(むさんあん)、思考が無く.躰が無く.心が無く

トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ.退職爺のボケ封じ

裁判官 山口良忠氏に思う

知る人ぞ知る話である。
1913(T02)年生まれで1946(S21)年に東京区裁判所の判事となった、日本の裁判官山口良忠氏は、食糧管理法違反で起訴された被告人を担当した。
闇米(やみごめ)を食べなければ生きていけないのに それを取り締まる自分が闇米を食べていてはいけないのではないかという思いにより、1946(S21)年10月初め頃から闇米を拒否するようになる。配給の米は2人の子供に与え、自分は妻と共にほとんど汁だけの粥などをすすって生活し、1947(S22)年10月11日、栄養失調に伴う肺浸潤(初期の肺結核)のため33歳で死去した。
人が人たるには、言動に裏表があることは恥ずることである🙃
岸田文雄内閣総理大臣は、凶弾に倒れた前任者の安倍晋三氏を国葬で送った。
あの国葬は、安倍派を、自民党を葬るための前触れだったのだろうか。
いや、植民地と化していく日本国を憐れんだ国葬(国を葬る)なのかもしれない。
#岸田政権交代 #衆議院解散 #内閣総辞職
イラスト
関連記事
[Tag] * 社会 * 政治
最終更新日時 :

コメント





トラックバック