(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

糖尿病セルフ測定室ナビ

明日05/11は糖尿病の定期通院日である。
天敵状態で息の合わない医師は、研修が終わったので新しい医師になる予定である。
これで、インスリンを打つ奨めと指導入院は無くなるだろうと、内心ホッとしている。
まぁ、医師が変わって安心するよりは、当日病院で行う血液検査以前に血糖値が判っていればドキドキせずとも通院できると考えた。
ネット検索してみると、「ゆびさきセルフ測定室」なる薬局などで血糖値検査ができる仕掛けが有るとの事。「石川県 | ゆびさきセルフ測定室ナビ」によれば近くにも在る。

「ゆびさきセルフ測定室」って何? | ゆびさきセルフ測定室ナビ
自営業、主婦など定期健診を受けていない方に。「ゆびさきセルフ測定室」の血液測定は、生活習慣病の早期発見や重症化予防に役立ちます。
navi.yubisaki.org
 
早速受検しようと思ったが、ジックリ考えれば、その検査で判るのは生の血糖値である。一方、病院ではHbA1cを図るのだ。すなわち、現在値と、1カ月から2カ月間の平均血糖値の違いがあるのに、事前に現在値を検査しても致し方ないということだ。また、現在値で見れば、俺が真っ当であるはずが無い事は歴然としている。要するに無駄也。
という訳で、おとなしく定期で診察を受ける事にしよう。

それにしても全国的に見ても、COVID-19の感染者数は一進一退である。というよりも、大都会では減少傾向だが、地方ではむしろ増加傾向である。
石川県では3百人超えの毎日だが、検査人数の半数が陽性という結果だから始末が悪い。人口が6万人に届かない当地野々市市は毎日10~30人の感染が確認されている😷
関連記事
[Tag] * COVID-19 * 野々市市 * 社会
最終更新日時 :

コメント





非公開コメント

トラックバック