(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

なるほど.レスポンシブ

今更ですが貴方のブログは「レスポンシブデザイン」ですか? | M字ハゲおやじの野望 ~season2~」を拝読した。

今更ですが貴方のブログは「レスポンシブデザイン」ですか?
皆様方のブログを拝見いたしますと、レスポンシブデザインのテンプレートをお使いの方が多いように思います。ボクも、時代の流れに取り残されたら大変だということで、2021年12月31日から「レスポンシブテンプレート」を導入しているころです。
 

執筆者のM字さんには恐縮だが、「レスポンシブデザイン」なんて物がそれほどにアカデミックだとは思えない。世の中の無料レンタルブログでは常時SSL接続(https化)ですら行われていないブログが多いのに、「レスポンシブデザイン」なんて知りもしないし、やってもいない人が多いと見る。gooブログやamebaブログでは強制的に(https化)をしているが、(https化)と「レスポンシブデザイン」を提供しているのは「はてなブログ」あたりであろう。成功報酬型広告(アフィリエイト)でもやっていて検索エンジン最適化(SEO)に御執心の人なら関心があるかも知れないが、フツーにブログを書こうなんて人にとっては..なんて~事ばかり言うと出入り禁止になりそうだから、この辺で。

このブログはレスポンシブデザインのテンプレートを利用している。これは、パソコン用として気に入ったテンプレートがレスポンシブデザインであっただけであり、テンプレート提供者が先進的な感覚であったということだ。取り立ててレスポンシブデザインを選んだわけではない。しかし、これからFC2ブログでという場合はレスポンシブデザインなのであろう。共有テンプレートでは、aki [sorauta1]提供、vanillaice (Akira) [vanillaice000] 提供が御勧め。

Am I Responsive?」というサイトでレスポンシブデザインのブログがどのように表示されるかを確認できるとの紹介があり、このブログを試してみた。
無無無庵2のレスポンシブデザインでの見え方

Am I Responsive?」は、レスポンシブデザインでなくとも、ブログでなくとも機能し、以下のサイズで表示されるらしい。自分のサイトの見栄えを知るのも一興である。
デスクトップ 1600x992pxを scale(0.3181) に縮小
ラップトップ 1280x802pxを scale(0.277)に縮小
タブレット  768x1024pxを scale(0.219)に縮小
モバイル   320x480pxを scale(0.219)に縮小
とは言うものの、すべてのサイトで適用できるとは限らないようだ。ブログでは、goo・はてな・楽天では適用できなかった。

テンプレート等をユーザが勝手できるFC2ブログでは「レスポンシブデザイン」を推奨しているかのようにも見える。しかし、それ以外にも「ケータイ用」「スマートフォン用」も利用できる。要するにFC2ブログはユーザファーストなのだろう。半面、livedoorブログではパソコン用のテンプレートは或る程度ユーザが弄れるがスマホ用では御法度である。そして「レスポンシブデザイン」は登用していない。しかし、SEO的にはFC2ブログよりもGoogleに探知されやすいというのが俺の経験である。
これは、livedoorでは「Google Analyticsの設定」(UA-xxxxxxx-x)で、ユーザ以外にlivedoor自身の(UA-xxxxxxx-x)を書いているといった仕掛けなどからも企業の頑張り度が伺える。

関連記事:テンプレートの俳諧.考
関連記事
[Tag] * HP作成
最終更新日時 :

コメント





非公開コメント

トラックバック