無無無庵2

(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

人類以前の文明.学

サイルリアン仮説やはり地球には“人類以前の文明”が実在した! 滅亡経緯も判明、NASAの学者ら提唱「サイルリアン仮説」 - TOCANA持続可能な社会を目指すいわゆる「SDGs」が叫ばれている昨今だが、この地球上でかつて持続不可能が故に滅びた産業文明があったかもしれないという――。■「サイルリアン仮説」とは? イギリス「BBC」のテレビドラマ『ドクター・フー』に登場する、4億5000万年前の地球を生きたトカゲに似た外観の先住民...

... 続きを見る

サイルリアン仮説

やはり地球には“人類以前の文明”が実在した! 滅亡経緯も判明、NASAの学者ら提唱「サイルリアン仮説」 - TOCANA
持続可能な社会を目指すいわゆる「SDGs」が叫ばれている昨今だが、この地球上でかつて持続不可能が故に滅びた産業文明があったかもしれないという――。■「サイルリアン仮説」とは? イギリス「BBC」のテレビドラマ『ドクター・フー』に登場する、4億5000万年前の地球を生きたトカゲに似た外観の先住民族...
 

イスラエルの失われた10支族


人類の進化


古代マヤ文明の「819日周期の暦の謎」がついに解明か、45年もの期間における天体の運行と同期していることが判明
古代マヤ文明の遺跡から発掘される碑文の中には、819日周期のものがあり、一体なぜ819という数字なのかという謎はこれまで多くの学者を悩ませてきました。一説には、古代マヤ人にとって聖なる数字だった「7」「9」「13」をかけたからだとも言われてきましたが、新しい研究により819日は地球から見える惑星の周期と関連したものだということが示されました。
 


47万年前の木造住宅の一部か 十字に組んだ木材発見―ザンビア:時事ドットコム(23/09/21)
アフリカ南部ザンビアの川沿いの遺跡から、木造住宅などの一部と考えられる十字に組み合わせた木材が見つかり、年代が約47万6000年前と推定された。英リバプール大などの研究チームが20日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。木造構造物は壊れて消失しやすく、これまでに発見された世界最古の例になるという。
 

4万5000年前の人骨化石 現生人類、ドイツ中部洞窟で発見―寒冷でも大型動物追う?・国際チーム:時事ドットコム(24/02/01)
ドイツ中部テューリンゲン州のラニス城にあるイルゼン洞窟を発掘し直し、約4万5000年前と推定される現生人類(ホモ・サピエンス)の骨片化石を発見したと、独マックスプランク研究所などの国際研究チームが31日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 

デヴェタシュカ洞窟, ブルガリア
画像はブルガリアのデヴェタキ村にある巨大な天然洞窟、デヴェタシュカ洞窟です。この洞窟には紀元前 7 万年頃の中期旧石器時代から人類が生息した痕跡があり、紀元前 6000 ~ 4000 年頃の新石器時代の遺物も発見されています