(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

ビールのコップに思う

その昔、秋田で暮らしていた高校生時代までは、ビールのコップはアレしか無かった。
そう、ビールと言えばビンに入れて売られていた時代に付録されていたコップである。
イラスト
親父は当時、自宅で酒を飲む習慣が無かったから我が家は酒屋との付き合いは薄かった。それでも、たまの来客用とか正月用に酒を届けさせることがあり、酒屋もこの時とばかりに「ビールのコップ」を配っていった。親族でも似たような家庭環境だったらしく、ジュースであろうと構わずに、飲み物は「ビールのコップ」を使っていた。そんなことから、物心つくまでは、飲み物と言えば「ビールのコップ」を使う物だと思って育った。そんな俺が色気づいた頃に他所の家庭で出された飲み物の入れ物として「ビールのコップ」以外を見た時は何だこりゃである。

上京してからは、飲み屋とか、他家で出されるビールなんぞが「酒屋付録のビールのコップ」で出されることは少なかった。粗雑者の俺としては、あんな小洒落た小さなコップに注がれるビールはひと口で飲み干すので好みではなかった。
間もなく、屋上のビヤホールが流行り、使われるビヤジョッキは大好きになった。その頃から、屋上以外のビヤホールにも出入りする機会が増え、「ビールのコップ」にも酒屋付録の物以外に満ち溢れている事を知った次第である。

ビールのCMでは色々な形のコップが使われている。見た目としては北欧の物が洒落ているようだ。しかし、その道の通に言わせれば、見た目よりも「泡の出方」「冷めたく飲める時間」とかが違うのだとか、当然、味も番うのだろう。
退職が近づくかなり以前から、家飲みにしろ外飲みにしろ、ビールは殆ど飲まなくなった。最近では専ら缶入り第三のビールである。女将が趣味で集めたビール・ウイスキー・日本酒の器が食器棚の中で出番を失ってしまった。同じく出番を失った色々な食器の類たち。それらは。我々夫婦の亡き後にはどうするのだろうか。

アサヒスーパードライ|生ジョッキ缶・生ジョッキ缶大生|アサヒビール
生ジョッキ缶・生ジョッキ缶大生。ここではリニューアルした生ジョッキ缶と大ジョッキ缶大生をおいしく楽しく飲むためのコンテンツをご紹介します。
 

関連記事
[Tag] * 想い出
最終更新日時 :

コメント

FC2拍手タグの件

こんにちは ^^
記事に関わらないコメントで相済みません m(_ _)m

先日の「FC2拍手タグ」の件なんですが、alt抜け以外にも、あと2つの不具合があることが分かりましたので、それらも含めた修正タグを掲示しましたので、良かったら差し替えしてください。
尚、CSSも必要になりますので、そちらも忘れずに設定してください 😄
-------------
FC2拍手タグのalt抜けエラーを修正したスクリプトの提供
https://oops0011.blog.fc2.com/blog-entry-836.html
-------------
2024-01-29 11:30
ぼっちん https://oops0011.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]

呑兵衛あな

Re: ぼっちん 様へ

お知らせいただきまして、ありがとうございます。
しかし、第1版でヨシとします。
将来FC2拍手から改良版の提供はグレーですが、提供された場合に備えて大きな改造は控えたいと思います。
ですから、CSSを改造してまで修正はしないことにしました。
悪しからず
2024-01-29 14:01
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]

ニッポンビール

うちのお店(大衆食堂)の壁面には鏡張りで、その鏡には麗々しく『ニッポンビール』の赤文字があり、サッポロビールに名称変更してもそのままで、たまに客に『ニッポンビールって懐かしいなぁ』等と言われました。
当然グラスもサッポロビールの赤文字入り、物心ついたときにはグラスと鏡にギャップがあったということです。
当然我が家でもコップといえばサッポロ、ニッポンビールの文字入りコップはプレミアものでは?
2024-01-29 21:56
蟷螂 URL
[ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 蟷螂 様へ

サッポロビールの前身は『ニッポンビール』だったんですか。
知りませんでした。
サッポロビールは一時は一世を風靡したと覚えます。
私も以前はサッポロビールが多かったのですが、エビスとキリンに鞍替えしましたっけ。
今ではアサヒの天下なのでは..当時は名前薄かったのですが。
2024-01-30 08:12
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]




トラックバック