(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

南の島にシェルターが

台湾海峡の有事とやらに備えると称して、岸田政権は前のめりになって、南の島に防衛と称して何やら行っている。辺野古の埋め立てに無駄な金を掛けておきながら好い気なものだ。軍備を配備するため..ということなのだろうが、現地住民のオネダリは聞き遂げる(というポーズ)は精一杯らしい。
ということで、宮古島に「住民避難用のシェルター」を整備するとの考えを示したそうだ。このシェルター、「住民避難用」と称し、「シェルター」でない事がミソなのだろう。「核シェルター」となれば本州というか、東京にすら無いのだから、議論の標的になる。まあ、「住民避難用」と言ったところで、どうせ自衛隊の基地内に設置され、すわ必要な場面となれば太平洋戦争の時と同様に、島民より先に逃げ込んだ兵隊で満室となるのであろう。

宮古島に住民避難用のシェルター整備へ、台湾有事念頭に政府方針…与那国島や石垣島にも : 読売新聞(23/07/23)
政府は台湾有事を念頭に、沖縄県の宮古島(宮古島市)に住民が避難するシェルターを整備する方針を固めた。来年度予算に関連費用を盛り込む方向だ。シェルターの性能に関する指針を年内に策定するため、夏にも有識者から意見聴取を始める。
 
台湾有事となれば先島諸島や沖縄方面にシェルターが必要となるのであろうが、むしろ北朝鮮の核ミサイル発射に備えて全国的にシェルター設置を検討するべではなかろうか。現在日本が唱えている防衛システムとやらの念仏で、北朝鮮の核ミサイルが沈黙するとは思えない。やはり、台湾並みに「核シェルター」が必要であろう。

台湾で見たシェルターのある日常 中国との有事に備え設置義務 避難訓練再開の動きも:朝日新聞GLOBE+(23.07.20)
大国・中国との軍事衝突に備え、台湾では多くの建物にシェルター(防空壕)の設置が義務づけられてきました。今年3月には、シェルターの場所を示す標識がより目を引くようなデザインに。学校現場でも避難訓練が行われています。そんな台湾の「シェルターのある日常」を紹介します。
 
敗戦して以来の日本政府のやり方を見ていると、安全保障とは名ばかりである。
矢でも鉄砲でも金を掛けては揃え、国民には自慢しているが、本当に役立つのか。
少なくとも、核ミサイルからは守ってくれるというアメリカの助けは間に合うまい。
蒙古襲来ではあるまいし、水際作戦で並べた戦車の上空をミサイルが飛んでいく。飛行機の航続距離の制限から、飛び石伝いに離島を攻略しなければならなかった太平洋戦争とは戦術が違う時代だとといのに、未だに戦争ごっこを楽しむ姿勢が理解できない。
「住民避難用のシェルター」は、設けたところで役には立たないだろう。
#岸田政権交代 #衆議院解散 #内閣総辞職
過去記事:日本.戦争できる国なのか / 北朝鮮の発射実験報道.考 / 緊急時避難施設.学  / ミサイルは飛ぶだろうか? /


「沖縄人はスパイだ」日本兵にガマを追い出され餓死寸前で捕虜に 「シェルターは防空壕。名前を変えているだけ」 | 沖縄タイムス+プラス
[今、語り継ぐ 戦後78年](2) 「沖縄人はスパイだ。米軍の捕虜に出て行く時は後ろから手りゅう弾で撃ち殺してやるから覚えておれ」。1945年6月、11歳だった大城勇一さん(89)=宜野湾市=は、南部のガマで日本軍の兵士に脅されながら米軍に投降した。
 

沖縄のおばあが語る沖縄戦・最後の証言「日本兵は住民を守ってくれませんでした」 - 社会 - ニュース
戦後70年の沖縄の夏、名護市辺野古の米軍基地建設現場には不自由な体を押して座り込む「おじい」「おばあ」の姿があったーー。 なぜ、彼らはそこまでして抗議を続けるのか。その中にいる多くの戦争体験者が抱く...
 
関連記事
[Tag] * 社会 * 政治 * 防災
最終更新日時 :

コメント

場当たり日本

本当に泥縄と言うか、場当たりな我が国の安全保障戦略ですね。
何故そんなに戦争しったいのかが分かりません。
2023-07-28 17:16
千川爺 https://takaga.blogspot.com/URL
[ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 千川爺 様へ

墜落した自衛隊のヘリコプターすら探せないようなサンゴ礁の地帯で、どのようなシェルターを作るつもりなりか..興味深いです。
もっとも、官房長官の発言が実現するか否かは謎ですがすね.笑
2023-07-28 19:10
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]




トラックバック