(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

IRいしかわ鉄道.野々市駅

24/03/16、北陸新幹線金沢駅から福井県敦賀市敦賀駅までの間が延伸開業した。
運営主体は高崎駅 - 上越妙高駅間が東日本旅客鉄道(JR東日本)、上越妙高駅 - 敦賀駅間が西日本旅客鉄道(JR西日本)である。
これに伴って、それまではJR西日本が運営していた北陸本線の区間が並行在来線として経営分離され、第三セクターの IRいしかわ鉄道が運営する。倶利伽羅駅-金沢駅間は既に分離・運営されているが、この度、石川県内の金沢駅-大聖寺駅間も運営主体が変った。よって、当市に1駅のJR西日本の冠が無くなった。

JR西日本時代の野々市駅は通勤・通学時間を除けば 1時間に5~6本の電車が走っていたのだろうか?。しかし、停車する普通電車はその内 2本程度であった。第三セクターに移ったことで電車の本数が変ったのかしらんと思い時刻表(野々市駅 | IRいしかわ鉄道株式会社)を調べてたが、1時間に2本手度..まっ、こんなもんか🤖
ちなみに、山中温泉に行く場面として「野々市駅-加賀温泉駅」は IRいしかわ鉄道線内(並行在来線)で行ける。なお、大聖寺駅にて第三セクター方式のハピラインふくい線に接続され、敦賀駅まで営業されてる。よって、福井駅には在来線で行くべし。

野々市駅」の呼称は、石川県野々市市本町1丁目にある北陸鉄道石川線の駅と、石川県野々市市二日市町にある IRいしかわ鉄道の駅の、2つがある。そして、2駅は離れた場所にある。JR ⇒ IR と言い、初歩的な詐欺まがいの手口かいな🤡
関連記事
[Tag] * 野々市市 * 石川県 * 社会
最終更新日時 :

コメント





トラックバック