無無無庵2

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

「家のリフォーム」考

大改造!!劇的ビフォーアフターというテレビ番組を楽しく見ている。 大改造!!劇的ビフォーアフター公式サイト

番組中で 『 匠 』 と呼ぶ建築士(大工?) が行うリフォームは、巷の同業者が行うそれに比べれば 「痒いところに手が届く」 ような細かな事まで気配りしてくれ、自分自身がリフォームする場合には参考になると思えることが多い。

中には、あれだけの費用を掛けるのであれば、新築した方が良かろうと思うようなリフォームをする人もいる。
(おいらには理解できないが) 先祖の土地、その土地に建てられた家屋を維持したいと考える人もいるのだろう。
しかし、太い木材を使ったガッシリとした古くからの建築物であればイザ知らず、昭和以降それも終戦後に建てられた家屋をリフォームしたところで、所詮はその場しのぎでは(?) と考えるのだが...他人が思う、「大きなお世話」か。

匠の中には、不要と思える改造(匠自身の趣味) を行っているように見える者もいる。
あのリフォームが適正価格なのか(?) 、伺い知れない。 おいらは、リフォームが必要になったら新築する。
関連記事

最終更新日 : 2021-01-01

この記事にコメントする







管理者にだけ表示を許可