(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

薬が無い.茂

報道によれば、全国各地でかつてない規模の医薬品の供給不足が続いているとの事。
薬局や医療機関への入荷が滞っている薬は、少なくとも3000品目以上(医薬品全体の約2割)との事。先日薬を貰ったばかりだが、薬不足の雰囲気は感じられなかったが..
きっかけは、2020年12月に発覚した福井県のジェネリック=後発医薬品メーカー「小林化工」の不祥事。水虫などの治療薬に睡眠導入剤の成分が混入し、全国各地の240人以上に健康被害が出たなどの不祥事が発覚し業務停止となっている。更にはジェネリック大手3社の1つ「日医工」(富山)をはじめ複数のメーカーで製造工程の問題が見つかり、相次いで業務停止命令が出されるなど。他のメーカーでは1~2割程度の上乗せが精いっぱい。現在、ジェネリック大手の「沢井製薬」と「東和薬品」の2社が2年後の2024年中生産能力を増強するという大規模な増産計画を発表している。
関連記事:03/03通院は電話にて

要するに2-3年は医薬品が不足するという事態が続くのだろうか。
この問題について、以下の「NHK医薬品不足取材班」の投稿フォームから情報をお寄せくださいとの事。(投稿フォーム)https://forms.nhk.or.jp/q/NE1002IE

それらの薬が使われている病気のうち、主なものは以下のとおりとのこと。
(※2022年1月20日時点で製薬会社のHPで確認)
▼アレルギー(ぜんそく、じんましん、アトピー、花粉症、鼻炎…)
▼高血圧、狭心症、不整脈
▼てんかん
▼気管支炎
▼肺炎
▼リウマチ
▼胃炎、胃潰瘍
▼骨粗しょう症
▼心不全、狭心症
▼脳卒中
▼ウイルス感染症…
このほかにも
▼解熱鎮痛剤
▼抗菌薬なども含まれています。
2022服用している薬」で確認したところ、高血圧症の治療「テラムロ配合錠AP「トーワ」」が東和薬品の物であったが、他は該当しない。大丈夫かな..
 💊
日本高血圧学会作成『高血圧治療ガイドライン(2019年版)』の「薬剤誘発性高血圧」の項にて、服用することで血圧を上昇させて高血圧を誘発し、降圧剤の効果を減弱する可能性が指摘されている8種の薬が挙げられている。具体的には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、甘草(カンゾウ)製剤、グルココルチコイド、シクロスポリン、エリスロポエチン、交感神経刺激薬、経口避妊薬、がん分子標的薬。
関連記事
[Tag] * 医療 *  * 社会 * 政治
最終更新日時 :

コメント





非公開コメント

トラックバック