無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

ワクチン接種-私の場合

COVID-19ワクチンを打つか(?)という命題についての私の考えである。
政府のアナウンスによれば、04/12から高齢者向けにCOVID-19ワクチンの接種が始まるとの事。また、当市野々市市の場合「新型コロナワクチンの接種について - 野々市市ホームページ(2021年3月23日更新)」のとおり、接種券の送付は「75歳以上の人 :4月20日 / 65歳から74歳までの人 :4月23日」に発送予定とのことである。
私は、これに応募する考えは無い。しかし、次の機会が巡れば打つかもしれない。

私は以前よりワクチンを打つことは避けてきた。インフルンザにしろ、ギラン・バレー症候群などの副作用が嫌だからである。2014年12月には殊勝な考えを起こして肺炎球菌ワクチン接種を受けたが、(それが原因ではないだろうが)翌年の2015年には間質性肺炎の診断を受けた。要は、ワクチン食わず嫌いかも、

何だかんだと言っても、これから行われる予定の高齢者を対象とした接種券の送付に応募したところで(更には、悪運強く、打つ対象とされた場合)、実際に打たれるのは5月の連休明けになるとの事だ。その効果が表れるかもしれないのは2ヶ月さきなのだろうか。先行接種を受けたところで、メリットが有るのだろうか。
運悪く、予約できなかった場合は..どうなるのだろうか⁉️。接種券に応募しなかった場合は、高齢者以外の人達が打ち終わった後の順番になるのであろう。それは、2021年内には回ってこないであろうと見る。

場合によってはワクチン接種の対象者から外される可能性もあるかもしれないが、その時はその時である。ワクチンの効果も、副作用も、永続性についても、推測の域を出ない現在、慌てて打ちたくはない。1巡する頃には推測の域から実態がみえてくるだろうから、それから考えても遅くはない。その時は打つかも。
また、ワクチンに効果があれば、接種した人達は感染しないことになり、その分だけ病床使用率・重症病床使用率が下がる事になる。となれば、私が感染したとしても、現在よりは真っ当な治療を受けられるだろうと踏んでいる。
😔
まあ、何だかんだと言っても、簡単に言えば女将と一蓮托生となる気でいる。
各種のアレルギー持ちの女将は、当人は打ちたい気持ちはあるようだが、副作用が懸念されるため打てないと見ている。ならば、私が一人で打ったところで詰まらない..という事だ。COVID-19肺炎で死に、お国に火葬してもらうのも一興である。

過去記事:予防接種を奨めるが? / インフルエンザ予防接種:考 / ワクチン接種は要注意 / 新インフルエンザワクチン / 肺炎ワクチン接種した / 医薬品副作用被害救済 / 新型コロナが死因の葬儀 / ワクチンの予防接種は /
過去記事:ワクチンの予診票が公開 / 抗体検査の病院を探す / コロナワクチンナビ:学 / ワクチン接種ガイド:学
関連記事
[Tag] * 医療 * 健康管理 * 肺炎

最終更新日 : 2021-04-10

この記事にコメントする







管理者にだけ表示を許可

タイトル無

なるほど。
ワクチンが出回れば、病床使用率が下がり、まっとうな治療が受けられる説、了解しました。
私はワクチンが出回ったら、これまで診療抑制していた重病人がわんさか病院に押し掛けて病床使用率が上がって、医療は逆に逼迫する説です。
それでなくともひと世代後ろの高齢者がバタバタ死んでいますから。
それにしてもあの髭面の医者がワクチンを推奨しているCM、なんとかなりませんか。
2021-04-10-23:52 蟷螂 [ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 蟷螂 様へ

>私はワクチンが出回ったら、これまで診療抑制していた重病人がわんさか病院に押し掛けて病床使用率が上がって、医療は逆に逼迫する説です。

なるほど。
いずれにせよ、打ったら教えてください。冷やかしますから(笑)
当方も、妻がその気になって打つハメになったら記事にします。まあ、99%ありませんが
2021-04-11-08:17 呑兵衛あな [ 返信 * 編集 ]