無無無庵2

(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

W11 v24H2に成れるかな

「02/14、Win11 更新🇼」のとおり、次期Windows 11 v24H2は、POPCNTを利用できない古いCPUではUpGradeできないとの事だ。裏口入学でWindows 10 ⇒ Windows 11とした俺の環境がW11 v24H2に成れるかな(?)という懸念があったのだが、02/14の02月定例累積更新が行えてやれやれである。とは言うものの、W11 v24H2へのUpGradeや、W11 v23H2のMoment 5Updateに備える為には、俺の環境のCPUのPOPCNT有無は❓..ところに、以下の記事を発見し...

... 続きを見る

02/14、Win11 更新🇼」のとおり、次期Windows 11 v24H2は、POPCNTを利用できない古いCPUではUpGradeできないとの事だ。裏口入学でWindows 10 ⇒ Windows 11とした俺の環境がW11 v24H2に成れるかな(?)という懸念があったのだが、02/14の02月定例累積更新が行えてやれやれである。
とは言うものの、W11 v24H2へのUpGradeや、W11 v23H2のMoment 5Updateに備える為には、俺の環境のCPUのPOPCNT有無は❓..ところに、以下の記事を発見した。
Windows 11 Version 24H2が実行可能かどうかを確認する3つの方法 | ソフトアンテナ(24/02/14)
最新のWindows 11プレビュービルドでは、プロセッサに「POPCNT」命令が必要となる変更が行われてがいる事が確認さています。Windows 11の最小要件をクリアしているCPUならば、この条件はすでに満たしているはずですが、CPUの世代チェックをバイパスして無理矢理Windows 11を実行している古いPCでは問題が発生する可能性があります。以下、使用中のハードウェアでWindows 11 Version 24H2が実行できるかどうか確認する方法を説明します。
 
上記記事では「CPU-Z」を使ってCPU 情報を調べ、「Instructions」中に、SSE 4.2(Intel)又はSSE 4.2a(AMD)の有無を確認する事が解説されている。俺は「Speccy」で調べた、
20240214131903>
その結果、俺の環境のCPU(Intel Core i5 480M)が「対応する命令」は、『MMX, SSE, SSE2, SSE3, SSSE3, SSE4.1, SSE4.2, Intel 64, NX, VMX』を有していることが判った。よって、「POPCNT」命令に対応しており、W11 v24H2に成れそうである。以上で、向後の定例累積更新は安心して実行できる也。
#W11 v24H2

02/14、Win11 更新🇼

今日24/02/14はWindows 11 v23H2の02月定例累積更新日である。いつもであれば朝一で更新工事を行うのだが、最近の解説記事を読むと「次期Windows 11 v24H2がCanary/Devチャネルでリリースされている」とのことだ。また、Windows 11 v23H2のMoment 5アップデートが2月だとか、4月だとか..まだ先だとかの話題も聞こえている。それらは。古いパソンでは動かないかも..という話題も聞こえる。「制御された機能ロールアウト」...

... 続きを見る

今日24/02/14はWindows 11 v23H2の02月定例累積更新日である。
いつもであれば朝一で更新工事を行うのだが、最近の解説記事を読むと「次期Windows 11 v24H2がCanary/Devチャネルでリリースされている」とのことだ。また、Windows 11 v23H2のMoment 5アップデートが2月だとか、4月だとか..まだ先だとかの話題も聞こえている。それらは。古いパソンでは動かないかも..という話題も聞こえる。
「制御された機能ロールアウト」(Controlled Feature Rollout:CFR)は、Windows 11の「Moment Update」の段階的ロールアウトを先行的に受け取るための機能で、2023年5月にW11 v22H2から導入されてる。
古いパソンでは動かないのであれば、裏口入学でWindows 10 ⇒ Windows 11とした俺の環境では動かないかもしれない公算はある..ということで、朝一の更新工事は見合わせようか..と殊勝なことも考えたが..意地と度胸の男の子..工事してみた。

Windows 11 24H2でハードウェア要件がさらに厳しくなる | ソフトアンテナ(24/02/13)
Microsoftは現在、Windows 11の次期アップデート「Windows 11 Version 24H2」の開発に取り組んでいます。24H2は2024年の後半にリリースされる機能アップデートで、AI機能に焦点を当てた新機能が追加される予定ですが、それだけではなく、新しいハードウェア要件が導入される可能性があることがわかりました(Neowin)。
 
😀成功。案ずるより..産んじゃった
24/02/14、Windows 11 v23H2の02月定例累積更新あり(KB890830、KB5034765、KB5035120、KB5035119、KB5035121、KB5034123)
20240214074515
🦀再起動を含め、更新の所要時間は25分程度。
これにより、Windows 11のv23H2 Build22631.3085 ⇒ Build22631.3155。
なお、(KB5034467)「.NET Framework 3.5 用の2024-01累積的な更新プログラムのプレビューと x64 (KB5034467) のWindows 11, version 23H2 用の 4.8.1」が自動降臨したディバイスもあるようだが、俺は「01/24、Win11 Pv更新」時に手動でUpdate済み也。
Windows 11 22H2 のプレビューパッチは、24/02/28以降は廃止される。
OS同梱の背景画像をデスクトップ壁紙として利用している場合、今後数週間のうちに「Windows Spotlight」がデフォルトのデスクトップ背景に設定される可能性がある
インストール.アプリ
W11.標準添付アプリ.管理
Windows 11弄りメモ
📌OS絡み?、Update履歴
Microsoft Windows 11のバージョン履歴 - Wikipedia
過去記事:tiny11のv23H2が公開 / v22H2⇒v23H2に備える / W11 v23H2にした
W11 v23H2が一般公開

2022年9月20日、Windows 11 v22H2が公開。(2024年10月14日までサポート)

2023年11月01日、Windows 11 v23H2が公開。(2025年11月12日までサポート)

2023/11/02、Windows 11 Homeにグレードアップ
W11 v23H2更新履歴:11/15(12/04セキュリティ入れ替え、12/0512/08)、12/13
24/01/10(01/17Firefoxアンイントール、01/24)、02/14(02/28)、03/13(03/27)、04/10(04/24)、05/08(05/22)、06/12(06/26)、07/10(07/24)、08/14(08/28)、09/11(09/25)、10/09(10/23)、11/13(11/27)、12/11(12/25)、25/01/08(01/22)、

#W11 v23H2
<<本日公開に関する記事>>
<<本日公開に関する不具合は>>

W11 v23H2のMoment 5アップデート

2月だとか、4月だとか..まだ先だとか..楽しみな機能は少ない感じ
Windows 11 Moment 5アップデートは2024年2月にリリースか | ソフトアンテナ(23/12/23)
Microsoftが、2024年2月にWindows 11 Moment 5アップデートの提供を予定しているとWindows Centralが伝えています。
 
Windows11 Moment 5のリリース時期がリーク。次期機能アップデート | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z(23/12/24)
Windows11の次期機能アップデートとなる『Moment 5』のリリース時期がリークされました。『Moment 5』はWindows11 バージョン23H2にのみ提供される。Windows11 バージョン22H2には提供されない。『Moment 5』の機能を利用したい場合は23H2へとアップデートする必要がある。
 
『Moment 5』はこれまでのMomentアップデートと同様に、WindowsUpdate経由で2024年2月下旬のプレビューリリースとして提供されるだろう
アップデートの内容は、「Copilotのサイドペイン固定解除機能の追加」「ウィジェットのニュース無効機能追加」「メモ帳の下部に文字数表示」「Microsoft Storeのアップデート」「『音声アクセス』のマルチモニターサポート」などが見込まれている。


次期Windows 11は「バージョン 24H2」 ~プレビュー版がCanary/Devチャネルでリリース/7-zip/TAR書庫ファイルの作成に対応した「エクスプローラー」など、多くの新機能
 米Microsoftは2月8日(現地時間)、「Windows 11 Insider Preview」Build 26052をCanary/Devチャネルでリリースした(ge_release)。それぞれ以下のビルドがロールアウトされている。
 

Windows 11 v24H2に成れるかな


Windows 11 Version 24H2が実行可能かどうかを確認する3つの方法 | ソフトアンテナ(24/02/14)
最新のWindows 11プレビュービルドでは、プロセッサに「POPCNT」命令が必要となる変更が行われてがいる事が確認さています。Windows 11の最小要件をクリアしているCPUならば、この条件はすでに満たしているはずですが、CPUの世代チェックをバイパスして無理矢理Windows 11を実行している古いPCでは問題が発生する可能性があります。以下、使用中のハードウェアでWindows 11 Version 24H2が実行できるかどうか確認する方法を説明します。
 
俺の環境のCPU(Intel Core i5 480M)は、SSE 4.2に対応しており、W11 v24H2に成れそうである。以上で、向後の定例累積更新は安心して実行できる也。(過去記事:W11 v24H2に成れるかな)