無無無庵2

(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

日本のテレビ報道は

日本のテレビ報道の必要性には大いに疑問がある。アレは要らない。最近では、日本国内の出来事を報ずるよりも国外の戦争の話題ばかりである。そりゃ~、バイデン政権に擦り寄る岸田政権の下知が有るから、バイデン政権の正しい行いを喧伝する事は至上命令なのであろう。しかし、それ以上に「国外のマスコミが作成した報道を買い取り、画面を垂れ流して、語りを翻訳して」電波に乗せれば良いのだから、楽な仕事ということだろう。仮...

... 続きを見る

日本のテレビ報道の必要性には大いに疑問がある。アレは要らない。

最近では、日本国内の出来事を報ずるよりも国外の戦争の話題ばかりである。そりゃ~、バイデン政権に擦り寄る岸田政権の下知が有るから、バイデン政権の正しい行いを喧伝する事は至上命令なのであろう。しかし、それ以上に「国外のマスコミが作成した報道を買い取り、画面を垂れ流して、語りを翻訳して」電波に乗せれば良いのだから、楽な仕事ということだろう。仮に内容に問題が有ったところで、自分が作った番組ではないのでから、言い訳程度は考えるだろう。

同様に、アメリカ大統領選挙をはじめ、中国・韓国・西洋諸国での政治的な出来事と関連する推測・流言などは実に雄弁に報道する。これとて、日本のテレビ報道が作成した番組ではない。
反面、日本の政治として報ずるのは、党派の揉め事である。
国会で論ずられる内容を報ずる事はないが..国会の議論とは別に、本来は政権側が説明しなければならない内容を政権に成り代わって説明する。それが正しい内容か否かは兎も角として、マスコミの説明を以って政権は国民に直接説明する事は皆無と言えるだろう。
現代のテレビ報道やワイドショの類は、江戸時代の瓦版屋のごとしである。

政党の揉め事以外は、選挙の投票結果を報ずるのが日本のテレビ報道の姿勢らしい。出口調査とやらの結果を以って、他局よりも如何に早く当選確実を報ずる事が重要なポイントらしい。当選者のバンザイ景色を見たところでしょうもない。
もっとも、政権の御先棒担ぎと芸能・スポーツを除けば、日本のテレビ報道は「猟奇事件」を扱うしかなぃうだ。女性絡み猟奇事件なるとレポータも多いらしいが、微に入り細に亘って報じなくとも良かろう。

こんな報道姿勢だから、イギリスのBBCにジャニーズ喜多川氏の件について突っつかれるのだ。以降、類似事件は気配りしながら報じているかのごとしだが..相も変わらず..違うんだな~