(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

最近の失敗談

某所で、平和論的な話題に首を突っ込んでしまった。
ウクライナでの攻防戦があるためなのか、最近はよくある話題である。
しかし、所詮はネット世界での事。議論するには話が遠い。
他人様の考えを知るのは悪くなくとも、それだけのことである。
俺的には、この手の話題を語る事は避けてきたし、議論をする気は無い。
ましてやネットの世界での事で、ドコで見知らぬ誰かとぶつかるかもしれない。
本来会話を始めた相手以外の誰かが横槍を入れて、有らぬ方向に進む話題も多い。

yakuza_intelligence.png
この度は、思わず話題に加わってしまったが、大失敗であった。
言いたい事ができたら、これまでどおり自宅でつぶやくのが1番である。

ブログで語るのは当り障りのない内容が良い。
生死に関わる持論は顔を見ながら語ってですら、話題は通じるものではない。

https://barso.blog.fc2.com/blog-entry-595.html#comment12011
私の平和論は単純です。
基本的には「3人がいて、自分1人が死ねば2人が助かる」のであれば、自分が死ぬ道を選びます。
「2人のどちらかを助ける」のならば、相手を殺してでも自分が生き残る道を選びます。

したがって、テーマで言えば非戦派です。
現行憲法でも防戦はできます。
憲法改正してまで、攻められる戦争はぜったいにするべきではないと思います。
アメリカインディアンの某部族は、インディアンしかいない時代から攻められると逃げたそうですが、白人の騎兵隊の時代になっても逃げる事で生存ることができたそうです。
まあ、部族としての意地を張って滅亡するか、意地を捨ててでも生き残るかの選択なのでしょうね。
関連記事
[Tag] * CM控
最終更新日時 :

コメント





非公開コメント

トラックバック