(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

02/24今朝の寒気は

02/24朝、未体験の寒気(さむけ)。
  1. 04:30、目が覚めたのでいつものとおり、糖尿病の内服薬を飲む。体温は36.5℃。血圧・脈拍は正常範囲内。
  2. 05:00、その後テレビを視ていたら、足元に寒さを覚える。
  3. 05:30、寒さは全身に及び、震えを感じる。体温38.0℃、脈拍130。
    震えのため呼吸がしにくい感じがある。救急車が頭を過る。
  4. 05:45、原因となりそうな事を思い出す。COVID-19。インフルエンザ。気の病..体温は38.2℃。
    糖尿病(リベルサス錠)の内服薬を誤って2回飲んだのかもしれないとも思う..尤も、定量を飲んでも有り得る..という事で、低血糖を疑い、予て用意のぶどう糖を1錠(3g)飲んだ。心臓からの出来事ならばとニトログリセリンを舐めることも考えたが、当面は低血糖に対応するだけに留めた。
  5. 06:30、ぶどう糖が効いたのか、寒気と震えは治まった。自分の感覚としては完全復活したように思うが、体温37.5℃、脈拍120。これにて当分は様子を見る。ぶどう糖の賞味期限は1年との事、期限切れだね。
  6. 09:45、朝食後、通常通りに薬を服用した。
  7. 13:00、昼食か済んだ、大丈夫そうだ。
  8. 02/26、今頃になって思えば。花粉症・寒暖差アレルギーも原因としては..でも、今までもそうだったけど、あんな寒気は初体験。
関連記事
[Tag] * 健康管理
最終更新日時 :

コメント





トラックバック