(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

野々市で10年

当地野々市市を終の棲家と決め、不動産所得と建築の契約をして丸10年が過ぎた。
関ケ原以北のアチコチを「捜し歩き」と称しては土さ回りしたが、何故か見ず知らずの北陸で死ぬことになってしまった。契約したのは2011年。後で考えれば、少しでもモタツイテいたら3.11が起こり建築資材等は不足していたであろう。

決めた住処は北陸で、今では市政執行されて「野々市市」となったが、当時は「石川県石川郡野々市町」であった。ちっぽけなエリアであり、地図を眺めても「そりゃ何処にある」という状態であった。今では「全国の住みたい街」とやらに選ばれるとかで、知る人ぞ知る名前になったらしい。

2011年に「捜し歩き」に来た頃は北陸新幹線は未開通であった。初めて当地を訪れたのは2010年の暮れ12月であった。鎌倉市を立って上越新幹線の越後湯沢駅で乗り継ぐ北越急行ほくほく線経由で北陸方面への特急「はくたか」号に乗り替えるホームでタバコを吸い溜めする。ほくほく線は長岡直江津までの殆どがトンネルという印象であった。トンネル区間は少ないのかも知れないが、どんよりとした雪景色を走る車内が照明れていた為なのかもしれない。新潟地震の際には道路側から見た駅舎の景色を電車側から見るのは何とも異次元であった。
低い天井の駅のホームまでが暗い照明の金沢駅に着き、予約していたホテルは駅の目の前だったが、室内は何故かスポット照明が多く、往路のトンネルの延長線のように暗い街という印象であった。その印象は、駅地下の食堂街までも続き、暗い店舗での夕食。
【フルHD】北越急行ほくほく線 特急「はくたか」4号 金沢行 越後湯沢~直江津 車窓(冬)



さて、閑話休題
明けて翌日は、金沢駅から2駅目の「野々市駅」に出向いた。予想はしていものの、国鉄時代の古い駅舎を出ると駅前とは言うものの人っ気は無い。駅の窓口に人の気配は無く、改札口に置かれたダンボール箱に切符を放り込めば下車できる。駅前に広場はあるものの、田舎によく見る何でも店舗もない。駅中にもキオスク的な売店は無いのだから、駅とは言うものの、鉄道が停車するだけの機能しか無い。タクシー乗り場は有るのの、タクシー自体がいない。これでは、この地方で電車の利用者が減ることは当然と言えよう。少ない電車の停車本数とな~んにも無い駅に、何の価値が有るものか。
それでも、待ち合わせした不動産屋が出迎えてくれていた。挨拶もそこそこに不動産屋の車にて目的地に向かったが、交通信号こそ有るものの、道路を走る車両の少なさに驚くやら、嬉しいやら。(2013-10.野々市駅南口)

あれから10年が経った。市政執行の法的決まりである5万人でスタートした野々市市は2021年12月1日の推計人口では57,734人に増えた。以前は「土地区画整理地」との名称で住所表記の無かったエリアには住所地番が付き真新しい家屋が増えた。新しい道路が出現し、大通りでは小規模ながら渋滞も発生している。以前は天下御免でいつでも横断できた道路は、用心しなければ渡れなくなった。何よりも驚くのは近所のマイカーの数であろう。10年前には助手席の若者がマイカーを持つ年齢に成ったのだろうか。転居間もない頃は1日に数台しか通らなかった我が家の前の最近はなかなか煩い。

後になって知った事だが、北陸は駅を中心とした街づくりではない。JRの野々市駅では通勤時間は15分間隔程度に電車が来るが、それ以外は1時間に2本程度しか停車しない。通過する特急の方が多く、普通列車は遠慮しているのだ。金沢-福井間に新幹線が開通したら在来線にも変化はあるのだろうか。いずれにしても、マイカーを持たない俺が金沢市内に向かう場合は、徒歩5分の国道を15分間隔に走る路線バスが利便が良い。

過去記事:居住地探し / 東日本大震災から5年 / 大宮暮らしの思い出 / 私の過ごした 0311
20220115120401
(22/01/15 AM、野々市市散歩)
この田んぼでは左義長が行われていた。例年、町内の子供会で各家庭を巡ってはその年飾った門松や注連飾り・書き初めで書いた物を集めて焼いていた。しかし、今年は子供会が来なかった。思えば昨年も来なかったようだ。
はじめて左義長の子供会が来た10年前には、「左義長とは?」であったが、「あぁ、どんど焼き、か~」程度の認識であった。思い起こせば、秋田県鹿角郡に住んでいた頃にウッスラと記憶するだけで、その後は神社等で御焚上していたので左義長とは知らなかった。

今日の最高気温は9℃になるとの予報であった。最低気温3℃とのことだが、起床後に気温が上がった気はしない。故郷秋田に続く日本海の鈍色の空は今日も暗い。
それでも積もった雪は今日は溶けてしまうのだろう。大寒は1月20日也。

過去記事:老後の暮らしは平屋で / 石川の県民性に思う / うんざりするよな石川県民 / 北陸の珍奇な県域 / 「地域」呼称の明確化  / 石川県に へ~ / 北陸の最大都市である金沢市(?)  / 出身地に見る帰巣本能 / 変る景色-金沢に向かう / 石川県民の地元愛 /
関連過去記事:野々市の人になって1年が経つ東京圏の年寄は脱出を
関連記事
[Tag] * 定点 * 想い出
最終更新日時 :

コメント

直江津

野々市10年ですか、大震災の前ですね。
その年の1月には夫婦で信越から青森まで鉄旅しました。大雪で予定していた只見線が不通で新潟を経由しました。
五能線も途中深浦でバス代行、帰路の新青森からの新幹線に間に合うかヒヤヒヤでした。

>ほくほく線は長岡までの殆どがトンネル
ほくほく線は越後湯沢ー犀潟経由直江津です。
2022-01-16 11:33
愚呑 https://gudonan.bex.jp/URL
[ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 愚呑 様へ

>ほくほく線は越後湯沢ー犀潟経由直江津です。

でした 😂
えらい方向違いでした。

>信越から青森まで鉄旅

ルートを記事にしてください。
私、金沢-秋田間を日本海経由で行きたいと思っているのですが
2022-01-16 13:19
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]

Re: 呑兵衛あな 様へ

時刻表検索ソフト「駅すぱーと」での検索結果です。
全て日本海側を普通で行く場合は10,380円
金沢6:02→23:09秋田
一番早いのは大宮経由26,930円
金沢6:14→はくたか→大宮こまち乗換→12:30秋田

全て日本海側ですと、これがベストです。15,300円
金沢6:14→はくたか552号→7:17妙高高原7:25→特急しらゆき1号→9:28新潟12:32→いなほ5号16:04秋田
新潟で3時間ほどありますが、普通に乗っても途中でいなほ5号に抜かれます。
野々市の始発5:44に乗れば金沢は間に合います。
2022-01-16 16:35
愚呑 https://gudonan.bex.jp/URL
[ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 愚呑 様へ

たいへん御手数を掛けてしまいました。
恐縮です。

「駅すぱーと」で、こんなにも検索できるん照すか!
研究してみます、
私、だいぶ以前に調べた事があったのですが、秋田-新潟の間でレールが切れたように思っていたのですが、こりゃ勘違いですね

ほんとうにありがとうございました
2022-01-16 16:51
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]

デッドセクション

新潟ー秋田間は羽越本線です。
途中、村上駅ー間島間にデッドセクション(交直切替区間、死電区間)があり、一瞬電車の電源が切れます。
七尾線津幡ー中津幡にもあります。
電車の照明が消えるのが楽しみです。
走っている電車は交直両用車両です。
2022-01-16 17:22
愚呑 https://gudonan.bex.jp/URL
[ 返信 ]

左義長

左義長と言う言葉を初めて知りました
2022-01-16 18:29
千川爺 https://takaga.blogspot.com/URL
[ 返信 * 編集 ]

呑兵衛あな

Re: 千川爺 様へ

>15日は「どんど焼き」 不思議な名前の由来とは? - ウェザーニュース
https://weathernews.jp/s/topics/202001/140075/
によれば、「長野県や山梨県では道祖神祭(どうそじんさい)と呼んでいます」とのことですね。

また、「かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村」とも

「勝山左義長まつり | JA共済 ちいきのために 47都道府県の祭り・伝統芸能」
https://social.ja-kyosai.or.jp/prefecture/festival/fukui/
は有名ですよ
2022-01-16 20:45
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]




非公開コメント

トラックバック