(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

マスクの解禁議論に思う

COVID-19渦。
1年程前には「いつ解禁になる」という話題だったが、最近では「いつマスクを外せる」に後退してきた。ワクチン教のマスコミも諦めてきたのだろうか。

2019年暮れに始まり、2020年の春頃には品薄となった「マスクの効能」が話題であった。『貰わない為の防具』であるとか、『他人に飛沫を掛けないようにする身だしなみ』であるとか。結局は後者の効果が、世界的にも日本国政府も認知したマスクの効果であったと記憶する。マスクをしても、感染する事は以前より変わらぬ科学であった。
世界では「COVID-19ワクチンを3回うてば、マスクの解禁」とか、色々とあるようだが、日本政府としては何を基準にして、また根拠にしてマスクを解禁するのだろうか。
マスク解禁に限らず、殊更の基準も無い儘に、色々と騒がれていた戒めが解除される。

結局、この2年半ばかりの騒ぎは何だったのだろうか。
何回うっても効果があったと思えないワクチンとは何だったのだろうか。か。
これまで言われてきたCOVID-19の医学は空念仏であったのではないだろうか。
政府が抱える医学の専門家とやらと、街の現場で奮闘する医者とでは、発言が異なってきた。さらには、「3密」しか対策が無かった2年前に言われた「ワクチンができれば..」の念仏は空しい。何もしないでいても、自然に治まるのかも知れない。
「With コロナ」ではないが、結局は『それしか方法が無い』のではないだろうか。
現代科学では、何をしてもしなくても 感染する人は感染し助かる人は助かるし、助からない人は助からない
何かをしたところで、諸行無常なのかもしれない。「アーメン」


過去記事:コロナ政策は不成功 / 騙され続けの日本国民 /
関連記事
[Tag] * COVID-19 * 肺炎 * 政治 * 社会 * 
最終更新日時 :

コメント

同感です

何をしても助かる人もいれば、そうでない人もいる。まさに仰るとおりです。
2022-05-13 09:03
千川爺 https://takaga.blogspot.com/URL
[ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 千川爺 様へ

そうなんですよね~
「助かる見込みの無い」人ほど生きたがるのは、人間の性なのだしょうか。
私自身も含めて思いますが。若い頃は「いつでも死んでやる」的な考えがありましたが、歳とともに薄れてくるような気がしています
2022-05-13 09:49
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]




非公開コメント

トラックバック