無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

Apache OpenOffice.学

「Apache OpenOffice」がMicrosoft Storeからも入手可能になったとのこと。「Apache OpenOffice 4.1.12」が公開 ~半年ぶりのメンテナンスリリース/Windows 10/11環境では「Microsoft Store」からも入手可能(22/05/09) The Apache Software Foundationは5月4日(米国時間)、オープンソースのオフィス統合環境「Apache OpenOffice 4.1.12」を公開した。昨年10月以来のリリースだが、ここ最近は半年ごとのアップデートが守られて...

... 続きを見る

「Apache OpenOffice」がMicrosoft Storeからも入手可能になったとのこと。

「Apache OpenOffice 4.1.12」が公開 ~半年ぶりのメンテナンスリリース/Windows 10/11環境では「Microsoft Store」からも入手可能(22/05/09)
 The Apache Software Foundationは5月4日(米国時間)、オープンソースのオフィス統合環境「Apache OpenOffice 4.1.12」を公開した。昨年10月以来のリリースだが、ここ最近は半年ごとのアップデートが守られているようだ。
 
「Apache OpenOffice」は現在のパソコンに付録してきた「Office 2010」を切り替える際に検討した無料のオフィススイートの1つである。結局のところ俺は「LibreOffice」に落ち着いたが、「Apache OpenOffice」は「LibreOffice」の兄貴分にあたるらしい。その家系は多いようだが、俺が「LibreOffice」の利用を決めた2016年頃はバージョンアップも少なかった。今年2022になってアップデートを始めたとのことだが、少し間が空き過ぎているように感じる。(WikiPedia:LibreOffice#Apache_OpenOfficeとの関係)
仕事人時代と違い、マクロを組むとかの面倒な使い方はしていないものの、5年も使ってきた「LibreOffice」から引っ越そうとは思わないが、Microsoft Storeから入手できる点と、Apacheソフトウェア財団がバックというのはおいしそうである。
いずれも、ワープロソフトの「Writer」・表計算ソフトの「Calc」・プレゼンソフトの「Impress」・ドローソフトの「Draw」・データベースソフトの「Base」・数式エディターの「Math」の6つのソフトが梱包されている。Microsoft Office製品との互換の度合いや、ファイル形式などは不明だが、これからMicrosoft Officeから乗り換えを検討するのであれば有力候補と見る。過去記事:Office 2010削除

WikiPedia:OpenOffice.org / オフィススイートの比較 / OpenDocumentをサポートするアプリケーションの一覧

「LibreOffice 7.3.3 Community」が公開 ~「SourceForge」での提供も開始/テクノロジー愛好家やパワーユーザー向け無償オフィス環境
 The Document Foundation(TDF)は5月5日(中央ヨーロッパ時間)、「LibreOffice 7.3.3 Community」を公開した。テクノロジー愛好家やパワーユーザーを対象とした「LibreOffice 7.3」シリーズの最新版で、80件以上の不具合とリグレッション(機能後退)が解決されている。
 
LibreOfficeは、本バージョンから「SourceForge」での提供も開始された。
WikiPedia:SourceForge.net

フリーのオフィス統合環境「LibreOffice 7.2.7 Community」 ~v7.2系統はこれが最終版/約50件の修正で安定性が向上
 The Document Foundation(TDF)は5月12日(中央ヨーロッパ時間)、「LibreOffice 7.2.7 Community」を公開した。安定性の向上を図ったマイナーアップデートとなっている。なお、「LibreOffice 7.2」シリーズは、今回のv7.2.7が最終版になる見込み。サポートは6月12日で打ち切られる。そろそろ「LibreOffice 7.3」シリーズへの移行を準備すべきだろう。
 

♪桜井の別れ

「鎌倉殿の13人」なるNHKの大河ドラマが放送されている。大泉洋が嫌いな俺としてはハナから視る気が無い。尤も大河ドラマを視ないが。そもそもタイトルからして意味が判らない。一般的に「鎌倉殿」とは鎌倉幕府の棟梁を言う。鎌倉時代の武士は鎌倉幕府を「鎌倉殿」と呼んでいたとのこと。また、「平家物語」で言う「鎌倉殿」とは源頼朝を指している。源頼朝の死後、「十三人の合議制」による集団指導体制が出来たが、これは歴史学...

... 続きを見る

鎌倉殿の13人」なるNHKの大河ドラマが放送されている。
大泉洋が嫌いな俺としてはハナから視る気が無い。尤も大河ドラマを視ないが。
そもそもタイトルからして意味が判らない。一般的に「鎌倉殿」とは鎌倉幕府の棟梁を言う。鎌倉時代の武士は鎌倉幕府を「鎌倉殿」と呼んでいたとのこと。また、「平家物語」で言う「鎌倉殿」とは源頼朝を指している。源頼朝の死後、「十三人の合議制」による集団指導体制が出来たが、これは歴史学上の用語である。要するに、「鎌倉殿の13人」とは単語の寄せ集めである。全第61作で、先日は壇ノ浦とのことだが、新田義貞率が鎌倉市内になだれ込む下りにまではストーリが進むまい。
小池栄子山本耕史鈴木京香宮沢りえ西田敏行と楽しみな役者陣なのだが、大泉洋が演じる源頼朝が死んだら視たいような気もする。
とは言うものの、NHKの大河ドラマは時代劇の標準語で大声で我鳴れば演技らしいからつまらん。なぜが土佐弁と薩摩弁だけは真っ当風に喋るのが不思議だが、やはり大声也。

ドラマ「鎌倉殿の13人」は兎も角として...
子供の頃、昭和20-30年代に母が口ずさんだ歌「桜井の別れ」を思い出す事がある。
若かりし頃も含めて、母の思い出に楠木正成が重なることも無く、「父子が訣別する」ような出来事も知らない。歌と言えば民謡しか無かった秋田の片田舎で40歳前の女が唄う印象とはつながらない。太平洋戦争以前には東京府東京市(後に東京都)荏原区に所帯が在ったそうだから、当時の記憶なのだろうか。
桜井の別れ(さくらいのわかれ)は、西国街道桜井駅(桜井の駅)で、楠木正成正行父子が訣別する逸話である。桜井駅で別れた後、正成は湊川の戦いに赴いて戦死し、今生の別れとなった。桜井の駅の別れ桜井の訣別ともいう。
「桜井の別れ」は『太平記』の名場面として修身の教科書に載っていた逸話であり、戦前教育を受けた者には大変有名な話であったそうだが、その想い出なのだろうか。
いずれにしても、母が唄う歌は「桜井の別れ」しか俺は知らない。消え入るようなか細い声であったように思い出すが、そうだったのだろうか。

高音質『大楠公の歌』完全版15番まで-河内長野市出身ソプラノ歌手西尾薫が歌う-#25