無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

11/11、Win10 更新

11/11、Windows 10 v20H2定例の11月累積更新あり。(KB4586781)。
本定例更新については、以下記事より事前情報を得ていたので実行を躊躇った。特に『システム証明書とユーザー証明書が消失』する件についてはv2004に端を発しv20H2でも未解決事項である。
本定例更新で修正版が公開されないものかと期待していたのだが..美味しい話題の少ない出来事也。
【Windows10】 WindowsUpdate 2020年11月度 不具合情報 - セキュリティ更新プログラム KB4586781 / KB4586786 | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z(11/11)



20201111070241




1回の再起動を含め、自動更新の所要時間は15分程度。

これにより、Windows 10のv20H2 OSビルドは 19042.610⇒19042.xxx。 ※確認しなかった。
自動更新完了後、シャットダウンと再起動を行ってみたが、今のところ不具合は無い。
【追記】自動更新後、2時間ほど経過。Firefox v82.0.3でマイクロソフトの特定の(?)ページ(ex.悪意のあるソフトウェアの削除ツール)にアクセスすると、「アカウントにサインイン」頁に飛ばされ、以下のエラーメッセージが出る。Chrome v86.0.4240.193、Chromium Edge v86.0.622.63では発生せず。よって、本定例更新の影響ではなく、以前よりのFirefoxの不具合の為と推測する。
 20201111085339


申し訳ありませんが、サインイン中に問題が発生しました。
AADSTS50196: The server terminated an operation because it encountered a client request loop. Please contact your app vendor.



20/10/21にv20H2にグレードアップし、10/30のオプション更新を経て、初めての定例更新である。

その後、改めて「オプションの更新プログラムを表示」を見たら、(KB890830)がリストアップされていた。なぜ今(KB890830)が御勧めされるのか不明である。が、せっかくの御勧めなので更新した。
(KB890830)は2015年頃には出現していた模様であるが、俺は多分初見参である。ググると多見する。
悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - v5.84 (KB890830)
20201111070239



再起動は無し。自動更新の所要時間は3分程度。
これにより、Windows 10のv20H2 OSビルドは 19042.xxx⇒19042.630也。
Flash Playerの面影」で書いた『コントロールパネル⇒(大きいアイコンで表示)すると、左上に「Flash Player(32ヒット)」のアイコンが表示される』件が解消されるかしらんと思ったのだが、残念。


次の定例バッチは、12/09、2021/01/13
【11/15追記】
WindowsUpdate 2020年12月度のプレビューリリースはなし | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z(11/15)

関連記事:Win10、v20H2情報 / 重要:Win 10の更新注意 / Firefoxの不具合:原因?-2

<<本日公開に関する記事>>
  • Microsoft Update の日 - 脳脂肪のパクリメモ(11/11)」によれば、10/30のv20H2のオプション更新(KB4580364)と同一日にに更新された(KB4580419)を行っていない場合は、11/11それも降臨しているとの事。で、大いにガッテンした。
2020-11 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10, version 20H2 用) (KB4580419)
<<本日公開に関する不具合は>>
<参考>
11/11の自動Updateでは、これまでWindows 10のv2004(v20H2)にグレードアップできないとぼやいていた人たちが、あっこっちで「成った」という声が聞こえている。グレードアップの行き場がv2004とv20H2とがあるらしい。v2004を飛び越してv20H2に成る場合も有るが、v2004停まりの場合もある様子。マイクロソフトのAI様の御導きということらしいが、政権と同じく、理由を教えて欲しいものだ。
もとい。v20H2に飛んでいるとの事。「v2004停まり」とは当人の誤解らしい。

11/12朝、Chromium Edge v86.0.622.68、Chrome v86.0.4240.198、Thunderbird v78.4.3にUpdateされた。してみると、Firefoxが無いのが不気味也。(イタチごっこの始まり?)
11/10朝、バージョンアップされたばかりだか...
Mozillaは、Firefox v82.0.3、Thunderbird v78.4.2が降臨した。
すわ何事と思い、Google Chromeを見たらv86.0.4240.193が降臨した。
Chromium Edgeは11/05降臨のv86.0.622.63のまま変わらずである。
関連記事
[Tag] * アプリ * パソコン * 安全

最終更新日 : 2021-02-03

この記事にコメントする







管理者にだけ表示を許可

No title

Flash Player(32ヒット)がやっと消えてくれました。 詳しくは自ブログへ!!
2020-11-12-11:11 愚呑 [ 返信 * 編集 ]

No title

御知らせいただきありがとうございました。 私の環境も綺麗になりました。 人柱になる根性がなかったのですが、助かります(笑) https://nonn634.blog.jp/archives/84296543.html
2020-11-12-12:02 呑兵衛あな [ 返信 * 編集 ]

No title

どこぞのサイトでver20H2もver2004用で出来ると書いてありました。 また、ファイルの製品情報にWindows 10, version 1903 and laterとありましたので、大丈夫だろうと判断した次第です。 ほんとうにコンパネに居座って長かったですね。
2020-11-12-15:33 愚呑 [ 返信 * 編集 ]

No title

コントロールパネルに「Flash Player(32ヒット)」のアイコンが存在する事を知らない64ビットユーザーがいるのでは(?)と思います。 御知らせする意味も含めて、記事を書いています。
2020-11-12-15:44 呑兵衛あな [ 返信 * 編集 ]