無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

01/13、Win10 更新

01/13、Windows 10 v20H2の1月定例累積更新あり。(KB890830KB4598242)。
20210113090836

再起動を含め、自動更新の所要時間は25分程度。
これにより、Windows 10のv20H2 OSビルドは 19042.685⇒19042.746。

この自動UpdateでAdobe Flash Playerか削除されたのだろうか(過去記事:Flash Player撲滅作戦)。既にアンインストールしている俺的には他岸の火事。

と、自動Updateがなされたが、その後、コントロールパネルをチェックしたところ、他に「2021-01 Windows 10 Version 20H2 サービス スタック更新プログラム (KB4598481)」が降臨していた。
関連記事:Win10、v21H1情報 / 待ち遠しい、MS-IME改)

<<本日公開に関する記事>>

<<本日公開に関する不具合は>>
日本では毎月第2水曜が定例更新日で、3~10月が02:00、11~2月が03:00に公開。
月例の翌週以降に『プレビューリリース』と呼ばれるセキュリティを含まない不具合や機能修正のみの更新プログラムが配信されるが、これまでは参加していたが、今年からは人柱になりたくないので基本的にパスすることにし、定例更新のみに参加する。

2020年2月リリースしたがトラブルが見つかったため撤回されていた(KB4524244)の新版となる更新プログラム(KB4535680)がリリースされた。
Microsoft、セキュア ブートの迂回攻撃を防止するセキュリティパッチを再リリース - 窓の杜(21/01/13)
俺の環境では(2020/02/17)KB4524244情報のとおり、KB4524244をアンインストール済みである。また、本日提供の物は俺の環境(v20H2)よりも古い版(64bit版のv1909以前)向けのため対応は不要である。なお、トラブルを起こしていた(KB4524244)はアンインストールしても問題はない。

関連記事
[Tag] * パソコン * 安全

最終更新日 : 2021-04-15

この記事にコメントする







管理者にだけ表示を許可