(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

COVID-19渦の同調圧力

マスク外せない日本の「同調圧力」 信頼失った政府のコロナ対策<参院選・くらしの現在地④>:東京新聞 TOKYO Web」という記事を見た。
太平洋戦争の頃、千人針・出征兵士の見送り・軍人遺族の慰問などの諸活動をおこなったとの国防婦人会は、愛国の名の元に自分達の考える国民としての義務や本分を強制したと聞く。現在の日本でも、これに変わらない強制が行われていると見る。

最近では、COVID-19騒動を取り上げれば顕著であろう。
マスクを嵌める・ワクチンをうつ、を見ても、政府はそれをあからさま強制することはしない。これは、インフルエンザワクチン接種に関する歴史からする姿勢であろう。
日本において1962年にインフルエンザワクチンの集団予防接種が開始され、1964年にはその副反応の被害訴訟がはじまり80年代、90年代まで続いた。1994年には学校での集団予防接種は廃止された。
マスコミも政府の姿勢に従っている。すなわち、強制ではなく、個々人が自己の意志によって、マスクを嵌めて・ワクチンをうっているのである。しかし、その裏では国防婦人会の様な真綿で首を絞めてでもジワジワとその気にさせようとしている。
しかし、「一億総平等」が大好きな日本人はそれを快感としているようだ。
そんな景色を呼ぶ言葉が有る事を知った。「同調圧力」である。

同調圧力とは?日本人が群れたがる理由と同調圧力に負けない方法を解説!|みんなでつくる!暮らしのマネーメディア みんなのマネ活
同調圧力とは、少数意見を持つ人が多数意見に合わせるよう暗黙のうちに強制するものです。会議で自分の意見が言えない、残業を断れないといった悩みの原因にもなる同調圧力。日本特有の空気を読む文化や村社会といった同調圧力を生む状況を整理し、同調圧力に負けないための考え方などを解説します。
 
同調圧力 - Wikipedia」によれば、英語でもある。
同調圧力(どうちょうあつりょく 英: Peer pressure、ピア・プレッシャー)とは、地域共同体や職場などある特定のピアグループにおいて意思決定、合意形成を行う際に、少数意見を有する者に対して、暗黙のうちに多数意見に合わせるように誘導することを指す。
👽
身近なテレビ番組から例示すれば「情報ライブ ミヤネ屋」のMCは、マスクとCOVID-19ワクチンの回し者的な存在と見る。あの番組をはじめとしたテレビ界の見えない同調圧力に従った人は多いだろう。
同調圧力でマスクをしワクチンをうった日本国民は、今また同調圧力によって意味も知らされない儘にマスクを外すのだろう。「あのワクチンは、実は水」と言えば暴動か。
COVID-19絡みでなくとも「「同調圧力」の記事一覧 | PRESIDENT Online」でネット記事が作れるほどである。大阪のオバちゃんではないが、皆がやっている事なのだ。強制されるのを嫌う日本人は多いが、自分で選んだと思うように仕向ける事で殆どの者は自己解決し、納得している。そうして或る日、戦争の渦中にいる事に気が付く。
当面の新たな標的は「節電」らしい。「熱中症にならない程度に適切にクーラーを掛けて節電に協力」ってか。スカートを踏みながら行け行けと言う姿勢ということだ。それに、クーラーの無い家庭はどうすればよいのかねぇ~。(どこかの行政では「電気代込みの2千円ほどの月賦でクーラーを設置してくれ、5年後には自分の物になる」という制度を行っているそうだ..良いね。)
(テレビ番組では「節電のため照明を落として」を力説するが、スタジオを映さず出演者をゼロにすれば照明など不要である。現地の写真は必要であったとしても、スタジオ景色は不要也。映さなくて結構。ニュースを読むアナウンサは映る必要ゼロ。AIアナウンサでも済む。)

日本人を従わせるには「ロックダウン」より「自粛のお願い」のほうが効果的であるワケ 「柔」と「剛」の二段構えで支配する | PRESIDENT Online(21/06/22)
新型コロナウイルス感染対策をめぐっては、政府も自治体も強力な規制をかけず、外出自粛や休業要請など「お願い」ベースの対応を続けてきた。なぜそれが大きな効果を発揮してきたのか。同志社大学の太田肇教授は「欧米に比べて一見弱腰なようだが、実はより強力な体制なのだ」と指摘する。
 
関連記事
[Tag] * 政治 * 社会 * マスコミ * NHK * COVID-19
最終更新日時 :

コメント

少数意見

どうした理由か知りませんが、私は小さい頃から少数派のようです。講談本ネタの侠客の中でも清水次郎長より獄門になった国定忠治が好きだったりする困り者です。日本では国を挙げて極悪人としているロシアのプーチン大統領が好きだと言えばもっと困り者でしょうね。
古来、戦争には因って来たる理由があるはずです。日本ではその理由を詳しく検証しないのが気に入りません。
2022-06-30 14:36
千川爺 https://takaga.blogspot.com/URL
[ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 千川爺 様へ

日本人だけではないのかも知れませんが。
私は、日本人とは走りだしたら止まる事を知らない暴走車に見えます。
その意味で、今回の選挙などは、走ろうとする自民党を勇める役どころが必要なのですが..いませんね。
PS.私も判官びいきの一般的な日本人のつもりなのですが、「判官びいき」という意味合いの取り方すら、一般的ではないようです
2022-06-30 15:38
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]




非公開コメント

トラックバック