(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

味噌汁の話

我が家では味噌汁の具材は1種類である。
「ダイコンの味噌汁」と言えばダイコンが、「ホウレンソウの味噌汁」と言えばホウレンソウが入るだけで、味出しを兼ねて油揚げや豆腐とかを入れる程度である。

仕事人時代に友人宅で食事を馳走されたことがある。
その時の味噌汁は印象的だった。ケンチン汁では..と思う程に具沢山なのだ。
奥方は俺と同じ秋田出身であるため尋ねたところ、「山梨出身の夫と所帯をもって以来」の事なのだそうだ。

それから十数年が経ってから、出張との名目で全国をうろついた。宿や食堂の味噌汁でも色々とあるようだ。山梨や長野では大概は具沢山であった。おかずが無くとも、味噌汁だけで御飯が食べられるほどである。とある旅館で尋ねたところ、木賃宿の昔には 味噌汁 + 漬物であったそうだ。また、おかずを減らすことで、米の食べる量を減らす工夫であったとも。
反面、具材なんぞは探さなければ無いような汁も有る。曰く「吸い物」なのだろうか。あれはあれで悪くは無いが、俺の好みとしては少し寂しい。
好みを問われると考えてしまう。しかし、上京して間もない頃は、新宿駅そばのションベン横丁にあった 鯨勝 + ダイコンの味噌汁を出す食堂が好きだった。思うには、味噌の味が合ってたのだろう。行けば、ドンブリで鱈腹が常であった。

どんな中身でも味噌汁的な..所謂「椀」は和食の優れたメニューであろう。西洋料理で言えば、スープとかワインが代わる物なのだろうか..と思いつつ、一献の味噌汁。どんなに名の売れた料理人が作っても、味噌汁はオフクロの味になるのではないかな、皆の衆。
味噌汁
関連記事
最終更新日時 :

コメント

長野出身です

興味深く拝読しました。
ご指摘の通りで、長野では味噌汁がおかずの主役でした。
母たちはみそ汁の具を如何に増やすか頭を悩ませたことでしょう。
父は伯父が田舎から持参した鯉を料理して、或いは泥鰌丸ごとを味噌汁にしたりしてました。
現在でも長野ではサバ缶を味噌汁に入れるのが流行のようです。
私は今や人参・牛蒡を毎朝椀で食っていますが、子供の頃は大嫌いでした。
不思議なものです。
2024-03-28 10:17
千川爺 https://takaga.blogspot.com/URL
[ 返信 ]

呑兵衛あな

Re: 千川爺 様へ

鯉なら美味いでしょうが、鰌の味噌汁は想像がつきません。
鯉と言えば..20歳を過ぎて間もなく、肝臓の生検をるために入院した際、同室のおじさん達5人は長野の人達ばかりでした。
聞けば「鯉の刺身」が原因とのこと。
あと。当地を終の棲家と決める際。12月の佐久市にもいったのですが..「鯉こく」を頼んだのですが、テーブルに出されて5分程度で冷えてしまいました。聞けば、その夜はマイナス9度との事..あれで佐久市に永住することは見送りにしました
2024-03-28 11:18
呑兵衛あな https://nono634.blog.fc2.com/URL
[ 返信 * 編集 ]




トラックバック