(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

【来訪拒否設定】を再び

22/06/16をもってWindows 10ではInternet Explorer 11 (IE11) のサポートが終了する事について、Microsoftでは早期無効化を推奨している。(IE11 の早期無効化を推奨)
これについて、【Internet Explorerを判定してアラートを表示し、モダンブラウザへ誘導する方法】なるものを知り、早速真似っ子する事にした。

俺はlivedoorブログを利用していた2017年6月3日より、サポート期限を過ぎたWindows OS(XP / Vista / 8)及びmacOSのパソコン利用者、並びに古いブラウザ利用者の閲覧を拒否してきた(古いWindowsは来庵拒否)。しかし、ブロック用ツールとして利用してきた「忍者ツール」の忍者バリアが終了したことで以降は閲覧拒否を行っていなかったが、この方法は望むやり方である。(来訪拒否の取止め:結論 / ネットアクセス識別メモ)

Internet Explorerを判定してアラートを表示し、モダンブラウザへ誘導する方法(PHP版 / JS版) | WEMO(最新21.01.29 )
一刻も早くInternet Explorer (以下 IE) の呪縛から解放されたい。 そこで、IEで訪れてきたユーザーに対してモダンブラウザへ誘導するアラートを実装してみました。 方法は簡単。ユーザーエージェントからIEを判定し、警告メッセージを表示するdiv要素を表示するだけです。
 
JSでIE判定し、アラートを表示する」にて設定した。

22/06/16追記

IEが消えた今日、動作が納得いかないので外した。

by セキュリティに無関心な事が嫌いな管理人
関連記事
[Tag] * HP作成 * 安全
最終更新日時 :

コメント





非公開コメント

トラックバック