(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

シラウオの生食に注意


皮膚の下に入り込む寄生虫でかゆみや腫れの症状 青森で増える | NHK(22/11/30)
青森県で、皮膚の下に寄生虫が入り込み、かゆみや腫れなどを引き起こす「顎口虫(がっこうちゅう)」による症状を訴える人が確認されました。多くはシラウオを生のままで食べていたということで、青森県は、淡水魚を食べる際は加熱するよう注意を呼びかけています。
 
WikiPedia:顎口虫症
顎口虫症(がくこうちゅうしょう、英:Gnathostomiasis)はヒトが顎口虫の幼虫が寄生したライギョソウギョ・シラウオなどの中間宿主を生食することにより感染する疾病。顎口虫は本来終宿主であるイヌやネコ、ブタなどの哺乳動物の胃壁などで成虫となるが、人の体内においては成虫になることができず、幼虫のまま皮下を移動し続け移動性の浮腫などの症状を引き起こす。幼虫は長期間にわたり生存し続け、臓器、脊椎、脳、眼球に侵入することもある。脳や眼球に到達した場合、脳障害や失明といった重大な症状を引き起こすことがある。
関連記事
[Tag] * メモ
最終更新日時 :

コメント





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック