(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

戸籍の行政手続き簡素化

死亡に伴う行政窓口のタライ回し事務は簡素化されるのだろうか。

戸籍の行政手続き簡素化の改正法 来年3月から施行 | NHK(23/11/24)
マイナンバーを利用し、戸籍に関する行政手続きを簡素化する改正戸籍法が2024年3月に施行されることになり、年金や児童扶養手当の申請や婚姻の届け出で戸籍証明書の提出が不要になります。改正戸籍法では戸籍の副本データを管理する法務省のシステムとマイナンバーを連動させた新たなシステムを導入するなどして、行政側が全国の戸籍情報を確認できるようになり、24日の閣議で2024年3月1日から施行されることが決まりました。
 
  • 年金や児童扶養手当といった社会保障手続きの申請や、婚姻の届け出で戸籍証明書類の提出が不要になる。
  • 相続手続きなどで戸籍謄本が必要な場合、これまでは本籍地のある市区町村に申請する必要があったが、マイナンバーカードや運転免許証などで本人確認することで、居住地など全国どこの自治体からでも取得できるようになる。
既にこれまでの戸籍謄本を集めた俺の努力は無駄だったのだろうか🤣
関連記事:引越し手続まとめて実行
関連記事
[Tag] * 政治 * 社会
最終更新日時 :

コメント





トラックバック