(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

コロナ急性期に漢方薬


コロナ急性期にあの漢方薬が有効 東北大医のチームが突き止める | 河北新報オンライン(22/12/02)
新型コロナウイルス感染者の発熱緩和や重症化の抑制に漢方薬が有効であるとの研究結果を、東北大大学院医学系研究科の高山真特命教授(総合診療)らの研究チームが発表した。
 
葛根湯(かっこんとう)小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)の併用は、抗ウイルス作用と抗炎症効果があり、軽症から中等症の患者では、呼吸不全を抑える可能性が示されたという。

なるほど朗報とも思うが、「小柴胡湯加桔梗石膏」の副作用が怖い。
既に間質性肺炎の俺(間質性肺炎になった)としては、飲むなら葛根湯だけにしよう。
それにしても、上記の記事では「葛根湯と小柴胡湯加桔梗石膏の併用」との記述だが、副作用の事を知った上での執筆なのだろうか..大きな疑問である。

副作用

関連記事
[Tag] * 社会 * 肺炎 * 医療 * 
最終更新日時 :

コメント





トラックバック