中、新手の敵が来たとして「変異型」として騒ぎ立てる姿は、だから負けても仕方が無いという印象操作に見る。

日本政府に限らず各国の政治家はCOVID-19による国民の不満を押さえる為にあの手この手のようだ。そして、今のところはワクチンしか無いということだろう。
ワクチンを打ったことにより、アレルギーが出ようと、死人が出ようと、国家としてはワクチンを打つ努力をして、国家体制を維持したのである。

今までは「マスク教」であったが、これからは「ワクチン教」が流行る。
効果のほどは兎も角として、マスクさえしていればCOVID-19感染はしないと信じる。
数年後。マスクもワクチンも効果が無い事が科学的に証明された頃。
「今年はCOVID-19感染したから、もう大丈夫」が街角の挨拶になるのかも。