無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

某町医者の名回答

😷患者の問い
糖尿病の私はCOVID-19ワクチンを打っても大丈夫でしょうか?
アナフィラキシーショック以外にも、心臓病や脳梗塞にならないか心配ですが。

👨🏿‍⚕️医者の答え
大丈夫かどうかは打ってみないと分かりません。しかし、打つべきです。
糖尿病患者がCOVID-19に感染した場合のリスクと、ワクチンを打つ事で起るかもしれないリスクを比べれば、後者のリスクの方が処置し易い出来事です。また、死んだとしても悲しむのは個人と周囲であって、国家の損失にはなりません。
😱
現在進行形の医療関係者へのワクチン接種によりアナフィラキシー(薬物過敏症等)と報じられた事象について厚労省は「アナフィラキシー」ではないと判定したとの事。
一般人が同様の事態になったとしても、闇から闇でも不思議ではないということだ。
なんて~事を心配しなくとも、現在の輸入ペースから考えれば、一般人に接種の順番が回ってくることがありそうに思えない。新年の掛け声を聞く頃には何とかだろうか。
とは言うものの、第一三共がワクチンの臨床試験を3月中にも始めるとの報道。
英製薬アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて、国内での製剤化。
「ロキソニンS」を発売している第一三共ヘルスケアがグループとのことだが...(過去記事:尿中アミラーゼ:学)
アストラゼネカねぇぇ~。
ワクチンの事にばかり視点を向けられているが、抜本的な治療方法は見えず、場当たり的に死なないような方法しか無いようだ。それで治癒したとして退院させられてもね~。ワクチン打たれたからって、1年程度は効果が持続するのだろうか。

🤬
COVID-19感染が始まってから1年間、日本政府は何もしなかった。
日本が挙って悪者扱いする中国政府は、1夜城ならぬ、1夜で病院を作った。
日本政府は東北大震災の復旧作業と同様に、掛け声とひけらかしだけで何もしなかった。
関連記事
[Tag] * 医療 * 社会

最終更新日 : 2021-03-12

この記事にコメントする







管理者にだけ表示を許可