(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

伊豆松崎町に行った事

松崎町からの富士山 - 写游暇人」を拝読し、上京して間もなくの旅を想い出した。
松崎町(まつざきちょう)は伊豆半島南西部の海岸沿いの静岡県賀茂郡にある町。
町内には史跡も多く、なまこ壁造りの建物を見受ける。松崎温泉等、温泉も多い。

上京した1968年の夏休みに、初めてのボーナス+有り金+親父の足し金を合わせて買ったサイクリング車で遠距離ツーリングの目的地に選んだのが松崎町であった。未だサイクリングという用語がアカデミックでない時代に、東北各地を実用自転車で走ることに楽しみを感じていた俺は、当時10万円ほどした高級なツーリング車を即金で求めた。
買ったばかりの頃は近くの三浦半島を走る事で満足していたが、毎週のように出かける内には飽きてきたのだろう。三浦半島の道路は未舗装であった時代である。
偶には違った景色を走ろうと思い立ち、目的地に選んだのが伊豆の下田であった。

しかし、熱海を過ぎると道路の殆どは未舗装であったと記憶する。それでも、体力だけしか無い若者はひたすら自転車をこぎ、横浜は金沢区の自宅から伊豆急下田駅まで半日ほどで着いた。それから速やかに宿探しをすれば良かったのだが、未だ陽が高い事に太っ腹になり、更に走ろうと思い立った。目的地は松崎温泉で入浴である。
しかし、下田-松崎町が難路であった。路線バスすら数少ない時代で、山超えの未舗装道路は充分に響いた感じであった。それでも何とか夕方には辿り着いたが、民宿案内所的なものが無い時代のことで、宿探しが大変であった。
翌日は、西伊豆周りの帰路を考えていたのだが、宿の亭主に聞けば自転車で走破できる道路ではないとのこと...松崎港からは沼津港清水港に定期航路があり、漁船で海路を利用している時代であった。

関連記事
[Tag] * 想い出
最終更新日時 :

コメント

吞兵衛あなさん、こんにちは!

思い出していただいて光栄でございます。この時期になると
西伊豆を舐めつくすように南へ下っています。定食屋、
温泉宿(民宿)を訪ね歩いて楽しい日々を過ごしています。
今は東伊豆が河津桜で混雑のようですが、富士山が見えない
のでいつも遠慮しています。
2022-03-05 16:44
写游暇人1987 https://syayuukajin1987.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]

呑兵衛あな

Re: 写游暇人1987 様へ

>西伊豆を舐めつくすように南へ下っています。

ということは、当然マイカーですね。
私も自転車旅の後は、専ら観光バスかマイカーでしたが、自動車が無ければ大変ですよね。
それはそうと、運転に御注意めされよ
2022-03-05 17:09
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]




非公開コメント

トラックバック