Top Page › 此れ暇潰し › PC工事覚え › 04/14、Win10更新
2021/04/14 (水) 08:40

04/14、Win10更新

04/14、Windows 10 v20H2の4月定例累積更新あり。(KB890830KB5001330)。
20210414082551
再起動を含め、自動更新の所要時間は25分程度。
これにより、Windows 10のv20H2 OSビルドは 19042.906⇒19042.928。

なお、コントロールパネルを確認したところ、02/25、Win10 Pv更新に初顔の「Servicing Stck」サービススタックアップデート(SSU)は21/03/10「v10.0.19041.860⇒v10.0.19041.903」とUpdateされていたが、04/14本日、v10.0.19041.925にUpdateされた。
v20H2が公開 2020/10/21(10/27プリンタ検査10/30)、11/11(11/13Flash Player削除、11/2012/01)、12/09、21/01/13(02/03)、02/10(02/2002/25)、03/10参考(03/1603/19参考03/30)、04/14
以降の定例累積更新は、05/12、06/09、07/14。
5月下旬頃には、次期版の21H1が公開されると推測。
関連記事:Win10、v21H1情報 / 待ち遠しい、MS-IME改)
既に2021年3月9日でサポート終了しているレガシーEdgeは、『Microsoft、Edge Legacyを2021年4月の月例更新で削除することを発表 - ソフトアンテナブログ(21.02.06)』との事で、04/14本日、レガシーEdgeが削除、新Edgeがインストールされる。既に新Edgeがインストールされている20H2では、レガシーEdgeの削除のみが実行される。
ということで、03/30のWin10 Pv更新を適用した環境ではレガシーEdgeは削除済みと推測するが、俺の環境では既に手動で削除済に付き、挙動は判らない。なお、レガシーEdgeの削除に伴い削除されるのでは(?)と期待していた「Microsoft Edge Update」は03/27にv1.3.141.63と成り、03/30のWin10 Pv更新時にも削除されなかった。更に、04/13に新Edgeがv89.0.774.76に成った際にv1.3.143.45と成った。04/14本日のの4月定例累積更新後も有る。(03/10、Win10 更新)
20210413161816
勝手に推測するが、この「Microsoft Edge Update」とは、Firefoxの「Mozilla Maintenance Service」と同じ仕掛けかも知れない。Firefoxの場合は「インストールしますか?」の確認を出さないようにする呪文との事で、無効化・削除ができたのだが..「Microsoft Edge Update」が削除できないのは目障りだね。
<<本日公開に関する記事>>
<<本日公開に関する不具合は>>

🤖
Chromeがv90に更新する予定日であったが無く、v89.0.4389.128に更新したのみ。

🤖予定日より1日遅れの04/15今日、Chrome v90.0.4430.72が更改された。
新Edgeも04/13にv89.0.774.76に成ったが、04/15v89.0.774.77が公開された。明日04/16にはv90更改予定だが、どうしたの。なお、「Microsoft Edge Update」は04/14の4月定例累積更新時のv1.3.143.45で変わらず。
関連記事
[Tag] * パソコン * アプリ
2021-04-30

この記事にコメントする







管理者にだけ表示を許可