(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

石川県民の地元愛

全国の報道では、『トキ』 と言えば新潟県の佐渡島で育っている鳥との認識である。
しかし、石川県では『トキ』が報道される都度に、『石川県で生まれた』とか『石川県で育った』とかの前置きが付く。
『トキ』に限らず、『来年には石川県金沢市に来る北陸新幹線』といった前置きが付く。
『北陸新幹線』と表現するだけで、巷では理解できると思うのだが。『石川県』の前置きが付きまとう。 
その前置きが他県向け・全国的な報道に用いられるのなら まだも判るのだが、石川県の者しか見ない地方版テレビで どんなに『石川県』を力説・連呼してもしょうがないと思うのだが...

プロサッカー選手の本田圭佑氏は、大阪府摂津市が出身地であるにも関わらず、石川県の星稜高校にスポーツ留学していたとのことで、石川県の出身者と同じ待遇でオラが国サの英雄として取り上げ方で報道される。
「袖触れ合うも多少の縁」 とは言うが、石川県に些細なつながりでもある者・事柄は、何でも『石川県』の前置き付きで報道の対象にしてしまう。

元プロ野球選手の松井秀喜氏は石川県能美市出身、元大相撲力士の輪島大士氏は石川県七尾市出身ということで大威張りで全国放送されていたが、両氏ともに引退した今では、石川県穴水町出身で現役大相撲力士の遠藤聖大氏だけが全国区の著名人だろうか。

地元が大好きの石川県民。 遠藤関が頑張っているから よかったね。

関連各記事
生ぬるい津波行政
加賀料理とは?!
地元の鉄道を利用しよう
笑ってしまう金沢語録
お・も・て・な・し ..(?)
「お気軽」に
危機感の欠落した石川県人
じわもん
関連記事
[Tag] * 石川県
最終更新日時 :

コメント





トラックバック