(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

12/27朝.野々市の雪

大荒れ、大雪と報じられた21/12/26からの天候。
石川県内でもそれなりに積もった地域はあったようだ。
当地野々市市は、昨日12/26朝には10cm程度積もっていた。1月・2月であれば数度はある様な積雪であるが、12月にしては積もったということになる。夜間は1週間ほど前からゼロ℃になる日が続いていたが、この2日間は-2℃ほどになっている。
昨夜の降雪は無く、本日は12/26雪掻きの残骸が凍っていた程度であった。当然、雪かきは不要。当たらない天気予報によれば明日12/28までは見えない未来だ。
週末には年越し寒波が襲来し、そのまま10日は降雪の日々が続くとやら。
20211227134811

ライブカメラ 北陸朝日放送(金沢市)本社前 HAB LIVE camera

北陸朝日放送公式ページ  (本社:石川県金沢市松島1丁目32番2号、map)

「M字ハゲおやじの野望 ~season2~ 日本海寒帯気団収束帯」を拝読した。
南国高知の四万十市も雪が積もったとのことだから、北陸で10cmほど積もったところで不思議ではない。この記事で、最近マスコミが使う「JPCZ(Japan sea Polar air mass Convergence Zone:日本海寒帯気団収束帯)」の状況が判るサイトが掲載されていたのでメモ。
シベリアからの寒気の気流がが2,700mを超える朝鮮半島北部の白頭山で強制的に2分され、再び合流するときの強風が北陸や日本海側に吹き付けることは以前から聞いていたが、JPCZなんて綴りになると何やら目新しく見える。
関連記事
[Tag] * 防災 * 定点
最終更新日時 :

コメント

靴底

報道されている様な大雪でなく良かったですね。
その昔、千葉でも夕方から大雪が降り、たまたま都内に仕事で電車で出掛けていました。駅からの帰り、バスは止まってしまい、歩いて帰りましたが、何度転んだことやら。
こちらの靴底は皮のツルツル、何時ぞや北海道で冬に見た靴底はギザギザ、雪国との違いを肌で感じました。
滑って転んで大分県とならないよう、お気を付け下さい。
申し訳ございませんが、こちらは快晴が続いています。
2021-12-27 16:05
愚呑 https://gudonan.bex.jp/URL
[ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 愚呑 様へ

ありがとうございます。
昨日、そちらのコメントで御心配いただきましたので近況報告です。
でも、16時過ぎ頃からまたチラホラと始まりました。
>こちらは快晴が続いています。
そうですよね~
江の島が懐かしいです。
2021-12-27 16:36
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]




トラックバック